メイケイエールのキャリアはまだ5戦だけなので、近走のみを振り返る。

メイケイエールのここまでの走り

20/8/22 2歳新馬

小倉 芝1200m 良

着順:1着(1.09.4・-0.8差)

騎手:福永祐一(54キロ)

レース展開は、前半は新馬戦としてはそこそこのラップを刻んだ。

メイケイエールは道中は好位の4番手。

4角も4番手で楽な手応えで直線に向くと、あとは追うこともなく後続を突き放して余裕のゴール。

時計は平凡だが、軽い脚ならしのようなレース運び。

20/9/6 小倉2歳S(G3)

小倉 芝1200m 重

着順:1着(1.09.6・-0.2差)

騎手:武豊(54キロ)

スタートは後方からだが、かなり行きたがる素振りを見せてポジションを中団くらいまで押し上げる。

4角は4番手で大外を回して直線。

直線は先に抜け出していたモントライゼを追い込んで、ゴール前しっかり捉えてゴール。

折り合いを欠いてスムーズな運びではなかったが、それでもしっかり勝ち切った。

重馬場としてはタイムもそこそこ。

【期待される能力】

  • 道悪適正

20/11/7 ファンタジーS(G3)

阪神 芝1400m 良

着順:1着(1.20.1・-0.1差)

騎手:武豊(54キロ)

レース展開は序盤からハイラップを刻むハイペース。

メイケイエールはスタート直後、ジョッキーが手綱を抑えてはいるが、かなり引っかかった様子で道中は先団4番手あたりまで押し上げてくる。

4角は4番手の外で直線に向くと、残り200mで先頭に立ち、後方から追い込んで来たオパールムーンの追撃を半馬身凌いでゴール。

走破時計の1.20.1は阪神芝1400mの2歳レコード。

かなり引っかかってこの結果を残すのだから、能力の高さは折り紙付き。

ただ、当面は折り合いが最大の課題になりそう。

20/12/13 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:4着(1.33.3・0.2差)

騎手:武豊(54キロ)

スタートはアオって外にヨレ、かなりの距離ロスもあった模様。

そこから立て直して道中は中団の後ろあたり。

武豊ジョッキーがガッチリと手綱を抑えている姿が印象的。

4角は大外を回して直線に入り、馬場の外目から伸びて来たときには、突き抜けるかと思われたが、やはり道中かかっていた分、最後が甘くなった。

大外18番からのスタートで、終始外々を回った距離ロスもあった。

スムーズなら勝っていてもおかしくない気もするが、やはり折り合いが最大の課題。

2020年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧

21/3/6 チューリップ賞(G2)

阪神 芝1600m(外)稍重

着順:1着(1.33.8・同着)

騎手:武豊(54キロ)

道中は先団4番手あたりだが、道中のひっかかり具合は凄まじいものがあった。

結局、中間地点を待たずして、鞍上は抑えるのをやめて行かせることに。

3~4角で先頭を交わしてハナに立ち、4角先頭で直線に向くが、直線は最内からエリザベスタワーの追撃にあい、坂の途中で交わされるかと思ったが、そこから抜かせない凄まじい勝負根性。

あれだけ引っかかっていながら、ゴール前は耐えに耐えて1着同着をもぎ取った。

2021年 チューリップ賞(G2)のラップ分析&回顧


メイケイエールの脚質

現状では控える競馬は不可能だろう。

いっそ逃げたらどうなるのかも見たみたいが・・・。

折り合いさ付けばかなり強烈。



メイケイエールの血統背景

父は2014年の「NHKマイルC」、2016年の「マイルCS]を制したミッキーアイル(サンデー系ディープインパクト)。

母は白毛馬のシロインジャー

母の父はハービンジャー

近親には同世代の牝馬・ソダシ(阪神JF、アルテミスS、札幌2差S)。

メイケイエールの次走

次走は4月11日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「桜花賞(G1)」。

武豊騎手が怪我のため、鞍上が横山典弘騎手に乗り替わる。

人馬とも、一発を秘めた不気味な存在。

 

2021年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧