2020年11月14日【ユートピアS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、リンディーホップの好走パターンを分析。

リンディーホップの距離適性

リンディーホップはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-1-2)
  • 芝1800m(2-1-2-5)
  • 芝2000m(2-1-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

ベストは2000m。前後200mは守備範囲。

2200mは1戦して大敗しているが、距離が敗因ではないと思う。

リンディーホップの脚質

先団に取り付いて押し切る競馬。

もしくは、中団あたりから早め進出でジワジワと加速して行ってトップスピードに乗せる。

控えてスパッと切れると言うより、ジワジワと加速してトップスピードを長く持続するタイプ。

スタミナもそこそこある感じ。

リンディーホップのコース適正

リンディーホップの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 福島(0-0-1-0)
  • 新潟(1-1-0-2)
  • 東京(1-1-2-3)
  • 中山(0-0-0-3)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(未)

左右回りで分けると;

  • 右回り(1-0-1-6)
  • 左回り(3-2-2-5)

断然左回りの方が良い。

ジワジワと加速するタイプなので、直線は長い方が戦いやすい。

リンディーホップの持ち時計(ベストタイム)

リンディーホップの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.3 10着(東京)
  • 芝1800m:1.46.6 1着(東京)
  • 芝2000m:1.57.8 2着(東京)
  • 芝2200m:2.15.7 14着(中山)

2000mの時計は2勝クラスで計時。そこそこ速い。

リンディーホップの重馬場適正

リンディーホップの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(0-0-2-1)
  • 不良(未)

緩い馬場は合わないと言うコメントがしばしば聞かれる。

リンディーホップの鉄砲実績(休み明け)

リンディーホップの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

どちらかと言えば叩き良化型だろう。

リンディーホップの枠順適正

リンディーホップの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-3)
  • 5~9番(2-1-0-4)
  • 10~14番(1-1-1-0)
  • 15~18番(0-0-1-4)

リンディーホップの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(1-1-0-4)
  • 6~8月(夏):(1-1-2-3)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-1)

リンディーホップの斤量別着度数

  • 50キロ(0-0-0-1)
  • 52キロ(未)
  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-1-1-3)
  • 55キロ(3-1-1-6)

リンディーホップの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~468キロ

リンディーホップの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)

母の父はスリペカン(ロベルト系)。

スリペカンは欧州で走り、芝の短距離重賞を3勝。

リンディーホップの次走

次走は1月16日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「愛知杯(G3・ハンデ)」。

距離は丁度良い芝2000mで、コースも得意の左回りコース。

前目につければしぶといところもあり、ハンデ52キロならそこそこ走ってきてもおかしくない。

 

その他、愛知杯(G3)の出走馬を分析