2020年9月21日【セントライト記念】終了時点までのデータをもとに、ガロアクリークの好走パターンを分析。

ガロアクリークの距離適性

ガロアクリークはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(1-0-1-1)
  • 芝2200m(0-0-1-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

血統的にあまり長い距離はどうかと思ったが、「皐月賞」の走りを見る限り、2000m前後は問題なさそう。

ガロアクリークの脚質

中団あたりにポジションを取って、最後は終いを生かす競馬がメインだが、上りのかかる消耗戦でも強さを発揮。

瞬発力とスタミナに自信あり。

ガロアクリークのコース適正

ガロアクリークの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(1-0-2-2)

コースの巧拙についてはまだ何も言えないが、関東圏オンリーのレース選択は、なにか理由でもあるのだろうか?

ガロアクリークの持ち時計(ベストタイム)

ガロアクリークの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.49.8 1着(中山)
  • 芝2000m:2.01.4 3着(中山)
  • 芝2200m:2.13.4 4着(中山)
  • 芝2400m:2.25.0 6着(東京)

ガロアクリークの重馬場適正

ガロアクリークの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)

ガロアクリークの鉄砲実績(休み明け)

ガロアクリークの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-0)

ガロアクリークの枠順適正

ガロアクリークの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-1)
  • 5~9番(1-0-1-1)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-1-0)

ガロアクリークの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-1-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-0)

ガロアクリークの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(1-0-1-1)
  • 57キロ(0-0-1-1)

ガロアクリークの連対体重

  • 496~500キロ

ガロアクリークの血統背景

父はキンシャサノキセキ(サンデー系)。

母の父はキングマンボ(ミスプロ系キングマンボ)。

キンシャサノキセキは2010年、2011年の「高松宮記念(G1)」を連覇した名スプリンター。

ガロアクリークのここまでの走り

19/11/17 2歳新馬

東京 芝2000m 良 15頭 

着順:1着(2.04.5・-0.2差)

騎手:野中悠太(☆54キロ)

減量騎手を背に、スローペースを中団から。

終い33.5秒の脚で勝利。

ラップタイム、走破時計ともに特に強調材料はない。

19/12/28 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良 13頭 

着順:11着(2.04.0・2.6差)

騎手:丸山元気(55キロ)

中団から、4角ではすでに順位を落として9番手で直線へ。

直線でも順位を落として、見せ場なく11着。

時計的には新馬戦程度は走っている。

新馬戦とはレースのレベルが違いすぎただけ。

20/3/1 水仙賞(3歳・1勝)

中山 芝2200m 良 8頭 

着順:4着(2.13.4・0.3差)

騎手:池添謙一(56キロ)

6枠6番から中団の後ろ。

道中は逃げ馬が大逃げを打った関係で、ラップタイムは速いラップを刻んでいる。

しかし2番手以降も、それに伴い、そこそこの締まったペースで追走していた模様。

ガロアクリークは3角過ぎてスパートを開始して、4角は3番手の内で直線へ入る。

直線では先頭を追うがその差は詰まらず。

ゴール前ではインをついて追い込んできたサペラヴィに交わされて4着。

しかし早めに動いて4着に粘った今走は、前走に比べれば大きな進歩。

走破時計も悪くない。

鞍上はレース後に「距離不安」をほのめかしている。

昨年の冬に比べると大きな成長がうかがえるだけに、2200mが長いとすると、2000m以下で期待が持てる。

期待できる能力

  • スピード持続力
  • スタミナ

20/3/22 スプリングS(G2)

中山 芝1800m 良 10頭

着順:1着(1.49.8・-0.2差)

騎手:ヒューイットソン(56キロ)

中団からの競馬。

4角は外を回して直線はヴェルトライゼンデとの追い比べを制して勝利。

勝ちはしたものの、レース内容は超スローの上り勝負。内容的にはあまり評価できるものではないが、

上りはメンバー最速33.8秒で、メンバー2位サクセッションの34.1秒を0.3秒上回っている。

前走ではそこそこのSP持続力、スタミナも見せており、ここにきて大きく成長している印象がある。

期待できる能力

  • 瞬発力

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:3着(2.01.4・0.7差)

騎手:ヒューイットソン(57キロ)

道中は中団から、直線では馬場の外目から脚を伸ばして、最後までバテずに3着を確保。

外枠から距離がどうかと思ったが、楽々クリアー。

ただ、2着馬には3馬身半離されているだけに、距離が合うのか否かは微妙なところ。

 2020年 皐月賞のラップ分析&回顧

20/5/31 日本ダービー(G1)

東京 芝2400m 良

着順:6着(2.25.0・0.9差)

騎手:川田将雅(57キロ)

道中は中団の前あたり。

4角は外を回して直線に向き、直線は馬場の外目を追い上げるがピリッとした脚は使えなかった。

この馬向きのスローの瞬発力勝負になったが、6着と健闘はしているが、やはりこの距離は主戦場ではない印象。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

20/9/21 セントライト記念(G2)

中山 芝2200m(外)良

着順:3着(2.15.4・0.4差)

騎手:川田将雅(56キロ)

6枠7番から先団に取り付く。

道中は中盤以降そこそこペースアップしていったが、4角は2番手でしっかりと先団をキープ。

直線も逃げるバビットに食らいついて行ったが、坂で置かれて3着まで。

良馬場発表ながら、馬場はかなりタフな状態。

先団追走で3着に粘りきるあたり、パワーとスタミナは確かにある。

2020年 セントライト記念(G2)のラップ分析&回顧

ガロアクリークの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

さすがに3000mはどうかと思うが・・・。

初めての関西遠征も少し心配。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析