2020年5月24日【優駿牝馬】終了時点までのデータをもとに、サンクテュエールの好走パターンを分析。

サンクテュエールの距離適性

サンクテュエールはこれまでに芝1600~2400mの距離のレースに使われてきた。

着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-1-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

G3の「シンザン記念」で1着、「アルテミスS」で2着。

1600mでは安定感。

サンクテュエールの脚質

ここまでで好走しているレースは、比較的緩いペースを前につけて押し切る競馬。

サンクテュエールのコース適正

サンクテュエールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-1-0-1)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(0-0-0-1)

阪神での敗戦は「重馬場」が敗因と見られる。

サンクテュエールの持ち時計(ベストタイム)

サンクテュエールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.4 2着(東京)
  • 芝2400m:2.25.4 13着(東京)

まだキャリアは浅いが、この時計は平凡。

サンクテュエールの重馬場適正

サンクテュエールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-1)

重馬場の「桜花賞」で6着。

レース後のジョッキーのコメントでは、「馬場が応えた」とのこと。

サンクテュエールの鉄砲実績(休み明け)

サンクテュエールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

サンクテュエールの枠順適正

サンクテュエールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(1-1-0-0)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(0-0-0-1)

サンクテュエールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-0)

サンクテュエールの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)

サンクテュエールの連対体重

  • 442~454キロ

サンクテュエールの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はカナディアンフロンティア(ミスプロ系ゴーンウエスト)。

カナディアンフロンティアは米国で走りダートの短距離で活躍した。

サンクテュエールの近走

19/8/11 新馬戦

新潟 芝1600m 良

着順:1着(-0.2差)騎手:ルメール(54キロ)

極めて平均的な競馬。

順当な勝ち上がり。

19/10/26 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:2着(0.1差)騎手:ルメール(54キロ)

道中は2番手で追走。

ペースはかなりのスロー。

直線はゴール前、後ろから来たリアアメリアに差されて2着。

このペースなら押し切らないと意味がない。

20/1/12 シンザン記念(G3)

京都 芝1600m 良 10頭

着順:1着(1.35.9・クビ差)

騎手:ルメール(54キロ)

出遅れはしたが、1枠1番を利してすぐに二の脚で先団3番手へ。

直線はプリンスリターンとの追い比べを制して勝利。

馬場状態が悪く、走破時計、上りともに時計を要した一戦。

スタート出遅れて脚を使ったが、中盤ペースが緩んだのが良かった。

2020/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)重 18頭

着順:6着(1.36.9・0.8差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団の前。インをしっかりキープして直線に向いたが、直線ではピリッとした脚は使えずじまい。

馬場が応えたと言うコメントが出ているが、ディープ産駒だけに、その可能性が高いのだろう。

20/5/24 オークス(G1)

東京 芝2400m 良

着順:13着(2.25.4・1.0差)

騎手:ルメール(55キロ)

18頭立ての大外18番から、出遅れもあり、道中の位置取りは後方。

4角13番手から直線に向くが、直線は脚を伸ばせず見せ場なく終わる。

大外枠からの出遅れで、レースに参加できなかった感じ。

距離も長そう。

サンクテュエールの次走

次走は10月18日、京都 芝2000m(内)で行われる、牝馬三冠の最後の一冠「秋華賞(G1)」。

2000mの距離で改めて出直しと言ったところだろうが、イマイチ強調材料がみつからない。

 

その他、秋華賞の出走馬を分析