2022年7月10日【七夕賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エヴァーガーデンの好走パターンを分析。

エヴァーガーデンの距離適性

エヴァーガーデンはこれまでに芝1600m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(0-3-1-2)
  • 芝2000m(3-1-0-6)
  • 芝2200m(1-1-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-2)

2000mがベスト。

上下200mは守備範囲。

エヴァーガーデンの脚質

先行して粘り込む競馬。

レースの上りが36秒台に差しかかったあたりからの粘り腰。

多少の前傾ラップでも、上りさえかかってくれれば粘り込むだけの底力、スタミナはある。

言い方を変えれば、上りがかかってナンボの馬。

上りの脚はないので、先行できないときは脆い。

エヴァーガーデンのコース適正

エヴァーガーデンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-1-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(1-1-0-2)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(3-2-0-6)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(0-1-1-1)

上り時計のかかりやすい中山コースとは相性がいい。

エヴァーガーデンの持ち時計(ベストタイム)

エヴァーガーデンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.36.1 7着(中山)
  • 芝1800m:1.48.1 11着(福島)
  • 芝2000m:1.58.6 4着(福島)
  • 芝2200m:2.13.1 2着(中山)
  • 芝2500m:2.38.2 9着(中山)

高速決着は不向きだろう。

エヴァーガーデンの重馬場適正

エヴァーガーデンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(3-1-0-3)
  • 重(未)
  • 不良(未)

上りさえかかってくれれば、道悪は苦にしないだろう。


エヴァーガーデンの鉄砲実績(休み明け)

エヴァーガーデンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-3)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(0-0-1-1)
  • 5戦目~(2-0-0-2)

エヴァーガーデンのローテーション適正

  • 連闘(0-0-1-0)
  • 中1~2週(1-0-0-4)
  • 中3~5週(2-3-0-4)
  • 中6~8週(0-1-0-0)

エヴァーガーデンの枠順適正

エヴァーガーデンの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-3)
  • 5~9番(2-3-1-5)
  • 10~14番(1-0-0-3)
  • 15~18番(0-0-0-1)

脚質からして、内枠が欲しいところ。

エヴァーガーデンの頭数別着度数

エヴァーガーデンの走りに出走頭数の多い少いは影響しているか?

  • 8頭以下(0-2-0-0)
  • 9~13頭(3-3-1-4)
  • 14頭以上(1-0-0-8)

気になるデータだが、多頭数でも先行できれば問題ないだろう。

エヴァーガーデンの斤量別着度数

  • 51キロ(1-0-0-0)
  • 52キロ(0-1-0-4)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(1-4-1-2)
  • 55キロ(2-0-0-4)

エヴァーガーデンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-1-5)
  • 3~5月(春):(3-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-3)
  • 9~11月(秋):(0-2-0-1)

エヴァーガーデンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 452~484キロ

エヴァーガーデンの血統背景

父はアイルハヴアナザー(ミスプロ系フォーティーナイナー)。

アイルハヴアナザーは米国で走り、ケンタッキーダービーなどダートG1を3勝。主要距離はダートの中距離。

母の父はゴールドヘイロー(サンデー系)。

ゴールドヘイローは現役時には目立った成績は挙げていないが、種牡馬としては、トウケイヘイロー(札幌記念など重賞4勝)を輩出。産駒の多くは地方競馬で活躍するダート馬。

七夕賞(G3)結果

(レース前寸評)

馬場が渋って、時計、上りともにかかってきた場合には、残ってくる可能性はある。

【結果】

0.8差の4着。

しっかり先行できて粘り込みを計ったが、走破時計、レースの上りともに少し速かったことが誤算かも。

しかし内容は悪くはない。

2022年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧