2022年8月28日【キーンランドC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シゲルピンクルビーの好走パターンを分析。

シゲルピンクルビーの距離適性

シゲルピンクルビーはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-0-0-6)
  • 芝1400m(2-0-0-1)
  • 芝1600m(0-0-0-2)

「阪神JF」での直線の失速を見るに、距離は1400mまでではないか?

シゲルピンクルビーの脚質

この馬は、終いのキレで鳴らした姉のシゲルピンクダイヤとは違い、前目で押し切るSP持続型だろう。

しかし、スローのキレ味勝負、速い上り時計では後手を踏むと思っていたが、22年5月の「鞍馬S」では先団3番手から上り33.2秒で押し切った。走破時計は1.07.1。

OP特別で相手関係が手薄だったとはいえ、こんな競馬ができるのか?といった感じ。

この勝ち方が、次にもつながって行くのかと思っていたが、ことはそう簡単ではない。

ムラ馬、気分屋の範疇。

シゲルピンクルビーのコース適正

シゲルピンクルビーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-2)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(2-0-0-4)
  • 小倉(0-0-0-1)

シゲルピンクルビーの持ち時計(ベストタイム)

シゲルピンクルビーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.1 1着(中京)
  • 芝1400m:1.20.7 1着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.5 16着(阪神)

高速決着も、走るときは走る。

シゲルピンクルビーの重馬場適正

シゲルピンクルビーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪自体苦にはしないだろうが、あとは気分次第。


シゲルピンクルビーの鉄砲実績(休み明け)

シゲルピンクルビーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

シゲルピンクルビーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(0-0-0-3)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

シゲルピンクルビーの枠順適正

シゲルピンクルビーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(1-0-0-3)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-2)

前々で勝負したい馬なので、枠順も内枠がいいはず。

シゲルピンクルビーの斤量別着度数

  • 50キロ(0-0-0-1)
  • 52キロ(0-0-0-2)
  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(2-0-0-3)
  • 55キロ(1-0-0-1)

シゲルピンクルビーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(2-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-4)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

シゲルピンクルビーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 464~480キロ

シゲルピンクルビーの血統背景

父は安田記念、秋天 他、G1・6勝のモーリス(ロベルト系)。

母の父はハイシャパラル(ND系サドラーズウェルズ)。

ハイシャパラルは欧州、米国で走り、芝のG1を6勝。主戦場は芝の8F~12F(約1600~2400m)。

半姉にチューリップ賞2着、桜花賞2着、秋華賞3着のシゲルピンクダイヤ

シゲルピンクルビーの近走

20/12/13 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:17着(1.34.7・1.6差)

騎手:幸英明(54キロ)

5枠10番から、道中は先団4~8番手。

4角も4番手で直線に向くが、坂下からはまったく伸びを欠いた。

距離か?

2020年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧

21/3/14 フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m(内)良

着順:1着(1.20.7・-0.1差)

騎手:和田竜二(54キロ)

3枠5番から、道中は中団の前、6~7番手の内目。

4角も7番手の内で直線に向く。

直線では入り口で、馬群の外目に開いたスペースに進路を取ると、そこから鋭い伸び脚。

先に抜け出していたヨカヨカをゴール前クビさ捉えてゴール。

進路が開いたからの反応が良かった。

距離的にもこれくらいが良いのかも。

2021年 フィリーズレビュー(G2)のラップ分析&回顧

21/4/11 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:16着(1.33.5・2.4差)

騎手:和田竜二(55キロ)

外枠15番から、序盤はに取り付いて行ったが、3~4角では早くも手応えが怪しくなる。

4角は6番手の外で直線に向くが、直線ではもう脚は残っていなかった感じ。

外枠スタートは不利ではあったが、基本的に千六は長いのだろう。

2021年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

21/6/13 函館スプリントS(G3)

札幌 芝1200m 良

着順:9着(1.08.1・0.5差)

騎手:泉谷楓馬(50キロ)

道中は後方13番手からの追走になった。

4角も後方13番手で直線に向くと、直線は馬場の内目を突いて進出を計るが、途中で前が詰まって手綱を引く場面もあり、伸びきれずの9着。

位置取りが後方になったのは、ジョッキーの手腕もあるが、初めての千二の距離で、馬がテンの速さに戸惑った面もあったのではないか?

力負けと言うよりも、まだまだこれからの馬だろう。

2021年 函館スプリントS(G3)のラップ分析&回顧

21/8/22 北九州記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 稍重

着順:4着(1.08.4・0.2差)

騎手:和田竜二(52キロ)

道中は中団の前、6~7番手。

4角も6番手で直線に向いて、馬場の4分どころを追い上げてくるが、脚色はさらに外から追い込んだ2頭に劣った。

この馬向きの展開にはなったが、特殊な馬場で、直線外に出せていれば、着順もあと一つくらいは上に行けたかもしれない。

2021年 北九州記念(G3)のラップ分析&回顧

21/9/12 セントウルS(G2)

中京 芝1200m 良

着順:11着(1.08.0・0.8差)

騎手:和田竜二(52キロ)

大外17番から出遅れもあり、道中は中団の後ろ、10番手を追走。

4角も10番手で直線に向いたが、直線では見せ場なし。

千二の自己ベストを更新しながらも11着。

位置取りも悪く、この勝ち時計では、この馬は手も足もでない。

2021年 セントウルS(G2)のラップ分析&回顧

21/11/28 京阪杯(G3)

阪神 芝1200m(内)良

着順:5着(1.09.1・0.3差)

騎手:高倉稜(53キロ)

外枠13番から道中は先団3番手追走。

3角も3番手の外で直線に向き、直線は坂下では先頭を窺う勢いだったが、坂を上って、ゴール前あと少しのところでやや甘くなって0.3差の5着まで。

外差し馬場もあったが、上りがもう少しかかってくれれば粘り切れたか。

2021年 京阪杯(G3)のラップ分析&回顧

22/2/19 京都牝馬S(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:4着(1.20.1・0.4差)

騎手:和田竜二(55キロ)

道中は中団の前、5番手を追走。

4角は4番手で直線に向き、直線は馬群の外目に進路を取って追い上げに入るが、前との差は詰まらないまま。

レースの上りが33.9秒なので、速い上りに対応しきれなかった感じ。

2022年 京都牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

22/5/8 鞍馬S

中京 芝1200m 良

着順:1着(1.07.1・-0.2差)

騎手:和田竜二(55キロ)

外枠13番からスタート良く先団に取りついて、道中は3番手追走。

4角も3番手で直線に向き、直線は坂の上りで先頭を捉えると、残り200mからは食い下がるアスタールビーを振り切って抜け出すと、後続に1馬身半差をつけて快勝。

レースの上りは33.5秒。

今までこの馬が対応してこれなかった上り時計で快勝。

この強い勝ち方が、次にもつながって行くのか否か?

次走に注目。

22/6/12 函館スプリントS(G3)

函館 芝1200m 良

着順:10着(1.07.8・0.6差)

騎手:和田竜二(54キロ)

【レース前寸評】

前走のような強い競馬がここでも出来るのかどうか?

全幅の信頼は置きにくいが・・・。

【結果】

道中は3番手追走。

4角も3番手で直線。

直線では止まってはいないものの伸びても来ない。

前に行った組にはきつい展開だっただけに、これは致し方ないかもしれないが、同じく牝馬で同斤量のレイハリアが道中2番手から4着に粘っているだけに、物足りなさはある。

2022年 函館スプリントS(G3)のラップ分析&回顧

22/8/28 キーンランドC(G3)

札幌 芝1200m 良

着順:8着(1.09.8・0.7差)

騎手:和田竜二(54キロ)

【レース前寸評】

信頼度は低いが、前に行ける馬だけに、展開次第では食い込みもある。

【結果】

道中は中団馬群の中、6番手を追走。

4角は7番手で直線に向くが、直線では伸びを欠いて8着まで。

気分屋だけに、敗因は藪の中だが、洋芝はよくないのかもしれない。

2022年 キーンランドカップ(G3)のラップ分析&回顧