2020年10月25日【甲斐路S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、レッドアステルの好走パターンを分析。

レッドアステルの距離適性

レッドアステルはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-0-1)
  • 芝1800m(2-0-0-0)
  • 芝2000m(1-0-0-1)
  • 芝2200m(0-1-0-0)

2200mの2着も不利がらみだけに、どのあたりがベストなのかはまだ分からない。

レッドアステルの脚質

前目につけて押し切る競馬、控えて終いを生かす競馬。

どちらでも競馬はできる。

SP持続力、瞬発力の双方を兼ねそろえている感じ。

ただ、まだこれまでにタフな展開は経験していない。

レッドアステルのコース適正

レッドアステルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(2-0-0-0)
  • 中山(1-2-0-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

阪神での1敗は「桜花賞」(2.0差・14着)。初めての長距離輸送で馬体重を16キロ減らして(408キロ)の参戦だった。

レッドアステルの持ち時計(ベストタイム)

レッドアステルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.5 2着(中山)
  • 芝1800m:1.46.6 1着(東京)
  • 芝2000m:2.00.7 1着(東京)
  • 芝2200m:2.14.0 2着(中山)

突出した時計はないが、これまでにスピード勝負らしきレースを経験したこともない。

レッドアステルの重馬場適正

レッドアステルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

渋った馬場もそこそここなすが、「軽い馬場の方が合っている」というコメントも出ている。

レッドアステルの鉄砲実績(休み明け)

レッドアステルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

レッドアステルの枠順適正

レッドアステルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-0)
  • 5~9番(1-1-0-0)
  • 10~14番(1-1-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-2)

馬券圏内を外している2鞍がどちらも外枠。

どちらもそれなりに敗因はあるので、これはたまたまだと思う。

レッドアステルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-2-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-0)

レッドアステルの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 53キロ(1-1-0-0)
  • 54キロ(1-1-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-2)

レッドアステルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 424~450キロ

レッドアステルの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はスマートストライク(ミスプロ系)。

スマートストライクは米国、カナダで走り、ダートの8.5F(約1700m)のG1競争で勝利を挙げている。主要距離はダート1400~1800m。

全兄のレッドレオンは2020年の「日経新春杯」で2着。

レッドアステルの次走

次走は1月16日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「愛知杯(G3・ハンデ)」。

輸送が少し心配だが、そこさえクリアできれば走ってきそう。

 

その他、愛知杯(G3)の出走馬を分析