2020年11月1日【天皇賞(秋)】終了時点までのデータをもとに、キセキの好走パターンを分析。

キセキの距離適性

キセキはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

    • 芝1800m(1-0-2-1)
    • 芝2000m(2-1-1-1)
    • 芝2200m(0-2-1-1)
    • 芝2400m(0-3-1-2)
    • 芝2500m(0-0-0-3)
    • 芝3000m(1-0-0-1)
    • 芝3200m(0-0-0-1)

勝てていない2400m、2500mでも強い競馬をみせており、どこらへんの距離がベストなのか、ちょっと計りかねる。

キセキの脚質

3歳までは脚を溜めて末脚を生かす競馬だったが、4歳になってからは、もっぱら「逃げ」で持ち味を発揮している。

道中ハイラップで飛ばしても、最後の直線ではなかなかバテない豊富なスタミナ、スピード持続力は出色。

脚を溜めても32秒台の末脚で差し切ったこともあり、こちらも強力。

しかし近走では出遅れ、引っかかりが顕著に出るようになり、本来の力が出せないことが多くなった。

キセキのコース適正

キセキの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-1-2-2)
  • 中山(0-0-0-3)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-1-0-1)
  • 阪神(1-4-2-2)
  • 海外(0-1-1-2)

中山の3敗はすべて芝2500m。

キセキの持ち時計(ベストタイム)

キセキの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.44.7 3着(東京)
  • 芝2000m:1.56.9 1着(新潟)
  • 芝2200m:2.11.3 2着(阪神)
  • 芝2400m:2.20.9 2着(東京)
  • 芝2500m:2.31.6 5着(中山)
  • 芝3000m:3.03.6 7着(阪神)
  • 芝3200m:3.17.3 6着(京都)

基本的に自己ベストを出したレースでの着順は良い。

速い馬場、高速決着は問題ない。

キセキの重馬場適正

キセキの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-2-0-2)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪での好走は不良馬場の「菊花賞」での1着。

道悪、荒れ馬場は大歓迎。

敗けているレースも、道悪が敗因ではないだろう。

キセキの枠順適正

キセキの枠番別着度数は(国内レースのみ);

  • 1~4番(2-2-1-0)
  • 5~9番(1-3-2-4)
  • 10~14番(1-1-1-3)
  • 15~18番(0-0-0-1)

キセキの鉄砲実績(休み明け)

キセキの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-3-2-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-3)
  • 3戦目(0-3-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

キセキの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(0-1-2-1)
  • 57キロ(1-3-0-4)
  • 58キロ(0-2-3-3)
  • 59.5キロ(0-0-0-1)

キセキの連対体重

  • 486~508キロ

キセキの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

父はディープインパクト(サンデー系)。

キセキの評価

抜群の先行力とスピード持続力が持ち味。

「菊花賞」以降、G1戦線では好走はあるものの1着がない。

逃げ馬だけに、展開が嵌れば勝てるのだろうが、近走では先手が取れない競馬が続くばかりか、出遅れも目立ってきた。

キセキの近走

19/12/22 有馬記念(G1)

中山 芝2500m 良 16頭

着順:5着(2.31.6・1.1差)

騎手:ムーア(57キロ)

6枠11番から出遅れて後方から。

3角を過ぎた勝負どころでは、馬場の外目を回って追い上げを計るが、今ひとつピリッとした脚が出なかった。

逃げ馬だけに出遅れがすべてか?

20/3/22 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)16頭

着順:7着(3.03.6・0.6差)

騎手:川田将雅(57キロ)

スタートで大きく出遅れた。

8枠9番ゲートだったので、7~8馬身の不利はあっただろう。

しかし、1000mを過ぎて1周目の正面スタンド前からジワジワと順位を上げて、2角あたりでは先頭に並びかける勢い。

その後は3番手に控えるが、4角では再び2番手、直線では残り200mまでは先頭争いをするが、そこまで。

しかし、こんな極端な競馬をしたにも関わらず、直線でも大きく失速することなく、0.6差まで粘っているのは、やはり力のある証し。

普通に走ればまだまだ力はあるとは思うが、2戦連続の出遅れは重症。

20/5/3 天皇賞・春(G1)

京都 芝3200m(外)14頭

着順:6着(3.17.3・0.8差)

騎手:武豊(58キロ)

スタートは出遅れずに出て3番手あたりにポジションを取る。

しかしスタンド前で引っ掛かり、みるみるハナへ。

その後もスピードを落とすことなく4角も先頭で直線。

直線は残り200mまではなんとか粘るが、そこまで。

決して大きくは負けていない。

もう少しだけでも抑えが効けば・・・。

2020年 天皇賞・春(G1)のラップ分析&回顧

20/6/28 宝塚記念(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:2着(2.14.5・1.0差)

騎手:武豊(58キロ)

やや出遅れ気味だが、この馬としてはしっかり出た方。

道中は後方で、向正面からジワジワと順位を上げ、3~4角では外を回って先団に取り付く。

4角2番手で直線に向くが、一緒に上がってきたクロノジェネシスとは手応えが違った。

勝ったクロノジェネシスには5馬身ちぎられたが、3着のモズベッロには5馬身つけた。

長く良い脚で復活に近い走り。

稍重発表ながら、かなり重い馬場も見方した感じ。

2020年 宝塚記念(G1)のラップ分析&回顧

20/10/11 京都大賞典(G2)

京都 芝2400m 稍重

着順:2着(2.25.7・0.1差)

騎手:浜中俊(57キロ)

序盤は後方、向正面からマクッて行って4角は7番手の外。

直線は馬場の外目からグローリーヴェイズを追い詰めるが3/4馬身届かず。

勝ち馬との斤量差1キロを考えてもここは完敗。

しかし2着は確保しており、このクラスでは、力のあるところは示している。

2020年 京都大賞典(G2)のラップ分析&回顧

20/11/1 天皇賞(秋)(G1)

東京 芝2000m 良

着順:5着(1.58.6・0.8差)

騎手:武豊(58キロ)

道中は先団3番手。

4角は2番手で直線に向くが、スローのキレ味勝負では分が悪かった。

ただ、こう言う展開でも、良いころのキセキはもう少し際どい競馬をしていたと思う。

もう、ちょっと、ピークは過ぎた感じ。

2020年 天皇賞(秋)(G1)のラップ分析&回顧

キセキの次走

次走は11月29日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「ジャパンカップ(G1)」。

現状の力なら、馬場でも渋らない限り勝ち負けは難しそう。

スタート五分なら、いっそハナでも切って、レースをかき回してくれると面白くなるが。

 

その他、ジャパンカップの出走馬を分析