2022年3月20日【阪神大賞典】終了時点までのデータをもとに、トーセンカンビーナの好走パターンを分析。

トーセンカンビーナの距離適性

トーセンカンビーナはこれまでに芝1800m~芝3600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-1-2)
  • 芝2000m(0-2-0-1)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-2)
  • 芝2500m(0-0-0-2)
  • 芝2600m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-1-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)
  • 芝3400m(0-0-1-0)
  • 芝3600m(0-0-0-1)

中距離でも長距離でも好走歴がある。

どのあたりがベストなのかはまだよく分からないが、上り時計が比較的かかりやすい長めの距離の方が戦いやすいだろう。

トーセンカンビーナの脚質

後方からの鋭い末脚が持ち味の瞬発型

これまでほぼすべてのレースで出遅れているスタートの悪さがあるだけに、後方からの競馬しかない。

後方からなので、上り時計はかかった方が良いのだが、繰り出す末脚はかなり強烈で確実。

OPクラスだと、レースの上りが36秒台中盤くらいになってくるとチャンス到来か。

トーセンカンビーナのコース適正

トーセンカンビーナの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-1-0-1)
  • 東京(0-0-2-5)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-0-1)
  • 阪神(2-2-0-4)

後方からの競馬だけに、京都、阪神での好走は、そのほとんどが追い込みの効く外回りコース。

トーセンカンビーナの持ち時計(ベストタイム)

トーセンカンビーナの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.2 1着(-0.1差・阪神)
  • 芝2000m:2.01.1 2着(0.7差・札幌)
  • 芝2200m:2.13.8 4着(-0.1差・京都)
  • 芝2400m:2.27.0 5着(0.4差・阪神)
  • 芝2500m:2.33.1 7着(0.7差・東京)
  • 芝2600m:2.45.0 8着(0.7差・札幌)
  • 芝3000m:3.03.3 2着(0.3差・阪神)
  • 芝3200m:3.17.2 5着(0.7差・京都)
  • 芝3400m:3.30.6 3着(0.5差・東京)
  • 芝3600m:3.48.0 4着(0.4差・中山)

後ろからの競馬になるので、自分でレースを作ることはできないが、前が止まらない高速馬場での高速決着には向かないだろう。

トーセンカンビーナの重馬場適正

トーセンカンビーナの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-3)
  • 重(0-1-0-0)

末脚が削がれる道悪はマイナス要素だろう。


トーセンカンビーナの鉄砲実績(休み明け)

トーセンカンビーナの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-1-4)
  • 3戦目(1-1-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-3)
  • 5戦目~(未)

休み明けは問題ないが、使い減りするタイプ。

トーセンカンビーナと斤量

トーセンカンビーナの背負った斤量別での成績は;

  • 54キロ(2-2-0-1)
  • 55キロ(2-1-1-5)
  • 56キロ(0-1-1-3)
  • 57キロ(0-0-0-1)
  • 58キロ(0-0-0-2)

斤量が重くなるとパフォーマンスが落ちるというデータ。

トーセンカンビーナの枠順適正

トーセンカンビーナの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-3)
  • 5~9番(2-2-1-5)
  • 10~14番(0-1-0-3)
  • 15~18番(0-0-0-1)

スタートが遅いだけに、極端な外枠は致命傷になりかねない。

トーセンカンビーナの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-2-3)
  • 3~5月(春):(0-2-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-2-0-1)
  • 9~11月(秋):(3-0-0-5)

トーセンカンビーナの好走体重

3着以内の体重は;

  • 446~476キロ

トーセンカンビーナの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はホークウイング(ミスプロ系)。

ホークウイングは欧州で走り、芝のG1を3勝。主戦場は芝の短距離、マイル、中距離。

トーセンカンビーナの近走

19/12/8 オリオンS(3勝・ハンデ)

阪神 芝2400m(外)良 13頭

着順:5着(2.27.0・0.4差)

騎手:藤岡康太(54キロ)

大きく出遅れて最後方からの競馬。

4角もほぼ最後方で、直線は馬場の外目から追い込んで来るが5着まで。

スローの上り勝負でレースの上りが33.7秒。

この上りでは4角最後方からだと届かない。

自身の上りは33.3秒。

20/2/15 松籟S(3勝・ハンデ)

京都 芝2400m(外)良 12頭

着順:1着(2.28.3・0.1差)

騎手:藤岡康太(55キロ)

スタートで伸びあがるのはいつものこと。出遅れて最後方から。

しかし二の脚で追い上げて行って、道中は中団あたりにポジションを取る。

4角は8番手あたりで直線に向いて、直線はいつものように鋭い末脚。

レースの上りが35.4秒。

この上りなら何とか届いた。

20/3/22 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)16頭

着順:2着(3.03.3・0.3差)

騎手:藤岡康太(55キロ)

いつものように出遅れるが、キセキの出遅れに比べればまだましな方。

キセキが二の脚で上がって行ったので、道中のポジションは最後方。

3角を過ぎてムチを入れながら上がって行って4角では7番手。

直線も馬群を縫って伸びてくるが、先に抜け出していたユーキャンスマイルには届かず2着。

しかし、距離、ペースを問わず、どんな展開でも飛んで来る終いの確実性は大したもの。

2020年 阪神大賞典(G2)のラップ分析&回顧

20/5/3 天皇賞・春(G1)

京都 芝3200m(外)14頭

着順:5着(3.17.2・0.7差)

騎手:藤岡康太(58キロ)

スタート出遅れて後方から。

3角手前で進出を開始して、4角は8番手、大外を回して直線。

直線は追い上げてはいるが、5着が精一杯。

5レース続いた上り3Fメンバー最速も、ここではメンバー4位の35.3秒。

しかし、G1の強豪相手に掲示板なら上出来。

2020年 天皇賞・春(G1)のラップ分析&回顧

20/6/28 宝塚記念(G1)

阪神 芝2200m 稍重

着順:8着(2.16.4・2.9差)

騎手:浜中俊(58キロ)

スタート5分も、位置取りはいつものように後方から。

4角も15番手で直線に向き、直線は馬群の外目を追いあげてくるが8着まで。

まあ、今の力ならこんなものだろう。

2020年 宝塚記念(G1)のラップ分析&回顧

20/10/18 オクトーバーS(L)

東京 芝2000m 稍重

着順:12着(2.01.4・1.9差)

騎手:内田博幸(57キロ)

栗東の角居厩舎から美浦の加藤厩舎へ転厩してからの初戦。

大外16番ゲートから道中は中団の後ろ、11番手あたり。

4角は13番手で直線に賭けるが、良い脚は使えずに12着。

外枠不利の東京2000m。

馬場も重場からの稍重で、この馬にとっては好ましい馬場状態でもない。

転厩で環境が変わったことなども影響しているかもしれない。

20/11/08 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:14着(2.33.5・1.9差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

スタートまずまずも、道中は離れた最後方。

4角も最後方で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げを計るが、良い脚は出せずに14着。

後方からなのはいつものことだが、終いの脚も出せないのであれば勝負にならない。

2020年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

21/9/5 丹頂S(ハンデ)

札幌 芝2600m 良

着順:8着(2.45.0・0.7差)

騎手:泉谷楓馬(55キロ)

道中は中位の後ろ8番手あたり。

4角も8番手で直線に向くが、直線では見せ場なく終わる。

約8か月ぶりの競馬で馬体重が+14キロ。

まあ、重いなりにはそこそこ走ったか?

21/11/7 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:7着(2.33.1・0.7差)

騎手:石川裕紀人(55キロ)

スタート出遅れて道中は後方13番手。

4角も後方11番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げてくる。

上りメンバー3位、33.9秒の脚での追い込みは見せたが0.7差の7着まで。

着順はひと息だが、終いの脚が出せるようになっただけでも復調気配は感じる。

2021年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

21/12/4 ステイヤーズS(G2)

中山 芝3600m 良

着順:4着(3.48.0・0.4差)

騎手:横山武史(56キロ)

スタート出遅れて序盤は最後方から。

しかし2周目の正面スタンド前から上がって行って4~5番手に順位を上げる。

そのまま4角は6番手で直線に向き、直線も馬群の外目から追い上げてはくるが4着まで。

この緩い流れを、出遅れながらも良く4着に持ってきてはいる。

もう少し上り時計がかかっていればだが・・・出遅れがすべて。

2021年 ステイヤーズS(G2)のラップ分析&回顧

22/2/19 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良

着順:3着(3.30.6・0.5差)

騎手:石川裕紀人(55キロ)

スタートはいつものように出遅れて、道中は後方13番手。

4角は11番手、ランフォザローゼスのすぐ外から追い出しにかかり、ランフォザローゼスと一緒に馬群の大外を追い上げて来るが3着まで。

まあ、この馬向きの展開になったが、1、2着馬とは斤量が1キロ重い分の3着か。

2022年 ダイヤモンドS(G3)のラップ分析&回顧

22/3/20 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)

着順:7着(3.06.0・1.0差)

騎手:石川裕紀人(56キロ)

出遅れていつものように後方、12番手の内を追走。

4角も後方11番手で直線に向くが、直線の追い上げならず。

展開的にもこの位置からではノーチャンス。

2022年 阪神大賞典(G2)のラップ分析&回顧

次走、天皇賞(春)(G1)に向けて

次走は5月1日(日)、阪神競馬場 芝3200m(外⇒内)で行われる「天皇賞(春)(G1)」。

上りの相当かかるガチガチの消耗戦になって、やっと食い込んでくる可能性があるぐらい。

 

⇒その他、天皇賞(春)(G1)の出走馬を分析