2020年5月3日【天皇賞・春】終了時点までのデータをもとに、メイショウテンゲンの好走パターンを分析。

メイショウテンゲンの距離適性

メイショウテンゲンはこれまでに芝1800m~芝3600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-2-0-1)
  • 芝2000m(1-0-1-1)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-1-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)
  • 芝3400m(0-1-0-0)
  • 芝3600m(0-0-0-1)

1800m、2000mで好走歴はあるが、ベストは3000m以上。

ゲートが悪く、テンも遅いので中距離ではどうしても置かれてしまう

メイショウテンゲンの脚質

ゲートが悪く、テンも遅いので、いちどりはどうしても後方からになる。

切れる脚もないので、上りがかからないと勝負にならない。

ただし、どんなペースでも決してバテないスタミナがあるので、終いは確実にそこそこの脚で追い込んでくる。

「ダービー」にしても着順こそ10着だが、4角16番手で、直線はメンバー5位の上り34.4秒の脚で差を詰めている。

なので、これより距離が長くなり、勝負どころでの先頭との差をもう少し詰めることができれば、上りのかかる展開になると、バテない脚で追い込んで、上位に顔を出すことも可能になる。

メイショウテンゲンのコース適正

メイショウテンゲンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-1-0-1)
  • 中山(1-0-0-3)
  • 京都(0-2-0-3)
  • 阪神(1-0-2-0)

コースによる巧拙はあまりない。

メイショウテンゲンの重馬場適正

メイショウテンゲンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(1-0-0-1)

道悪は気にせず走る。

切れる脚がないので、上りのかかる渋った馬場は見方になる。

メイショウテンゲンの鉄砲実績(休み明け)

メイショウテンゲンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

休み明けは気にしなくてよさそう。

メイショウテンゲンの評価

とにかくスタミナは豊富だが、位置取りが後ろで、なおかつ切れる脚もないので、好走するには展開に注文がつく。

メイショウテンゲンの近走診断

19/10/20 菊花賞(G1)

京都 芝3000m 良 18頭

着順:11着(3.07.7・1.7差)

騎手:池添謙一(57キロ)

大外18番から、スタート出遅れたにも関わらず、押して押して出して行って先団に取り付く。

道中も先団で追走するが、位置取りは終始外目。

3角過ぎの勝負どころではペースアップについて行くことが出来ずに、4角は15番手に後退。

直線も見せ場なく敗退。

後ろからでは勝負にならないので、大外からでもとにかく出して行った鞍上のチャレンジは悪くない。

ナイスチャレンジ。

19/11/30 ステイヤーズS(G2)

中山 芝3600m 良 13頭

着順:4着(3.46.5・0.4差)

騎手:池添謙一(55キロ)

スタートはいつものように一息で、後方からの競馬。

ペースは後半の1800mがエイシンクリックが大逃げを打ったことで締まった淀みのない展開になった。

メイショウテンゲンは4角12番手で、大外をかなりふくれて回って直線へ。

直線は、馬場の外目を強烈に追い込んで来るが4着まで。

もう少し器用に立ち回ることができれば、3着はあったかも。

20/2/22 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良 16頭

着順:2着(3.31.2・ハナ差)

騎手:池添謙一(55キロ)

道中はいつものように後方から。

まれに見るハイペースになった2020年のダイヤモンドS。

メイショウテンゲンは3~4角の勝負どころで動いて行って4角は大外を回って直線。

直線も馬場の外目をジワジワと伸びてきて先頭を射程圏に入れると、ゴール前では先に抜け出していたミライヘノツバサと馬体を併せて壮絶な追い比べ。

わずかにハナ差及ばなかったものの、勝ったミライヘノツバサの斤量が54キロだったことを考えると勝ちに等しい走り。

レースの上りが38.1秒、ラスト200mが13.0秒の凄まじい消耗戦。

こう言う展開になると強さが際立つ。

20/3/22 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)16頭

着順:3着(3.03.4・0.4差)

騎手:松山弘平(55キロ)

スタートは五分に出て、道中のポジションは中団あたり。

4角も中団7番手の外で直線に向く。

直線は馬場の外目を伸びてくるが、脚色は上位2頭とは明らかに違った。

20/5/3 天皇賞・春(G1)

京都 芝3200m(外)14頭

着順:8着(3.17.5・1.0差)

騎手:幸英明(58キロ)

出遅れて後方から。

向正面で仕掛けて行って、3角は5番手、4角は8番手で直線。

直線もバテてはいないが、仕掛けが早かった分伸びきれなかった。

メイショウテンゲンの次走

次走は阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

久々の中距離になるが、全馬バテバテの消耗戦のような極端な展開になれば、この馬がひょっこり顔を出してくる。