2020年3月29日【高松宮記念】終了時点までのデータをもとに、ステルヴィオの好走パターンを分析。

ステルヴィオの距離適性

ステルヴィオはこれまでに芝1200m~芝2400mまでの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(2-2-0-1)
  • 芝1800m(2-1-1-0)
  • 芝2000m(0-0-0-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

芝1200m(0-0-0-1)

2020年の「高松宮記念(G1)」で0.6差の9着。

鞍上は重馬場を敗因に挙げたが、少し忙しいか。

芝1400m(0-0-0-1)

2020年「阪急杯(G3)」で0.2差の5着。

走れない距離ではない・

芝1600m(2-2-0-1)

G1「マイルチャンピオンS」で1勝している他、2歳G1「朝日杯フューチュリティS」では2着に入っている。

適正は十分。

芝1800m(2-1-1-0)

3歳の皐月賞トライアル「スプリングS(G2)」で勝利。

古馬になってからも「毎日王冠(G2)」で2着(0.2差)、「中山記念(G2)」で3着(クビ・頭差)など安定した成績だが、

古馬重賞を僅差で勝てていない理由としては、この距離がギリギリと言う見方もできる。

芝2000m(0-0-0-2)

敗けているのは共にG1「皐月賞」(0.6差・4着)と「大阪杯」(1.5差・14着)。

芝2000mでの結果が出ていないため、芝1800mがギリギリの距離という見立てが更に有力になる。

芝2400m(0-0-0-1)

「日本ダービー(G1)」に出走して、0.4差の8着。

終いは上がり3位の脚を使ってはいるが・・・やはり、基本的には長いのだと思う。

適距離の見立て

現状では芝1600mがベストで芝1800mはギリギリの距離。

芝1400mあたりも面白いかもしれない。

ステルヴィオの脚質

スタートが遅いので、位置取りは後方になることが多い。

それでも強烈な末脚を持っているので、直線は追い込んで来るが、届かず僅差の負けが多い。

勝ち切るには、五分のスタートで中団あたりにポジションを取ることが重要になるが、スタートだけは予測不能。

ステルヴィオの持ち時計(ベストタイム)

ステルヴィオの各距離でのベストタイムは次の通り;

  • 芝1200m:1.09.3 9着(0.6差・中京)
  • 芝1400m:1.20.5 5着(0.2差・阪神)
  • 芝1600m:1.31.3 8着(0.4差・東京)
  • 芝1800m:1.44.7 2着(0.2差・東京)
  • 芝2000m:2.01.4 4着(0.6差・中山)
  • 芝2400m:2.24.0 8着(0.4差・東京)

速い時計への対応はできるが、要は位置取り。

後方からでは、高速馬場では勝負にならない。

ステルヴィオのコース適正

ステルヴィオの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 東京(1-2-0-2)
  • 中山(1-0-1-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(0-1-0-2)

コースによる得意不得意はないだろう。

ステルヴィオの重馬場適正

ステルヴィオの道悪での実績は次の通り;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(1-0-0-1)

2歳時の「コスモス賞」では、小雨の降る札幌の重馬場での差し切り勝ちがある。

重い馬場を走り切るパワーは十分に備えているとは思う。

ステルヴィオの鉄砲実績(休み明け)

ステルヴィオの中10週以上の休み明けでの成績は;

  • 中10週以上(2-2-1-1)

これは走る。

それ以降の競馬が;

  • 叩き2戦目(1-1-0-2)
  • 叩き3戦目(0-0-0-2)

なので、「休み明けは走る」と言うより、「休み明けを狙え」というべきか。

ステルヴィオの枠順適正

ステルヴィオが10番ゲートより外側に入った時の成績は;

  • (0-1-0-3)

スタートが遅いので、極端な外枠になるとどうしても位置取りが後ろからになり、それだけでレースが決してしまいかねない。

できれば内枠に入り、スタートの悪さをカバーしたい。

ステルヴィオの近走診断

19/2/24 中山記念(G2)中山芝1800m

着順:3着(クビ・頭差)騎手:丸山元気(57キロ)

マルターズアポッジーが大逃げを打つ展開の5番手を追走。

4角では外々を回って直線を向くが、前を走るウインブライトを最後まで捉えることができずに3着。

外を回るなどの距離ロスが響いた格好。

19/3/31 大阪杯(G1)阪神芝2000m

着順:14着(1.5差)騎手:丸山元気(57キロ)

外の12番ゲートから、脚を使って先団に取り付く。

終始4~5番手で競馬をすすめて直線を向くが、残り200mからはズルズルと失速してのシンガリ負け。

テンに脚を使ったとは言え、シンガリ負けは負け過ぎの感あり。

当日の馬体重-12キロも影響したのか?

19/6/2 安田記念(G1)東京芝1600m

着順:8着(0.4差)騎手:レーン(58キロ)

スタートで出遅れて後方からの競馬になる。

前がとまらない高速馬場で、後方からの競馬ではどうしようもない。

上位6頭で、後ろから差してきたのはアーモンドアイの1頭だけ。

20/3/1 阪急杯(G3)

阪神 芝1400m(内)良 18頭

着順:5着(1.20.5・0.2差)

騎手:丸山元気(57キロ)

スタート直後、行き脚がつかなかったが、押して行って道中は中団にポジションを取った。

しかし直線では窮屈になり、進路がなかなか定まらなかったのがこの差だろう。

斤量もダイアトニックと同じ57キロ。鞍上が阪神コースに不慣れと言うのも痛かった。

2020/3/29 高松宮記念(G1)

中京 芝1200m 重 18頭

着順:9着(1.09.3・0.6差)

騎手:丸山元気(57キロ)

道中は中団のイン。

直線も内を突いて伸びて来たが、残り200mあたりで失速。

鞍上は敗因に馬場を挙げているが、果たしてそうか?

ステルヴィオの次走

次走は東京競馬場 芝1400mで行われる「京王杯SC(G2)」。

1400mの距離は、2020年の「阪急杯」で0.2差の5着があるので、走れない距離ではない。

東京コースも相性が良いので、出遅れさえなければ、そこそこ走っておかしくない。