2020年6月7日【安田記念】終了時点までのデータをもとに、ノームコアの好走パターンを分析。

ノームコアの距離適性

ノームコアはこれまでに芝1200m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(3-0-1-4)
  • 芝1800m(1-0-1-1)
  • 芝2000m(1-1-1-0)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

ベストは1600m、1800~2000mは守備範囲だが、2000mはギリギリのような印象。

2200mになると長いだろう。

ノームコアの脚質

スピード持続力、瞬発力を双方兼ね備えた実力馬。

前からでも後ろからでも競馬ができるが、近走ではもっぱら終いを生かす競馬がメイン。

スローの瞬発力勝負より、締まったペースの持続力勝負の方が戦いやすいだろう。

ノームコアのコース適正

ノームコアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-0)
  • 東京(2-0-2-1)
  • 中山(2-0-1-1)
  • 中京(0-1-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 香港(0-0-0-1)

中山の2勝は中山が高速馬場になる秋競馬。

速い馬場はめっぽう得意そうだが、重い馬場ではどうか?

長距離輸送にも若干の不安がある。

ノームコアの持ち時計(ベストタイム)

ノームコアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.10.6 15着(中京)
  • 芝1600m:1.30.5 1着(東京)※レコード勝ち
  • 芝1800m:1.47.9 7着(中山)
  • 芝2000m:1.58.0 1着(中山)
  • 芝2200m:2.13.7 5着(京都)

1800mの7着は0.2差で、内に閉じ込められる不利もあって度外視できる。

適距離なら、スピード勝負は大歓迎だろう。

ノームコアの重馬場適正

ノームコアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)

道悪に関してはハービンジャー×クロフネなので得意そうな血統背景だが、若干の不安は残る。

ノームコアの鉄砲実績(休み明け)

ノームコアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-2-3)
  • 3戦目(1-0-0-1)

フレッシュな状態の方が良い。

ノームコアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-3-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(3-0-0-1)

暑いよりは寒い方が走る、と言うデータ。

ノームコアの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(3-0-2-1)
  • 54.5~56キロ(2-1-1-4)
  • 57キロ~(未)

ノームコアの連対体重

  • 436~470キロ

ノームコアの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)、母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント)。

半妹に2020年の「宝塚記念」、2019年の「秋華賞」の勝ち馬クロノジェネシス

ノームコアの評価

スピード持続力、瞬発力に富み、牝馬としてはかなりの能力を秘めた馬。

たた、オープンクラスでは、牝馬限定戦以外では「富士S(G3)」の1着が最高。

牡馬との混合戦でどれだけ戦えるのかが課題。

ノームコアの近走診断

19/5/12 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.30.5・クビ差)※レコード

騎手:レーン(55キロ)

道中は中団で脚を溜め、4角も中団馬群の中。

ペースは逃げたアエロリットが引っ張ってまずまず流れる展開。

ノームコアは直線残り400mを過ぎて馬場の外目に進路を取るとグングン加速。

ゴール前はラッキーライラック、プリモシーンなどとの壮絶な叩き合いを制してゴール。

スピード勝負での強さを示した。

19/10/19 富士S(G3)

東京 芝1600m 稍重

着順:1着(1.33.0・-0.1差)

騎手:ルメール(56キロ)

外枠16番から無理せず中団の後ろに控える。

ペースは稍重を考慮すると速くも遅くもない。

ノームコアは直線後方から馬群の大外に進路を取ると、上り33.2秒の脚で追い上げて快勝。

1600mでこのクラスなら安泰。

19/12/8 香港マイル(G1)

香港 芝1600m 良

着順:4着(1.33.5・0.3)

騎手:ルメール(55.5キロ)

唯一の牝馬での参戦。

道中は中団のやや後ろ。アドマイヤマーズの直後にポジションを取る。

ルメール騎手のレース後のコメントによるとペースはスロー。

直線は馬群の外目をついて伸びてくるが、脚色はいつもの伸びが感じられなかった。

鞍上や陣営は「馬は頑張っていた」とコメントしているが、敗因はいくらか考えられる;

  • 海外遠征
  • 牡馬との斤量差
  • 牡馬牝馬混合のG1
  • スローの瞬発力勝負で後手

どうだろう?

20/3/29 高松宮記念(G1)

中京 芝1200m 重 18頭

着順:15着(1.10.6・1.9差)

騎手:横山典弘(55キロ)

大外18番から、道中は中団の後ろあたりを追走。

終始外々を回り4角も大外。

直線も馬場の外目から追い出すが、まったくの伸びず。

初めての1200mで牡馬混合のG1、おまけに大外枠。

これらを踏まえると、度外視できる結果ではあるが、大負けだけに、精神的な影響が少し心配。

20/5/17 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良 18頭

着順:3着(1.31.3・0.7差)

騎手:横山典弘(55キロ)

イマイチのスタートで道中は中団から。

ずっとアーモンドアイを前に見る位置取りでレースを進め、直線もメンバー2位の33.2秒の脚でしっかり伸びてはいるが、2着のサウンドキアラにクビ差迫るのがやっと。

この馬の競馬はしている。

勝った相手が強すぎた。

20/6/7 安田記念(G1)

東京 芝1600m 稍重

着順:4着(1.32.1・0.5差)

騎手:横山典弘(56キロ)

出遅れて後方から。

直線はメンバー2位の33.8秒の脚を出してはいるが0.5差届かず。

出遅れがなくても勝ち負けに加われていたかは微妙。

2020年 安田記念(G1)のラップ分析&回顧

中2周のローテ、稍重の馬場も影響はあったか?

ノームコアの次走

次走は札幌競馬場 芝2000mで行われる「札幌記念(G2)」。

初めての札幌参戦。

今の脚質も、洋芝の重い馬場も、この馬に合っているとは思えないが、当サイト「札幌記念の過去10年の傾向を分析」ではこの馬が推奨馬に挙がった。

札幌記念の過去10年の傾向を分析

 

その他、札幌記念の出走馬を分析