2021年1月17日【日経新春杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ショウリュウイクゾの好走パターンを分析。

ショウリュウイクゾの距離適性

ショウリュウイクゾはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-1-3)
  • 芝2200m(2-2-1-1)
  • 芝2400m(1-1-1-1)

2000mまでは少し忙しそうな感じ。

ベストは2200mからだろう。

ショウリュウイクゾの脚質

先団に取り付いて押し切る競馬、中団に控えて差す競馬。

どちらも好走歴はあるが、前目につけた方が良いだろう。

切れる脚ではなく、ジワジワと加速してくるタイプなので、中団からだと上り時計がかかってこないと厳しい。

SP持続型。

ショウリュウイクゾのコース適正

ショウリュウイクゾの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中京(1-1-0-1)
  • 京都(2-2-0-2)
  • 阪神(1-0-2-2)
  • 小倉(0-0-1-1)

関東圏への長距離輸送は一度もない。

おそらく何かあるのだろう。

ジワジワと加速するタイプなので、最後の直線は短いよりは長い方がベター。

  • 京都外回り(2-2-0-0)
  • 阪神外回り(1-0-1-1)

ショウリュウイクゾの持ち時計(ベストタイム)

ショウリュウイクゾの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.8 1着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.3 5着(小倉)
  • 芝2000m:1.59.4 3着(小倉)
  • 芝2200m:2.11.8 1着(中京)
  • 芝2400m:2.25.0 2着(京都)

高速決着は不向きか。

ショウリュウイクゾの重馬場適正

ショウリュウイクゾの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-1-0-0)
  • 不良(未)

かなり緩い馬場でも2着しているので、道悪は問題なさそう。

ただ、雨が降って上滑りする馬場は苦手かも。


ショウリュウイクゾの鉄砲実績(休み明け)

ショウリュウイクゾの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-2-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-3)
  • 3戦目(0-0-1-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

間隔は、3~5週の(2-1-1-2)が最も安定。

ショウリュウイクゾの枠順適正

ショウリュウイクゾの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-2-2)
  • 5~9番(1-1-1-3)
  • 10~14番(3-2-0-1)
  • 15~18番(未)

器用なタイプではなさそうなので、内に閉じ込められると厳しいのかも。

ショウリュウイクゾの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-1-2)
  • 3~5月(春):(0-1-1-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(1-2-0-2)

ショウリュウイクゾの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(1-1-1-2)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(1-1-1-2)
  • 57キロ(0-1-1-1)

ショウリュウイクゾの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~512キロ

ショウリュウイクゾの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)。

母は「チューリップ賞」など重賞3勝のショウリュウムーン

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

ショウリュウイクゾの前走

21/1/17 日経新春杯(G2・ハンデ)

中京 芝2200m 良

着順:1着(2.11.8・-0.1差)

騎手:団野大成(53キロ)

道中は3番手で、直線は馬群の外目から食らいついて行き、他がへばった残り200mで突き抜けた。

他がへばった時に頑張れるのは53キロのハンデの恩恵。

もともとSP持続系の馬。格上挑戦ながら、53キロのハンデで展開がピタリと嵌った感じ。

2021年 日経新春杯(G2)のラップ分析&回顧

ショウリュウイクゾの次走

次走は3月21日(日)、阪神競馬場、芝3000m(内)で行われる「阪神大賞典(G2)」。

3000mは初めての距離。

前につけてしぶとい馬だが、前走はハンデ53キロの恩恵が多分にあった印象。

今回は前走のG2勝利もあり、別定重量も57キロに跳ね上がった。

条件的には厳しそうだが、相手関係は強いの2頭を除いてはそれほどでもないだけに、距離さえ持てば善戦も。

 

その他、阪神大賞典(G2)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)