2020年5月10日【NHKマイルカップ】終了時点までのデータをもとに、プリンスリターンの好走パターンを分析。

プリンスリターンの距離適性

プリンスリターンはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-0-1-1)
  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(0-1-1-2)

父が「安田記念」を勝ったストロングリターンなので、マイルを走る素質があってもおかしくはない。

プリンスリターンの脚質

好走したときの脚質は「先行」。

「朝日杯FS(G1)」では、結果は5着だが、中団の後ろから差す競馬も見せているが、前々からの競馬の方が持ち味は生かせそう。

プリンスリターンのコース適正

プリンスリターンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-1)
  • 札幌(1-0-1-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(1-0-1-1)

先行して押し切りたいタイプだけに、最後の直線は短い方が良いだろう。

プリンスリターンの持ち時計(ベストタイム)

プリンスリターンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.09.7 3着(0.5差・函館)
  • 芝1400m:1.22.1 1着(-0.1・阪神)
  • 芝1600m:1.33.8 5着(0.8差・阪神)

速い時計に対応できていない印象。

プリンスリターンの重馬場適正

プリンスリターンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)

実績は稍重で1鞍だけだが、かなり荒れたタフな馬場で行われた2020年「シンザン記念」を先行して2着に来ている。

重馬場適正はありそう。

プリンスリターンの枠順適正

まだキャリア7戦ではあるが、3着以内を外した3鞍中2鞍は、いずれも10番ゲートより外側の12番、13番。

先行脚質だけに、枠順は内の方が走りやすいことは確か

プリンスリターンの鉄砲実績(休み明け)

プリンスリターンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-1)

プリンスリターンの血統背景

父は安田記念を勝ったストロングリターン(ロベルト系)、母の父はマンハッタンカフェ(サンデー系)。

5代血統内のクロスは;

  • ニジンスキー  9.38% 4 x 5
  • ヘイルトゥリーズン  6.25% 5 x 5

父は5歳で重賞初制覇、6歳でG1の安田記念を制した。

ストロングリターンも、ちょっと遅咲きなのかもしれない。

プリンスリターンの近走

19/9/1 すずらん賞(2歳オープン)

札幌 芝1200m 良

着順:6着(0.5差)騎手:原田和真(54キロ)

出遅れて位置取りがうしろに。

4角は大外を回して追い込んで来るが6着まで。

19/9/21 ききょうS(2歳オープン)

阪神 芝1400m(内) 良

着順:1着(-0.1差)騎手:原田和真(54キロ)

2番手からの競馬。

4角過ぎて先頭に並びかけ、あとは後続を振り切ってゴール。

テンが緩かっただけに上りの競馬。

2番手で展開も向いた。

19/12/15 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:5着(0.8差)騎手:原田和真(55キロ)

道中は中団のうしろから。

4角は馬込みの中を外へ持ち出して追い上げた。

レース内容はなんとなく粗削りな印象だが、かなりのハイペースで流れたレース展開で5着に入ったのは評価できる。

まだまだ上積みはありそうな感じ。

20/1/12 シンザン記念(G3)

京都 芝1600m 良 10頭

着順:2着(1.35.9・クビ差)

騎手:原田和真(56キロ)

スタートを決めて道中は2番手を追走。

4角も2番手で直線に入り、残り200mでは先頭に立つが、内から伸びたサンクテュエールにクビ差及ばずの2着。

しかし3着には4馬身離しており、能力の高さは示した。

20/4/18 アーリントンカップ(G3)

阪神 芝1600m 稍重 12頭

着順:3着(1.34.7・3着)

騎手:原田和真(56キロ)

序盤からかなりのハイラップで推移。

道中2番手追走で、4角では早々に先頭に立ち、直線は押し切りを計るが、ゴール前は内、外から差されて3着。

このハイペースを2番手追走、直線も粘っての3着は評価できる。

20/5/10 NHKマイルカップ(G1)

東京 芝1600m 良 18頭

着順:15着(1.33.9・1.4差)

騎手:原田和真(57キロ)

中2週での参戦。

道中は前目のポジションで直線に向くが、直線ではまったく伸びてこない。

ペースが速いわけでもない。

これまでの走りを振り返っても、1.4差の15着は負け過ぎ。

⇒ 2020年 NHKマイルC(G1)のラップ分析&回顧

これは実力、コースやペース云々ではなく、中2週のローテ、初めての長距離輸送、初めての左回りコースなどが影響している可能性が高い。

プリンスリターンの次走

次走は阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「中京記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは52キロ。

前走の大敗で人気を落とすなら、ここは面白いかも。

内枠が欲しい。

 

⇒ その他、中京記念出走馬の分析