グラティアスのキャリアはまだ1戦だけなので、近走のみを振り返る。

グラティアスのここまでの走り

20/10/24 2歳新馬

東京 芝2000m 稍重

着順:1着(2.06.2・-0.2差)

騎手:ルメール(55キロ)

5枠9番からハナへ。

序盤から超スロー、行く馬がおらず押し出された格好。

中盤も超スローで、1000m通過が66.1秒。

4角も先頭で直線に向き、途中モズマンジロウに交わされかけるが、ゴール前でもうひと伸びして突き放した。

自身の上りは34.2秒。

このペースなら33秒台は欲しかったが、前日の雨が残った稍重馬場では仕方ないかも。

グラティアスの脚質

新馬戦は逃げたが、これは押し出されただけなので、おそらく控えても問題ないはず。

新馬戦は、「超」が3つ付くくらいのスローペースで、馬場も稍重。

レシステンシアの半弟と言う良血馬だが、その真の能力はまだベールの中。

グラティアスの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母の父はリザードアイランド(ND系デインヒル)。

リザードアイランドは欧州などで走り、重賞はG2での1勝が最高。主戦場は芝の短距離。

半弟に2019年の「阪神JF」を勝ち、2020年の「桜花賞」、「NHKマイルC」で2着に入ったレシステンシア(父はダイワメジャー)。

グラティアスの次走

次走は1月17日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「京成杯(G3)」。

1戦1勝馬で、その1戦の内容も超スローを逃げ切っただけで、別段評価に値するものではない。

良血馬だけに、秘めた力は計り知れないが、現状では未知の部分が多すぎる。

 

その他、京成杯(G3)の有力馬を分析