2022年3月21日【フラワーC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、スタニングローズの好走パターンを分析。

スタニングローズの距離適性

スタニングローズはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-1-0-0)
  • 芝1600m(2-0-1-2)
  • 芝1800m(1-0-0-0)

血統的には中距離あたりまでは持っていい。

スタニングローズの脚質

先行押し切り。

切れ味勝負では後手。

上りがかかる展開からの先行押し切り。

パワー、底力タイプ。

スタニングローズのコース適正

スタニングローズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-1-0)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(0-1-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(2-0-0-1)
  • 小倉(未)

最後の直線、長いよりは短い方が良く、坂は無いよりあった方がいいタイプ。

スタニングローズの持ち時計(ベストタイム)

スタニングローズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.23.3 2着(中京)
  • 芝1600m:1.34.3 5着(新潟)
  • 芝1800m:1.48.5 5着(中山)

スピード勝負には向かないだろう。

スタニングローズの重馬場適正

スタニングローズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪は走ってきそう。


スタニングローズの鉄砲実績(休み明け)

スタニングローズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(未)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

スタニングローズのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-0)
  • 中3~5週(1-0-1-1)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

スタニングローズの枠順適正

スタニングローズの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-1)
  • 5~9番(2-0-0-1)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(未)

スタニングローズの斤量別着度数

  • 54キロ(3-1-1-2)

スタニングローズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-1)

スタニングローズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~480キロ

スタニングローズの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/東京優駿、NHKマイルC)。

母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント/NHKマイルC、ジャパンカップダート)。

母方の4代前、ローザネイを祖とする牝系は「薔薇一族」の別称でも知られる名門牝系。

このファミリーにはローズキングダム(朝日杯FS,ジャパンカップ)、ローズバド(フィリーズレビュー、マーメイドS、オークス2着、秋華賞2着、エリザベス女王杯2着)、ローゼンクロイツ(毎日杯、中京記念、金鯱賞)など。

スタニングローズの前走

22/3/21 フラワーC(G3)

中山 芝1800m 良

着順:1着(1.48.5・-0.1差)

騎手:川田将雅(54キロ)

スタート出遅れるが、1番枠ということもあり二の脚でリカバー、道中は先団3番手の内を追走。

4角も3番手の内で直線に向くと、直線は前を走るニシノラブウインクの外に出して追い上げに入り、坂の上りでは射程圏に捉えるも、なかなかその差は詰まらない。

しかしゴール前、半馬身抜け出してこれを交わした。

先行抜け出しの強い競馬。

パワーのあるところを示した。

2022年 フラワーカップG(G3)のラップ分析&回顧

次走、優駿牝馬(オークス)(G1)に向けて

次走は5月22日(日)、東京競馬場 芝2400m で行われる「優駿牝馬(オークス)(G1)」。

適正のベクトルがオークスには合わないと思う。

馬場が渋って押さえる程度。

 

⇒その他、優駿牝馬(オークス・G1)の出走馬を分析