2021年5月30日【東京優駿】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、タイムトゥヘヴンの好走パターンを分析。

タイムトゥヘヴンの距離適性

タイムトゥヘヴンはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-1)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-1-0-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

適正はマイル寄りだと思うが・・・。

タイムトゥヘヴンの脚質

先行力はあるので、前々からの競馬と言うことになるのだろうが、それよりも、キレる脚がなさそうなので、位置取りがあまり後ろになるとノーチャンスではないか?

現状では緩急の切り替えが下手そうなので、スローの瞬発力勝負よりは、締まった流れの持続力勝負の方が良いだろう。

小回り向きの先行脚質、と言うのがここまでの見立て。

タイムトゥヘヴンのコース適正

タイムトゥヘヴンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-3)
  • 中山(1-2-0-2)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

小回り、内回りが良い馬だと思う。

タイムトゥヘヴンの持ち時計(ベストタイム)

タイムトゥヘヴンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.3 6着(東京)
  • 芝1800m:1.52.4 4着(東京)
  • 芝2000m:2.02.6 6着(中山)
  • 芝2400m:2.23.8 13着(東京)

スピード勝負には向かないだろう。

タイムトゥヘヴンの重馬場適正

タイムトゥヘヴンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪の巧拙はまだ未知数。


タイムトゥヘヴンの鉄砲実績(休み明け)

タイムトゥヘヴンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(未)

叩いてからは;

  • 2戦目(未)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

2歳の冬にデビューしてから「日本ダービー」終了まで、長い休養は挟んでいなかった。

タイムトゥヘヴンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-2)
  • 中3~5週(0-1-0-1)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

詰めて使う分には問題なさそう。

タイムトゥヘヴンの枠順適正

タイムトゥヘヴンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-2)
  • 5~9番(1-0-0-3)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(0-1-0-0)

タイムトゥヘヴンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

タイムトゥヘヴンの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-2)
  • 56キロ(0-2-0-1)
  • 57キロ(0-0-0-2)

タイムトゥヘヴンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 472~476キロ

タイムトゥヘヴンの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母は2006年の桜花賞馬、キストゥヘヴン

キストゥヘヴンは「桜花賞」の他にも、「フラワーC(G3・芝1800)」、「京成杯オータムH(G3・芝1600m)」、「中山牝馬S(G3・芝1800m)」で勝利を挙げている。

キストゥヘヴンの母の母スイーブからのラインは、多くの重賞勝ち馬を輩出する名門牝系。

母の父は1999年のダービー馬、アドマイヤベガ(サンデー系)。

タイムトゥヘヴンのここまでの走り

20/11/14 2歳新馬

東京 芝1800m 良

着順:4着(1.52.4・0.7差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

スタート出遅れるが、二の脚で先団に取り付く。

4角も3番手で直線に向き、残り200mまでは先頭に食らいつくが、そこから3馬身離されて4着。

速い上りに対応できなかったか?

20/12/5 2歳未勝利

中山 芝2000m 稍重

着順:4着(2.03.8・0.4差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

スタートフワッと出て、道中は中団の前あたり。

残り800mあたりでペースが上がったときについて行けない。

4角は中位7番手で直線。

直線に入るとジワジワと追い上げて、最終的には0.4差の4着。

ジワジワと加速は出来るが、急な加速に弱い感じ。

20/12/26 2歳未勝利

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.03.0・-1.4差)

騎手:北村友一(55キロ)

スタートは五分で先団2番手に取り付く。

4角過ぎにはすでに先頭を捉え、残り200mで後続を大きく突き放して8馬身差の圧勝ゴール。

このクラスとしては中盤そこそこ締まったことで、レースの上りは37.2秒を要した。

8馬身差の圧勝だが、この上りだから勝てた?のかも。

ちなみに同日行われた同コースの2歳G1の「ホープフルS」の走破時計は2.02.8。

タイムトゥヘヴンもラストを目一杯追っていればあと0.2秒くらいは縮めていた可能性は高い。

しかしまあ、2020年の「ホープフルS」のレベル自体、そんなに高かったとは思えないが・・・。

21/1/17 京成杯(G3)

中山 芝2000m 良

着順:2着(2.03.5・0.4差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

1枠1番からハナに立ち、4角も良い手応えで直線に向き、直線では馬場の良い外目を選んで追い出したが、内から伸びたグラティアスにはまったく抵抗できず。

切れ味の違いが勝敗を分けたが、持続力勝負ではそこそこ食らいつけるところは十分に示した。

2021年 京成杯(G3)のラップ分析&回顧

21/3/7 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 良

着順:6着(2.02.6・0.6差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

道中は3番手。

4角も3番手で直線に向くが、ゴール前で粘れず6着。

同コース、同距離の前走よりはタイムも上りも縮めている。

レベルがまだこのクラスではないと言うこと。

2021年 弥生賞(G2)のラップ分析&回顧

21/4/10 ニュージーランドT(G2)

中山 芝1600m 良

着順:2着(1.34.0・0.9差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

外枠15番から道中は中団の前あたり。

4角は5番手の外で直線。

直線は馬群の外目を追い込んでくるが、逃げるバスラットレオンにはとうてい追いつかなかった。

外枠から終始外目を回り、早めに進出はしたものの、勝ち馬には遠く及ばず。

初距離にしてはそこそこの対応はできたが、この馬もどちらかと言えば前々で勝負したいタイプ。

今回は枠も悪かった。

2021年 ニュージーランドT(G2)のラップ分析&回顧

21/5/9 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:6着(1.32.3・0.7差)

騎手:M・デムーロ(57キロ)

道中は先団の後ろ、6番手の内を追走。

4角も先団8番手で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げを計る。

しかし坂の途中あたりで前が塞がり手綱を引く不利。

あらためて進路を内に切って再度追い上げて行くが0.7差の6着まで。

不利がなければそのまま突き抜けたかと言えば、そこまでの脚はなさそうな感じ。

ペースは締まってこの馬向きではあったが、府中の千六とあって最後は切れ味も求められた。

やはりこの馬、切れ味では劣る。

2021年 NHKマイルカップ(G1)のラップ分析&回顧

21/5/30 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:13着(2.23.8・1.3差)

騎手:石橋脩(57キロ)

道中は後方13番手の内でじっとしている。

4角はほぼ最後方だが外に出して、直線も馬群の外目から追い上げを計る。

しかし直線ではまったく良いところなし。

距離も長いのだろうが、この馬は後ろから行く馬ではないと思う。

2021年 東京優駿(日本ダービー・G1)のラップ分析&回顧

次走、セントライト記念(G2)に向けて

次走は9月20日(月)、中山競馬場 芝2200mで行われる「セントライト記念(G2)」。

2200mは長いと思うが。

 

⇒その他、2021・セントライト記念(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)