アオイクレアトールはまだ4戦のキャリアなので、近走だけを振り返る。

アオイクレアトールの近走

19/11/24 ベコニア賞(2歳・1勝)

東京 芝1600m 不良 7頭

着順:3着(1.36.5・0.3差)

騎手:武豊(55キロ)

3枠3番から3番手につける。

道中は不良馬場でもさほど遅くはないペース。

4角も3番手で直線。

直線は内で先頭を窺い、残り100m付近では先頭に立つ勢いだったが、外から来た2頭に交わされて3着。

勝馬に交わされたのは仕方がないが、2着は確保したかった。

20/2/2 セントポーリア賞(3歳・1勝)

東京 芝1800m 良 13頭

着順:2着(1.47.4・0.2差)

騎手:武豊(56キロ)

2枠2番から3番手。

道中はさほど速くはないが、遅くもないペース。

3番手追走から4角は4番手の内で直線。

直線は先に抜け出したショウナンハレルヤを追いかけるが、なかなか差は詰まらず2着。

ゴール前、勝馬はまだ余裕があった印象。

20/2/23 3歳1勝クラス

東京 芝1600m 良 10頭

着順:2着(1.35.2・クビ差)

騎手:武豊(56キロ)

5枠5番からハナを切る。

道中は比較的緩い流れで、アオイクレアトールにとっては良いペース。

4角も先頭で直線に入るが、残り200mで番手につけていたオーロラフラッシュに馬体を併せられて追い比べ。

ゴール前クビ差交わされての2着。

スローの瞬発力比べで勝ち馬の決め手に屈した。

アオイクレアトールのここまでの見立て

先行力はあるので、容易に先手を取ることはできるが、どうしても詰めが甘くなる。

スローペースより、そこそこ流れる展開の方が持ち味を発揮できるのではないか?

アオイクレアトールの次走

次走は中山芝1800mで行われる「皐月賞」トライアルの「スプリングS(G2)」。

キャリア4戦がすべて東京コース。

今回初めての中山、そして初めての右回り。

馬に戸惑いがなければ良いが・・・。

コース自体は東京より中山の方が合っているとは思う。