シルバーエースはまだ4戦のキャリアなので、近走だけを振り返る。

シルバーエースの近走

19/10/20 2歳未勝利

京都 芝1600m 稍重 8頭

着順:6着(1.37.0・1.3差)

騎手:藤岡祐介(55キロ)

若干出遅れたが、二の脚で先団に取り付く。

道中は稍重にしてはそこそこ流れた。

シルバーエースは3~4角で前の馬が邪魔になる少し窮屈な位置取りの上、外々を回って距離ロス、スタミナロスもあった感じ。

「緩い馬場を気にしていた」と鞍上。

すべての面でかみ合わなかった。

不安要素

  • 道悪

19/12/28 2歳未勝利

阪神 芝1800m 良 18頭

着順:1着(1.47.8・-0.4差)

騎手:吉田隼人(55キロ)

6枠11番からスタートを決めて2番手追走。

道中のペースはまずまず流れていた様子。

シルバーエースは4角も2番手で直線に入ると、すぐさま先頭に立ち、坂下あたりからどんどん差を広げて行った。

ペースが流れたせいもあり、レースの上りは36.3秒の消耗戦。

期待される能力

  • 先行力
  • スピード持続力
  • スタミナ

20/2/22 つばき賞(3歳・1勝)

京都 芝1800m 重 8頭

着順:3着(1.52.2・0.3差)

騎手:岩田康誠(56キロ)

5枠5番から2番手追走。

重馬場のせいもあり、道中はかなりのスロー。

シルバーエースはは4角も2番手で直線に向くと、残り200mあたりで一旦先頭に立つが、そこからのもうひと伸びがなく0.3差の3着。

やはりこの馬、道悪はあまりよくないのかも。

シルバーエースのここまでの見立て

距離は1800m前後。

父ワールドエースは「皐月賞」2着馬。2000mくらいまでは大丈夫だろう。

脚質は、前につけてしぶといスピード持続型。

切れる脚はなさそうで、上りの速い競馬はきつい。

道悪は苦手っぽい。

シルバーエースの次走

次走は中山芝1800mで行われる「皐月賞」トライアルの「スプリングS(G2)」。

初めての関東エリア、長距離輸送がどう出るか。

輸送をクリアーできれば、先行力もあり、枠番も2番に入ったようなので、前につけてしぶとい競馬をすれば面白い存在。