ディクテイターのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ディクテイターのここまでの走り

20/8/9 2歳新馬

新潟 芝2000m 不良

着順:6着(2.07.1・1.4差)

騎手:北村友一(54キロ)

スタートやや出遅れたが二の脚で中団。

3角あたりから進出を開始して、4角では3番手で直線。

しかし直線では残り200mで失速。

早めに仕掛けた分、最後一杯になった感じ。

道悪がダメと言う負け方ではない。

20/11/8 2歳未勝利

阪神 芝2000m 良

着順:1着(2.02.1・-0.2差)

騎手:北村友一(55キロ)

6枠6番からすんなりと先団3番手。

4角も3番手で直線に向き、直線では馬群の外目からグングン伸びて、坂の上りで後続を突き放した。

530キロ近い大型馬、加速力はありそう。

ディクテイターの脚質

前目につけて、長く良い脚を使えそう。

大型馬だけに、一瞬のキレを要求される展開には不向きか。


ディクテイターの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。


ディクテイターの次走

次走は1月17日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「京成杯(G3)」。

前走の「未勝利」勝ちだけでは、まだこの馬の能力は計れない。

中山の内回りがベストとは思えないが・・・。

 

その他、京成杯(G3)の有力馬を分析