シャドウファックスのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

シャドウファックスのここまでの走り

20/10/3 2歳新馬(牝馬限定)

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.36.0・-0.4差)

騎手:北村宏司(54キロ)

前目の位置から勝負どころで上がって行って4角は3番手。

直線では坂で一気に後続を引き離してゴール。

新馬戦としては道中のラップもそこそこ。

強い勝ち方。

20/10/31 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:7着(1.35.5・0.6差)

騎手:大野拓弥(54キロ)

道中は前目の4番手。

4角も4番手で直線に向き、先に抜け出したソダシを一旦は追い詰めたが、残り200mを過ぎたあたりから脚色が鈍った。

ピッチ走法の馬なので、長い直線でキレ味勝負になれば、どうしてもゴール前で他の馬とは脚色が見劣る。

ただ、坂を上るあたりではしっかりソダシに食らいつけているので、これはコース適正の差だろう。

シャドウファックスの脚質

前目の位置から、直線で一気に前を交わす好位差し。

ただ、使える脚はそう長くはないので、直線の長いコースでは、上りが速くなると苦戦。

シャドウファックスの血統背景

父はスウェプトオーヴァーボード(ミスプロ系フォーティーナイナー)。

母の父はハーツクライ(サンデー系)。

スウェプトオーヴァーボードは米国で走り、ダート1200m、ダート1600mのG1をそれぞれレコード勝ちで勝利。

シャドウファックスの次走

次走は1月11日(月)、中山競馬場 芝1600mで行われる「フェアリーS(G3)」。

中山コースの方が走りやすいのは間違いないだろう。

あとは力関係だが、そこそこやれるのでは?

 

その他、フェアリーS(G3)の有力馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】