2022年9月10日【紫苑S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、サウンドビバーチェの好走パターンを分析。

サウンドビバーチェの距離適性

サウンドビバーチェはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(2-1-0-2)
  • 芝2000m(0-1-0-0)

千六まではOK。

兄弟を見ればマイルまでの馬が多い。

2000mはギリギリか?

サウンドビバーチェの脚質

先行脚質。

「チューリップ賞」を見た感じでは、そこそこの持続力がある馬。

パワー、底力に長けていて、SPの持続力もそこそこあるといったところか。

反面切れる脚は期待できない。

上りの時計は速いよりはかかった方がいいタイプだろう。

サウンドビバーチェのコース適正

サウンドビバーチェの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(1-1-0-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-1-0-1)
  • 小倉(未)

軽いよりも重い芝、といった感じの傾向が出ている。

サウンドビバーチェの持ち時計(ベストタイム)

サウンドビバーチェの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.1 6着(新潟)
  • 芝1600m:1.33.5 4着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.9 2着(中山)

スピード勝負には向かない感じ。

サウンドビバーチェの重馬場適正

サウンドビバーチェの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪は走るだろう。


サウンドビバーチェの鉄砲実績(休み明け)

サウンドビバーチェの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(未)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

サウンドビバーチェのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(2-1-0-2)

サウンドビバーチェの枠順適正

サウンドビバーチェの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-1)
  • 5~9番(0-0-0-2)
  • 10~14番(1-1-0-0)
  • 15~18番(未)

サウンドビバーチェの斤量別着度数

  • 54キロ(2-2-0-3)

サウンドビバーチェの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-2-0-0)

サウンドビバーチェの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~488キロ

サウンドビバーチェの血統背景

父はドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ/皐月賞、日本ダービー、ドバイシーマクラシック2着、宝塚記念2着)。

代表産駒はタイトルホルダー(菊花賞、春天)、スターズオンアース(桜花賞)、アリーヴォ(小倉大賞典)など。

母の父はJohan Cruyff(ND系デインヒル)。

Johan Cruyffはアイルランド、香港の芝中距離路線で活躍したもよう。

サウンドビバーチェの前走

22/3/5 チューリップ賞(G2)

阪神 芝1600m(外) 良

着順:4着(1.33.5・0.3差)

騎手:石橋脩(54キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くと、直線は早々に逃げ馬を捉えて先頭に立ち、坂の途中まではそのまま押し切る感じで踏ん張っていたが、残り僅かのところで後続に呑み込まれたが、ズルズルとは後退せず4着は確保。

前に行った馬にはそこそこキツい展開ではあった。

パワー、底力だけではなく、今回は持続力のあるところも示した。

2022年 チューリップ賞(G2)のラップ分析&回顧

22/5/22 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:競争除外

【レース前寸評】

距離が微妙な上、このクラスの馬の、休み明けからのぶっつけローテは好感は持てない。

【結果】

発走地点で他の馬に蹴られ放馬。疾病(顔部挫創)を発症したため競走除外。

2022年 優駿牝馬(オークス・G1)のラップ分析&回顧

22/9/10 紫苑S(G3)

中山 芝2000m(内)良

着順:2着(1.59.9・クビ差)

騎手:横山武史(54キロ)

【レース前寸評】

依然として距離に不安はある。

【結果】

8枠11番から逃げの手。

前半1000mの通過は60.8秒で、まずまずのマイペース。

4角も後続に半馬身差で直線に向き、直線もゴール前までしぶとく粘っていたが、最後の最後、クビ差交わされての2着。

距離に不安があったが、流れが緩かっただけに、まだなんとも言えない。

鞍上はコメントで「長い」と断言。

2022年 紫苑S(G3)のラップ分析&回顧