タイニーロマンスのキャリアはまだ1戦だけなので、近走のみを振り返る。

タイニーロマンスのここまでの走り

20/11/1 2歳新馬(牝馬限定)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.38.1・-0.1差)

騎手:内田博幸(54キロ)

大外18番から果敢に先手、道中は3番手追走。

4角も3番手で直線に向き、直線では坂を上り切って先頭を捉え、あとは後続の追撃を半馬身差凌いでゴール。

道中のペースはスロー。

いささか前残りに近いかたちとなったが、スローの割には上り時計も平凡。

タイニーロマンスの脚質

テンのスピードはありそう。

この時期で500キロを超える大型牝馬だけに、スローの瞬発力勝負ではちょっと忙しいところもあるかもしれない。

広いコースで、血統的にも締まったタフなレースで存在感を示すのでは?

タイニーロマンスの血統背景

父はノヴェリスト(マイナー血統)。

ノヴェリストは欧州で走り、「キングジョージⅥ&クイーンエリザベスステークス 」、「バーデンン大賞」などG1を4勝。主戦場は芝2400m。

母の父はサンデーサイレンス

半兄に中央の中距離で活躍しているダイワキャグニー(父はキングカメハメハ)。

タイニーロマンスの次走

次走は1月11日(月)、中山競馬場 芝1600mで行われる「フェアリーS(G3)」。

緩い展開では期待薄。タフな展開になって浮上しそう。

 

その他、フェアリーS(G3)の有力馬を分析