オパールムーンのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

オパールムーンのここまでの走り

20/8/1 2歳新馬

札幌 芝1500m 良

着順:1着(1.29.4・クビ差)

騎手:横山典弘(54キロ)

レース展開は、新馬戦にしては締まったペース。

オパールムーンは道中行きたがる素振りを見せながら中団あたりを追走。

4角は6番手で、直線は外に進路を取って追い上げて、ヴァーチャリティとの叩き合いを制してゴール。

走破時計はレコードに0.3秒迫る好時計。

ラストもしっかり伸びた。

20/11/7 ファンタジーS(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:2着(1.20.2・0.1差)

騎手:横山典弘(54キロ)

レース展開は序盤からハイラップを刻むハイペース。

オパールムーンはスタート出遅れて、行き脚も鈍く最後方からの競馬になる。

4角も最後方で、直線は馬場の外目から、上りメンバー最速33.5秒の脚で追い上げたが、勝ち馬のレコードタイムに0.1差届かず。

スタート五分なら際どい勝負。

出遅れが悔やまれるが確かな末脚。

【期待される能力】

  • 瞬発力

20/12/13 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:6着(1.33.6・0.5差)

騎手:横山典弘(54キロ)

スタート出遅れて後方から。

4角も後方16番手から追い上げを見せるが、0.5差の6着まで。

レースの上りが34.4秒、この馬の上りは33.8秒。

最後方近くからだとここが精一杯だろう。

2020年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧

21/3/14 フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m(内)良

着順:9着(1.21.3・0.6差)

騎手:横山典弘(54キロ)

出遅れて道中は最後方。

4角も最後方から直線に向き、上り最速34.5秒の脚で追い上げて来るが、半分交わすのが精一杯。

位置取りが後ろ過ぎ。

これではいくらなんでも届かない。

2021年 フィリーズレビュー(G2)のラップ分析&回顧


オパールムーンの脚質

終いを生かす競馬。

終いの脚はある程度確実だが、スタートが悪いので位置取りはいつも最後方近く。

上りが速くなるとどうしても届かない。


オパールムーンの血統背景

父は2010年の「皐月賞」、「有馬記念」を制したヴィクトワールピサ(サンデー系)。

母の父は1995年の「菊花賞」、「有馬記念」。1996年の「宝塚記念」。1997年の「天皇賞(春)」を制したマヤノトップガン(ロベルト系)。

オパールムーンの次走

次走は4月11日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「桜花賞(G1)」に登録がある(抽選対象馬)。

ある程度上りがかかってこないと、この馬の末脚は生かせない。

展開頼みだが、良馬場の阪神1600mでは期待薄。

回避したようす。

 

桜花賞(G1)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)