2019年12月15日【朝日杯FS】終了時点までのデータをもとに、タガノビューティーの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

タガノビューティーの距離適性

タガノビューティーはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)

この1敗は「朝日杯FS(G1)」での4着。

ダートでは1800mでも勝利を挙げていることから、1600~1800mは守備範囲と思われる。

タガノビューティーの脚質

後方、それもかなり後ろからの「追い込み」が目立つ。

この先、展開に左右されることも多いのではないか?

タガノビューティーのコース適正

タガノビューティーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 阪神(0-0-0-1)

この1敗は「朝日杯FS(G1)」での4着。

阪神外回りの成績だけに、直線の短い競馬場での立ち回りには要注意。

タガノビューティーの持ち時計(ベストタイム)

タガノビューティーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.6 4着(0.6差・阪神)

「朝日杯FS(G1)」で計時した時計だが、過去の良馬場平均の勝ちタイムと比べても遜色はない。

タガノビューティーの重馬場適正

タガノビューティーはまだ道悪競馬の経験はないが、ダートで2勝をあげていることから、力の要る道悪競馬は苦にしない可能性が高い。

タガノビューティーの鉄砲実績(休み明け)

タガノビューティーの10週(中9週)以上の休み明けでの競馬はまだない。

タガノビューティーの近走診断

19/12/15 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m(外) 良

着順:4着(0.6差)騎手:和田竜二(55キロ)

初芝ということもあって、ペースが慣れないのか、後方からの競馬。

しかし4角では大外を回して追い込みにかかると上り2位の35.2秒の脚で先頭に食らいついた。

最後はグランレイに差されてクビ差の4着に終わったが、初芝のG1でこの成績は立派。

ハイペースで後方有利の展開もあったが、初芝でこの成績なのだから、次走も芝なら、更なる上積みが期待できる。

タガノビューティーの次走

次走は京都競馬場 芝1600m(外)で行われる「シンザン記念(G3)」。

前走の4着がフロックか否かが問われるレース。

後方待機にこだわらず、積極的な競馬を期待したい。