2022年9月4日【新潟記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エヒトの好走パターンを分析。

エヒトの距離適性

エヒトはこれまでに芝1800m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(2-0-1-5)
  • 芝2200m(1-1-1-4)
  • 芝2400m(0-1-0-2)
  • 芝2600m(1-0-0-1)

中距離。

それより長目の距離も、まだ可能性がないわけではない。

エヒトの脚質

中団前目あたりからの差し。

終いの脚はさほど切れる方ではないので、位置取りが後ろになると厳しい競馬を強いられる。

道中の流れも、切れ味を求められるスローの流れより、そこそこ流れてくれた方が戦いやすい。

レースの上りはかかった方がいいタイプ。

これら以外にも、ちょっと気分屋的なムラっぽさもあるで、走りどきを読むのが難しい一面も。

エヒトのコース適正

エヒトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(0-0-1-1)
  • 東京(0-1-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-1-0-4)
  • 京都(1-0-0-2)
  • 阪神(2-0-1-4)
  • 小倉(1-0-0-0)

タイプ的には、小回り、内回り向きではないか?

エヒトの持ち時計(ベストタイム)

エヒトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.6 1着(京都)
  • 芝2000m:1.57.8 1着(福島)
  • 芝2200m:2.11.3 1着(阪神)
  • 芝2400m:2.24.3 2着(東京)
  • 芝2600m:2.36.3 4着(阪神)

2000mは当時の「七夕賞」レコード。

エヒトの重馬場適正

エヒトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

どちらの敗戦も0.4差での負け。

道悪がからっきしダメということではなさそう。


エヒトの鉄砲実績(休み明け)

エヒトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-3)
  • 3戦目(1-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-2)
  • 5戦目~(1-2-0-2)

エヒトのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-1-2)
  • 中3~5週(2-2-0-6)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

エヒトの枠順適正

エヒトの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-5)
  • 5~9番(2-1-1-4)
  • 10~14番(0-0-0-4)
  • 15~18番(1-0-0-0)

位置取りは前目で流れに乗りたいタイプだけに、枠順も内目がいいはず。

エヒトの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-2)
  • 55キロ(0-1-0-1)
  • 56キロ(2-1-1-7)
  • 57キロ(2-0-1-3)

エヒトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-0-4)
  • 3~5月(春):(2-1-1-3)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-5)

エヒトの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~462キロ

エヒトの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

エヒトの近走

22/7/10 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:1着(1.57.8・-0.4差)

騎手:田中勝春(54キロ)

大外枠から、道中は中団の前目、6番手の外を追走。

3~4角から上がって行って、4角は3番手の外で直線。

直線に向いてもその脚色は鈍ることなく、後続に2馬身半の差をつけて快勝。

展開は完全にこの馬向き。

終始外目を回ったが、長い距離も走れる同馬には影響はなかった。

ハンデの54キロもうまく作用した感じの勝利。

田中勝春騎手の3年ぶりの重賞勝利もお見事。

2022年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

22/9/4 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:14着(2.00.2・1.3差)

騎手:田中勝春(57キロ)

【レース前寸評】

6週目のAコース、荒れた馬場なら切れ負けの心配はないが、やはり斤量がポイント。

【結果】

道中は中団10番手を追走。

4角9番手で直線に向くが、直線では弾けず。

キレを求められる展開は不向き。

斤量の57キロも伸びあぐねた要因の一つだろうが、鞍上のコメントを見ると、ムラっぽいところのありそうな馬。

走りどきを読むのが難しい。

2022年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

次走、チャレンジカップ(G3)に向けて

次走は、12月3日(土)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「チャレンジカップ(G3)」。

持続戦、消耗戦で浮上、瞬発戦では苦戦、が基本。

ムラ馬なので、あとは当日の気分次第。