2019年11月16日【2歳新馬】終了時点までのデータをもとに、ルーツドールの好走パターンを分析。

ルーツドールの距離適性

ルーツドールはこれまでに芝1600mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-0)

新馬戦を圧勝。鞍上のルメール騎手は、もう少し距離が延びてもいいという旨のコメントを出している。

ルーツドールの脚質

新馬戦は番手に控えて追い出しを待ち、直線は余裕の手応えで抜け出すと、そのままぶっちぎりのゴール。

先行力があるのは今後のことを考えても戦いやすい。

ルーツドールのコース適正

ルーツドールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-0)

ルーツドールの持ち時計(ベストタイム)

ルーツドールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.3 1着(-0.8差・東京)

新馬戦の時計としては格段に速い。

ルーツドールの重馬場適正

ルーツドールは道悪競馬はまだ未経験。

ルーツドールの近走診断

19/11/16 2歳新馬 17頭立て

東京 芝1600m 良

着順:1着(-0.8差)騎手:ルメール(54キロ)

レース内容は、番手で追走して、余裕の手応えで直線で抜け出し、5馬身ちぎって圧勝したという内容。

勝ち時計は1.33.3。

圧倒的な強さを見せつけたが、同コース同条件の良馬場での勝ち時計の平均は、過去5年を拾ってみても1.36.6。

当日は2つのレースでレコードが出る超高速の馬場状態だったこともあるが、新馬戦でのこの内容は、それらを差し引いても速い。

ルーツドールの次走

次走は京都競馬場 芝1600m(外)で行われる「シンザン記念(G3)」。

初の長距離輸送、(勘違い、栗東の馬です)初の右回りと、クリアしなければならない課題も多いが、この馬にとってはさほど大きな障害にはならないだろう。