2019年7月21日【福島テレビオープン】終了時点までのデータをもとに、グレイルの好走パターンを分析していきます。

グレイルの距離適性

グレイルはこれまでに、芝1800m~芝3000mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-2)
  • 芝2000m(2-0-0-2)
  • 芝2200m(0-0-1-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

芝1800m(0-0-0-2)

これまで2度使われて着外が2回。

ただ、苦手と目される左回りのレース(後述)と、長期休み明けのレースでの結果なので、1800mの距離自体に不安があるか否かはまだ分からない。

芝2000m(2-0-0-2)

2歳重賞「京都2歳S(G3)」で勝利を収め、皐月賞でも0.6差の6着に入っている。

今現在、一番結果を残している距離なので、ベストの距離と言うことなのだろう。

芝2200m(0-0-1-0)

3歳時の「セントライト記念(G2)」での3着(0.4差)。

レース後、「まだまだ成長過程」というような趣旨のコメントもあり、それでいて3着なのだから、古馬になってからだと、まだまだ上積みは見込めそう。

芝2400m(0-0-0-1)

「日本ダービー(G1)」での14着(1.0差)。

血統的にこのくらいの距離も期待できるが、成長過程とはいえこれはちょっと敗けすぎの感がある。

芝3000m(0-0-0-1)

「菊花賞(G1)」の10着(1.3差)。

これはちょっと長そう。

適距離の見立て

現状では2000m前後が適距離ではないかと思われる。

ただ、まだまだ出走数が少ないので、2400m前後の距離も、まだ適正がないとは言いきれない。

グレイルの脚質

グレイルはスタートがあまり上手い馬ではないので、位置取りはどうしても後方からになってしまう。

後方で脚を溜めて、残り600m付近から長く良い脚を使って、直線で先団に詰め寄る競馬が理想のかたちだろう。

グレイルの持ち時計(ベストタイム)

グレイルの各距離でのベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.48.1 7着(0.7差・東京)
  • 芝2000m:2.00.7 13着(1.4差・中京)
  • 芝2200m:2.12.5 3着(0.4差・中山)
  • 芝2400m:2.24.6 14着(1.0差・東京)
  • 芝3000m:3.07.4 10着(1.3差・京都)

ベストタイムでの勝ち鞍がないどころか、ベストタイムを計時したときの勝ち馬との着差も開いている。

ということはすなわち、速い時計に対応できる可能性が低いということになるが、芝2200m(セントライト記念・G2)の2.12.5は、それほど悪い時計ではなく、着順、着差もそこそこ。

まだ出走数が少ないので、各距離、走っている回数も少ない。

セントライト記念で出した時計、着差を物差しにすると、2000m前後の距離では、まだまだ時計的な上積みは見込めると思うのだが・・・。

グレイルのコース適正

グレイルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-1-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-0-1)

目立つのは左回りコースでの着順の悪さ。

敗因としては、内外の馬場差があったり、直線で前が詰まったりと、陣営としては理由があるようだが、苦手なコースほど馬場の悪いところを走らされたり、前が詰まったりするもの。

今後の走りに注目したい。

グレイルの重馬場適正

グレイルの道悪競馬の実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 不良(1-0-0-0)

稍重で2敗しているが、これは「出遅れ」と「休み明け」が響いたようで、稍重が直接の敗因にはなっていない感じ。

ちなみにグレイルはこれまでにたびたび出遅れている。

休み明けは、10週以上の休み明けがこれまでに3回で、成績は(0-0-1-2)

グレイルの近走診断

18/10/21 菊花賞(G1)京都芝3000m

着順:10着(1.3差)騎手:岩田康誠(57キロ)

ほぼ最後方からの競馬。

脚は溜まっているはずなのに、最後の直線は全く弾けず。

これは距離が長いのだろう。

18/12/8 中日新聞杯(G3)中京芝2000m

着順:13着(1.4差)騎手:津村明秀(55キロ)

ここも出遅れるが、中団の後方あたりから。

直線は良い感じで内を突くが、完全に包まれるかたちで進路が塞がって全く追えない。

「左回りが苦手」という疑惑が付きまとっているだけに、ここは前が開いて結果を残して欲しかったが・・・。

19/7/21 福島テレビオープン(OP)福島芝1800m 稍重

着順:6着(0.9差)騎手:内田博幸(56キロ)

半年以上の休み明けで馬体も+16キロ。

今回も若干出遅れて後方から。

終始外々を回って、4角も大外を回って直線へ。

終いは伸びを見せるも6着まで。

叩き2走目は上積み期待できそう。