2021年4月4日【大阪杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アドマイヤビルゴの好走パターンを分析。

アドマイヤビルゴの距離適性

アドマイヤビルゴはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(2-0-0-1)
  • 芝2200m(1-0-0-2)

2200mの勝ち鞍はコーナー4つの中京芝2000mで、その上ドスロー。

2000mより上の距離での距離不安はまだ完全には払しょくされていないと思う。

アドマイヤビルゴの脚質

前々で押し切るSP持続力、脚を溜めてからの瞬発力。

どちらの能力もそれなりにありそうだが、ここまで強い競馬で勝ち上がってきたという印象がないだけに、当分クラス慣れが必要になるのではないか?

アドマイヤビルゴのコース適正

アドマイヤビルゴの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(2-0-0-1)

アドマイヤビルゴの持ち時計(ベストタイム)

アドマイヤビルゴの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.51.1 1着(京都)
  • 芝2000m:1.58.6 1着(阪神)
  • 芝2200m:2.12.1 4着(京都)

現状では、2000mまでなら、そこそこ速い時計にも対応できそうだが、OPクラスに入ってどうか?

アドマイヤビルゴの重馬場適正

アドマイヤビルゴの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場での敗戦は2021年「大阪杯」の9着(2.5差)。

馬場に負けたのか?レースの格に負けたのか?


アドマイヤビルゴの鉄砲実績(休み明け)

アドマイヤビルゴの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

アドマイヤビルゴの枠順適正

アドマイヤビルゴの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(1-0-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(1-0-0-0)

アドマイヤビルゴの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-0)

アドマイヤビルゴの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-0)
  • 56キロ(2-0-0-2)
  • 57キロ(0-0-0-1)

アドマイヤビルゴの好走体重

3着以内の体重は;

  • 430~434キロ

アドマイヤビルゴの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

母はイルーシヴウェーヴ

イルーシヴウェーヴは欧州で走り、芝のG1を含め、重賞を4勝。主要距離は芝の1400~1600m。

母の父はイルーシヴシティ(ミスプロ系ゴーンウエスト)。

イルーシヴシティは欧州で走り、芝の短距離G1を1勝。

アドマイヤビルゴの前走

21/1/17 日経新春杯(G2・ハンデ)

中京 芝2200m 良

着順:10着(2.13.2・1.4差)

騎手:武豊(56キロ)

道中は3~4番手。

直線は馬場の内目から伸びようとするが、坂を上って残り200mで力尽きた感じ。

ギリギリの距離でスタミナを求められたらこうなる。

しかしそれにしても敗けすぎの感あり。

まだまだクラス慣れが必要か。

2021年 日経新春杯(G2)のラップ分析&回顧

21/4/4 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m 重

着順:9着(2.04.1・2.5差)

騎手:岩田望来(57キロ)

大外13番から道中は中団の外。

3~4角ではすでに動きが鈍く、4角では中団の後ろ8番手で直線に向くが、直線ではやはり余力はなかった。

馬場も堪えたと思うが、レースのレベル的にもまだ追いついていない感じ。

2021年 大阪杯(G1)のラップ分析&回顧

次走、エプソムカップに向けて

次走は6月13日(日)、東京競馬場 芝1800mで行われる「エプソムC(G3)」。

メンバー的には恵まれた感はあるが、それでもまだ、馬券圏内となると厳しいのでは?

 

その他、エプソムカップ(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)