2022年9月19日【セントライト記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ショウナンマグマの好走パターンを分析。

ショウナンマグマの距離適性

ショウナンマグマはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(2-1-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-4)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

どうやら1800mまでか。

ショウナンマグマの脚質

前々からの競馬が良さそう。

3歳1勝クラス、中山芝1800mを勝ち上がったレースでは、逃げて8馬身差の圧勝。

そしてその走破時計の1.48.4は、その前週に同コースで行われた3歳重賞「スプリングS(G2)」でビーアストニッシドが逃げて勝利した走破時計とまったく同じ。

単純比較は出来ないが、この世代で、適正条件次第では重賞級の力を持っている可能性はある。

ただ、折り合いに難がある馬で、折り合いを欠くと大敗もある。

ショウナンマグマのコース適正

ショウナンマグマの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-1-0-0)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-0-2)
  • 中山(1-0-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

ショウナンマグマの持ち時計(ベストタイム)

ショウナンマグマの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.4 4着(東京)
  • 芝1800m:1.46.9 2着(福島)
  • 芝2000m:2.00.3 11着(東京)
  • 芝2200m:2.13.3 9着(中山)

速い時計はない。

ショウナンマグマの重馬場適正

ショウナンマグマの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪はまだ未知数。


ショウナンマグマの鉄砲実績(休み明け)

ショウナンマグマの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(1-1-0-1)

ショウナンマグマのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-2)
  • 中3~5週(1-0-0-1)
  • 中6~8週(0-1-0-1)

ショウナンマグマの枠順適正

ショウナンマグマの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-2)
  • 5~9番(1-1-0-2)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ショウナンマグマの斤量別着度数

  • 53キロ(0-1-0-0)
  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(1-0-0-4)

ショウナンマグマの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

ショウナンマグマの好走体重

3着以内の体重は;

  • 494~506キロ

ショウナンマグマの血統背景

父はザファクター(ND系ダンチヒ)。

ザファクターは米国、ドバイで走り、ダートとAWのG1をそれぞれ1勝。主要距離は6~7F(約1200~1400m)。

母の父はステイゴールド(サンデー系/香港ヴァーズ、春天2着、秋天2着、宝塚記念2着)。

ショウナンマグマの前走

22/7/3 ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)

福島 芝1800m 良

着順:2着(1.46.9・0.2差)

騎手:菅原明良(53キロ)

5枠7番からハナを主張。

前半1000mの通過が58.8秒。

4角も先頭で直線に向き、内からはフェーングロッテン、外からはソネットフレーズの追撃を受けるが、なかなかしぶとく先頭は譲らない。

残り100mを切ってもまだなんとか粘っていたが、ゴール前、少し甘くなったところをフェーングロッテンに半馬身交わされての2着。

道中なかなかいいペースだったが、最後は底力を見せて2着に粘った。

53キロのハンデはあるにはあったが、1800mでは崩れない。

2022年 ラジオNIKKEI賞(G3)のラップ分析&回顧

22/9/19 セントライト記念(G2)

中山 芝2200m(外)稍重

着順:9着(2.13.3・1.5差)

騎手:横山武史(56キロ)

【レース前寸評】

折り合いひとつ。折り合いさえつけば、ここでも善戦は可能。

【結果】

6枠8番から逃げの手。

4角も先頭で直線に向くが、粘りを欠いた。

どうやら距離が長いようす。

鞍上いわく千八まで。

2022年 セントライト記念(G2)のラップ分析&回顧