2020年3月22日【阪神大賞典】終了時点までのデータをもとに、ボスジラの好走パターンを分析。

ボスジラの距離適性

ボスジラはこれまでに芝2000m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(1-2-0-1)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-0)
  • 芝2500m(1-0-0-0)
  • 芝2600m(1-0-0-0)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

2000m前後は下級条件では好走歴はあるが、基本的に忙しい。

適距離は2400m以上。

距離の上限はまだ未知数だが、全兄ポポカテペトルの「菊花賞(G1)」3着があるように、長距離砲として期待はできる。

ボスジラの脚質

中団あたりで脚を溜めて、最後の直線で差してくる競馬。

500キロを超える大型馬だけに、加速には時間を要する。

なので、上りの速い展開では、小回り、内回りだと厳しい。

反面、広いコースなら、長い直線を一杯に使って加速できるので、速い上りにもそこそこ対応はできる。

緩い流れよりも締まった流れで強さを発揮。

ボスジラのコース適正

ボスジラの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 東京(1-1-0-0)
  • 中山(1-1-0-2)
  • 阪神(0-0-0-1)

札幌は滞在競馬なので、まだ本格的な長距離輸送の経験はない。

ボスジラの持ち時計(ベストタイム)

ボスジラの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.00.2 8着(中山)
  • 芝2200m:2.12.9 5着(中山)
  • 芝2400m:2.24.7 1着(東京)
  • 芝2500m:2.34.0 1着(中山)
  • 芝2600m:2.41.6 1着(札幌)
  • 芝3000m:3.03.6 8着(阪神)

適距離の2400m以上になると、自己ベストでの着順はどれも1着。

2400m以上なら、時計勝負でも対応できる。

ボスジラの重馬場適正

ボスジラの稍重も含めた道悪競馬の経験はまだないが、「菊花賞(G1)」3着の全兄ポポカテペトルは、不良馬場の「菊花賞」で3着に入った。

ボスジラの鉄砲実績(休み明け)

ボスジラの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-1)

問題なさそう。

ボスジラの近走診断

19/8/4 3歳・1勝クラス

札幌 芝2600m 良 9頭

着順:1着(2.41.6 -0.6差)

騎手:ルメール(54キロ)

序盤は2番手、中盤からはハナに立ち、スローペースのラップを刻む。

総じてスローの上り勝負。

札幌の芝2600mならこれくらいは粘れる。

19/12/22 グッドラックハンデ(2勝)

中山 芝2500m 良 12頭

着順:1着(2.34.0 アタマ差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は中団。

ペースは序盤は速く、中盤が緩む展開。

ボスジラは4角は4番手の外で先頭を射程圏に収め、直線も馬場の外目から追い上げてゴール前きっちり差し切った。

レースの上りは35.9秒。

2着馬とはハンデ差1キロ軽かったが、休み明けで快勝。

19/2/2 早春S(3勝・ハンデ)

東京 芝2400m 良 13頭

着順:1着(2.24.7 クビ差)

騎手:武豊(55キロ)

オウケンブラックが大逃げを打ってペースは締まった展開に。

ボスジラは中団で脚を溜めて、4角は7番手で直線へ。

直線は馬群の外から追い上げて、残り200mあたりで先頭に立つと、サンアップルトンとの追い比べを制してゴール。

自身の上りは34.1秒。

東京コースなら末脚勝負でもなんとか戦える。

20/3/22 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)16頭

着順:8着(3.03.6・0.6差)

騎手:武豊(55キロ)

道中は中位の4~5番手。

4角は外を回して直線に向き、追い出すが、伸びない。

鞍上は馬場の硬さを指摘したが、初の関西圏への長距離輸送で当日はマイナス8キロと馬体を減らしていた。

ここらへんも影響しているのでは?

ボスジラの次走

次走は東京競馬場 芝2500mで行われる「目黒記念(G2・ハンデ)」。

コース、距離ともに問題ない。

ハンデも54キロならここはチャンス到来。