2021年6月20日【マーメイドS】終了時点までのデータをもとに、サンクテュエールの好走パターンを分析。

サンクテュエールの距離適性

サンクテュエールはこれまでに芝1600~2400mの距離のレースに使われてきた。

着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-1-0-2)
  • 芝1800m(0-0-1-0)
  • 芝2000m(0-0-0-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

1600mは、G3の「シンザン記念」で1着、「アルテミスS」で2着。

適距離は1600m前後だろう。

2000m以上は距離なのか? コース形態(後述)なのか? まだ判然としない。

サンクテュエールの脚質

ここまでで好走しているレースは、比較的緩いペースを前につけて押し切る競馬。

サンクテュエールのコース適正

サンクテュエールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-1-0)
  • 東京(0-1-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-2)

コーナー2つのワンターンのコースでは(2-1-1-1)。

一方、コーナー4つでは(0-0-0-3)。

直線に急坂があるコース(中山、阪神)もよくない。

サンクテュエールの持ち時計(ベストタイム)

サンクテュエールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.4 2着(東京)
  • 芝1800m:1.47.0 3着(新潟)
  • 芝2000m:2.01.5 11着(阪神)
  • 芝2400m:2.25.4 13着(東京)

まだキャリアは浅いが、どれも時計は平凡以下。

サンクテュエールの重馬場適正

サンクテュエールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)

重馬場は「桜花賞」の6着。

レース後のジョッキーのコメントでは、「馬場が堪えた」とのこと。


サンクテュエールの鉄砲実績(休み明け)

サンクテュエールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)

サンクテュエールの枠順適正

サンクテュエールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(1-1-0-1)
  • 10~14番(0-0-1-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

サンクテュエールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-1-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-1)

サンクテュエールの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-1-1)
  • 55キロ(0-0-0-4)

サンクテュエールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 442~470キロ

サンクテュエールの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

母の父はカナディアンフロンティア(ミスプロ系ゴーンウエスト)。

カナディアンフロンティアは米国で走りダートの短距離で活躍した。

サンクテュエールの近走

19/8/11 新馬戦

新潟 芝1600m 良

着順:1着(-0.2差)騎手:ルメール(54キロ)

極めて平均的な競馬。

順当な勝ち上がり。

19/10/26 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:2着(0.1差)騎手:ルメール(54キロ)

道中は2番手で追走。

ペースはかなりのスロー。

直線はゴール前、後ろから来たリアアメリアに差されて2着。

このペースなら押し切らないと意味がない。

20/1/12 シンザン記念(G3)

京都 芝1600m 良 10頭

着順:1着(1.35.9・クビ差)

騎手:ルメール(54キロ)

出遅れはしたが、1枠1番を利してすぐに二の脚で先団3番手へ。

直線はプリンスリターンとの追い比べを制して勝利。

馬場状態が悪く、走破時計、上りともに時計を要した一戦。

スタート出遅れて脚を使ったが、中盤ペースが緩んだのが良かった。

2020年 シンザン記念(G3)のラップ分析&回顧

2020/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)重 18頭

着順:6着(1.36.9・0.8差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団の前。インをしっかりキープして直線に向いたが、直線ではピリッとした脚は使えずじまい。

馬場が応えたと言うコメントが出ているが、ディープ産駒だけに、その可能性が高いのだろう。

2020年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

20/5/24 オークス(G1)

東京 芝2400m 良

着順:13着(2.25.4・1.0差)

騎手:ルメール(55キロ)

18頭立ての大外18番から、出遅れもあり、道中の位置取りは後方。

4角13番手から直線に向くが、直線は脚を伸ばせず見せ場なく終わる。

大外枠からの出遅れで、レースに参加できなかった感じ。

距離も長そう。

2020年 優駿牝馬(オークス)のラップ分析&回顧

20/10/18 秋華賞(G1)

京都 芝2000m 稍重

着順:16着(2.03.2・2.6差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団あたりにつけていたが、4角では早くも後退。

馬場も距離も合わなかった感じ。

2020年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

20/12/19 ターコイズS(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:14着(1.35.8・1.2差)

騎手:北村宏司(54キロ)

道中は中団の後ろあたり。

勝負どころの3角過ぎではペースアップに対応できずズルズルと順位を下げた。

4角は最後方で直線に向くが、あとはバテた馬を2頭ほど交わしたのみ。

良馬場だが、時計のかかる馬場状態。

この馬向きではなかったのかも。

2020年 ターコイズS(G3)のラップ分析&回顧

21/4/24 福島牝馬S(G3)

新潟 芝1800m(外)良

着順:3着(1.47.0・0.1差)

騎手:杉原誠人(54キロ)

道中は先団4番手。

4角は5番手で直線に向き、直線は残り300mあたりで先頭に立つが、すぐさまディアンドルに差し返され、ゴール前はドナアトラエンテにも交わされて3着。

緩い流れならそこそこやれる馬。

位置取りも良かった。

2021年 福島牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

21/6/20 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神 芝2000m(内)良

着順:11着(2.01.5・1.1差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くが、直線では最初からまったく粘りが効かずに11着。

ペースとしては速くはない。

直線で粘れなかった原因として考えられるのは;

  • コーナー4つのコース形態
  • 良馬場ながら緩めの馬場

レース後のジョッキーの談話では、3角過ぎからすでにやる気が感じられなかったとのこと。

「道悪」は苦手な馬。馬場に嫌気がさした可能性はある。

2021年 マーメイドS(G3)のラップ分析&回顧

次走、府中牝馬S(G2)に向けて

次走は10月16日(土)、東京競馬場 芝1800m(内)で行われる「府中牝馬S(G2)」。

距離、コース形態は合ってそう。

緩めの流れで、馬場さえ渋らなければ、走る条件は整っている。

 

⇒その他、2021・府中牝馬S(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)