2020年3月22日【スプリングS】終了時点までのデータをもとに、サクセッションの好走パターンを分析。

サクセッションの距離適性

サクセッションはこれまでに芝1600m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-0-0-1)
  • 芝1800m(0-0-1-0)

現状では1600mがベスト。1800mは守備範囲。

サクセッションの脚質

脚質的には前々で押し切る先行策や、早目に仕掛けて長く良い脚を使うマクリ型。

いずれにしてもスピードの持続型を持ち味とする。

サクセッションのコース適正

サクセッションの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-0)
  • 中山(2-0-1-0)
  • 京都(0-0-0-1)

京都での敗戦は、京都コース自体に敗因があるわけではない。

サクセッションの持ち時計(ベストタイム)

サクセッションの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.4 1着(中山)
  • 芝1800m:1.50.3 3着(中山)

サクセッションの重馬場適正

サクセッションの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(1-0-0-0)

「新馬戦」を重馬場で快勝している。

サクセッションの鉄砲実績(休み明け)

サクセッションの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-0)

サクセッションの評価

距離は現状では1600m、1800mだが、もう少し長くてもやれそう。

脚質的には前々で押し切る先行策や、早目に仕掛けて長く良い脚を使うマクリを得意とするスピード持続型。

スローの瞬発力勝負になると苦しい。

サクセッションの近走

19/6/16 2歳新馬

東京 芝1600m 重 13頭

着順:1着(1.36.4・-0.2差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は3番手を追走。

道中のペースは、重馬場にしては中盤は比較的速かった。

4角も3番手、手応え十分で直線に入ると、逃げ粘るグレイトホーンをゴール前捉えて1馬身の差をつけて快勝。

2着グレイトホーンは減量の藤田菜々子騎手の51キロ。

3着馬には約4馬身離した。

上々の新馬戦。

期待される能力

  • 道悪適正

19/9/7 アスター賞(2歳・1勝)

中山 芝1600m 良 9頭

着順:1着(1.34.6・-0.2差)

騎手:ルメール(54キロ)

序盤は2~3番手。

300mを過ぎたあたりで先頭に立つ。

道中は緩いラップを刻みつつ、4角も手応えよく先頭のまま直線へ。

直線もグングンと加速して、坂を上り切ったあたりで食い下がるヴェスターヴァルトを振り切ってゴール。

上りは時計は33.9秒だがペースはドスロー。

期待される能力

  • 先行力(スピード)

19/11/9 デイリー杯2歳S(G2)

京都 芝1600m 良 11頭

着順:6着(1.35.2・0.7差)

騎手:マーフィー(55キロ)

今走も序盤は2~3番手で追走していたが、残り800を切ったあたりでハナを奪い返し、4角も先頭で直線へ。

直線は残り200mまでは先頭をキープするが、そこからはみるみる後続に呑み込まれて6着。

前走は道中スローの成り行きでハナを奪ったが、今回は明らかに早仕掛け。

しかし、溜めて不発よりは、このような負け方の方が潔良いとは思う。

20/1/6 ジュニアカップ(3歳・L)

中山 芝1600m 良 15頭

着順:1着(1.33.4・-0.4差)

騎手:マーフィー

今走はさらに体重が10キロ増えて518キロ。

今回は無理せず中団で脚をためる戦法。

ペースは逃げ馬がかかりぎみで速いラップを刻んで行く。

サクセッションは3角を過ぎて、残り600mあたりで馬群の外目から一気に進出。

4角は4頭分大外を回して直線へ。

直線は残り200mで先頭に立ち、坂を上って突き放し、ゴール前は2馬身半離して余裕のゴール。

4角大外を回す距離ロスも何のその。

時計も優秀で内容も強い。

期待される能力

  • スピード持続力
  • スタミナ

20/3/22 スプリングS(G2)

中山 芝1800m 良 10頭

着順:3着(1.50.3・0.5差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

道中は中団の後ろ。

3~4角で馬場の外目を一気にマクッて行って4角は大外4番手。

直線も馬場の外目から追い上げを計るが、完全に切れ負け。

1800mのレースで前半1000mが63.2秒のドスロー。

こういう展開では力は出せない。

サクセッションの次走

次走は東京競馬場 芝1600mで行われる「NHKマイルカップ(G1)」。

今年は締まったペースになりそうなメンバー構成。

そうなると、この馬にも出番はある。

しかしあくまでも積極的な競馬じゃないと苦しい。