2022年10月23日【菊花賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、フェーングロッテンの好走パターンを分析。

フェーングロッテンの距離適性

フェーングロッテンはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-1-0)
  • 芝2000m(2-1-1-2)
  • 芝2200m(0-0-1-0)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

千八では強い競馬がある。

現状ではベストは中距離。

フェーングロッテンの脚質

前目につけて押し切る競馬。

そこそこ長く良い脚も出せるSP持続型。

負けるときは大きく負けるムラっぽさは不安材料だが、ブリンカーを着け始めて戦績は安定してきた感じ。

フェーングロッテンのコース適正

フェーングロッテンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(1-1-1-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-2)
  • 小倉(0-0-1-0)

コースの巧拙はまだなんとも言えない。

フェーングロッテンの持ち時計(ベストタイム)

フェーングロッテンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.7 1着(福島)
  • 芝2000m:1.59.3 3着(新潟)
  • 芝2200m:2.15.6 3着(中京)
  • 芝3000m:3.06.2 15着(阪神)

現状では速い時計はない。

フェーングロッテンの重馬場適正

フェーングロッテンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-1-0)
  • 不良(未)

重馬場の3着も1.5差だけに、まだなんとも言えない。


フェーングロッテンの鉄砲実績(休み明け)

フェーングロッテンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-1-0)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

フェーングロッテンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-1-0-1)
  • 中3~5週(2-0-0-1)
  • 中6~8週(1-0-1-1)

フェーングロッテンの枠順適正

フェーングロッテンの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-1-0)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(0-1-1-0)
  • 15~18番(0-0-1-1)

フェーングロッテンの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-1-0)
  • 54キロ(0-1-1-0)
  • 55キロ(2-0-0-1)
  • 56キロ(1-0-1-1)
  • 57キロ(0-0-0-1)

フェーングロッテンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(1-0-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-2-1)

フェーングロッテンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 466~486キロ

フェーングロッテンの血統背景

父はブラックタイド(サンデー系/スプリングS)。

母の父はキングヘイロー(ND系リファール/高松宮記念、皐月賞2着、マイルCS2着)。

半兄にピクシーナイト(スプリンターズS)。

近親に「クイーンカップ(G3・芝1600m)」、「キーンランドカップ(G3・芝1200m)」、「福島記念(G3・芝1800m)」を勝ったウキヨノカゼ

フェーングロッテンの近走

22/7/3 ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)

福島 芝1800m 良

着順:1着(1.46.7・-0.2差)

騎手:松若風馬(55キロ)

序盤は中団6番手の最内。

向正面で順位を上げて、3角は先団4番手の内、4角は3番手の内で直線。

直線も馬場の最内から追い上げて行き、残り200mでは逃げ粘るショウナンマグマに並びかけようとするが、ショウナンマグマもなかなか抜かせない。

しかしゴール前、ショウナンマグマが少し甘くなったところを半馬身交わしてゴール。

レース中盤そこそこ流れていたが、そこから順位を押し上げて行っての差し切り勝ち。

長く良い脚、SP持続力は本物。

2022年 ラジオNIKKEI賞(G3)のラップ分析&回顧

22/9/4 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:3着(1.59.3・0.4差)

騎手:松若風馬(53キロ)

【レース前寸評】

二千の距離に一抹の不安。しかし3歳馬なので、ハンデの恩恵があるならしのぎ切れるかも。

【結果】

道中は先団3番手。

4角も3番手で直線に向くと、直線は進路を外目に取って追い上げに入り、途中で後続に呑み込まれそうになりながらもゴール前再度盛り返して3着を確保。

緩い流れの先団にいて、斤量も53キロなら、まだ力の有り無しはこのレースだけでは判断し辛い。

ただ、二千の距離が問題ないのだけは分かった。

2022年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

22/10/23 菊花賞(G1)

阪神 芝3000m(内)良

着順:15着(3.06.2・15差)

騎手:松若風馬(57キロ)

【レース前寸評】

ブリンカーを着けてからは堅実な走りを続けている。

能力はそこそこ高そうだが、距離に関しては未知数。

【結果】

外枠16番から、道中は中団馬群9番手の外。

4角は9番手の大外で直線に向くが、直線入口ではすでに一杯。

外枠から道中終始外目を回った。

距離も向いていないのだろう。

2022年 菊花賞(G1)のラップ分析&回顧