ベッラノーヴァのキャリアはまだ1戦だけなので、近走のみを振り返る。

ベッラノーヴァのここまでの走り

20/10/18 2歳新馬(牝馬限定)

東京 芝1400m 重

着順:1着(1.23.6・-0.3差)

騎手:丸山元気(54キロ)

道中は中団の外目を回り、4角も中団7番手の外を回って直線。

直線は馬群の外目から坂の上りで先頭を射程圏に収め、坂を上り切ったあたりから追い出して、逃げるロジプリンを捉えると、あとは抜け出して後続に1馬身半つけて快勝。

重い馬場にしてはペースはそこそこ流れていたし、自身の上りも34.7秒でまとめているあたり、内容は評価できる。

良馬場ならさらに弾ける可能性も。

ベッラノーヴァの脚質

中団あたりで脚を溜めて、直線で弾ける競馬を期待。

ベッラノーヴァの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系)。

母の父はネオユニヴァース(サンデー系)。

ベッラノーヴァの次走

次走は1月11日(月)、中山競馬場 芝1600mで行われる「フェアリーS(G3)」。

1戦1勝馬だが、「新馬戦」はなかなかの内容。

良馬場でも弾けることができるか?

 

その他、フェアリーS(G3)の有力馬を分析