2021年3月14日【フィリーズレビュー】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヨカヨカの好走パターンを分析。

ヨカヨカの距離適性

ヨカヨカはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(3-0-0-0)
  • 芝1400m(0-1-0-1)
  • 芝1600m(0-0-0-1)

ベストは1200mだが、1600mもG1で大きく負けているわけではない。

展開さえ向けば、1400m、1600mでも走ってきそう。

ヨカヨカの脚質

逃げ、先行脚質。

前目にポジションを取って押し切る競馬。

締まった流れでもしぶとく脚を伸ばしてくる。

上り時計はそこそこかかってくれた方が戦いやすいだろう。

ヨカヨカのコース適正

ヨカヨカの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-1-0-2)
  • 小倉(2-0-0-0)

ヨカヨカの持ち時計(ベストタイム)

ヨカヨカの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.9 1着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.5 5着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.5 5着(阪神)

ヨカヨカの重馬場適正

ヨカヨカの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだまだデータ不足。

ヨカヨカの鉄砲実績(休み明け)

ヨカヨカの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ヨカヨカのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-0)
  • 中3~5週(0-0-0-1)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

ヨカヨカの枠順適正

ヨカヨカの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-1)
  • 5~9番(0-1-0-1)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(未)

枠は当然内目の枠が良いだろう。

ここまでは枠順にも恵まれていた感じ。

ヨカヨカの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

ヨカヨカの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-2)
  • 57キロ(1-0-0-0)

「ひまわり賞」では、九州産馬限定とは言え、57キロを背負って勝ち切った。着差も3馬身半開けた。

パワーはありそう。

ヨカヨカの好走体重

3着以内の体重は;

  • 446~458キロ


ヨカヨカの血統背景

父はスクワートルスクワート(ミスプロ系)。

スクワートルスクワートは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの短距離、7F(約1400m)まで。

母の父はデインヒルダンサー(ND系デインヒル)。

デインヒルダンサーは欧州で走り、2歳時に芝のG1を2勝。距離は芝の6~7F(約1200~1400m)。

近親にファインモーション(秋華賞、エリザベス女王杯)。

遠い親戚にタムロチェリー(小倉2歳S、阪神JF)、ロックドゥカンブ(ラジオNIKKEI賞、セントライト記念)。

ヨカヨカの前走

21/3/14 フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m(内)良

着順:2着(1.20.8・0.1差)

騎手:幸英明(54キロ)

道中は先団4~5番手。

4角も4番手で直線に向き、直線は坂の上りで先頭に立つが、ゴール前クビ差交わされて2着。

昨年の5着に入った、同じく阪神芝1400mの「ファンタジーS」くらいは走っている。

「ファンタジーS」のレースの上りは34.8秒、そして今回は35.5秒。

心肺能力は良いものを持ってそうだが、キレでは劣る。

2021年 フィリーズレビュー(G2)のラップ分析&回顧

ヨカヨカの見立て

前目にポジションを取ってしぶとい競馬が信条。

上り時計のかかるタフな展開が得意。

これまで馬券圏内に入った4鞍のレースの上り時計はすべて35秒台。

一方で、馬券圏内を外した2鞍は、いずれも上り時計が34秒台。

終いに切れ味を求められると苦戦。

牝系はそこそこしっかりしているので、1600mがまったくダメと言うわけではないだろう。

展開次第では食い込んで来る可能性はある。

ヨカヨカの次走

次走は4月11日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「桜花賞(G1)」。

距離が持ったとして、上り時計がそこそこかかってくれたなら、上位食い込みのチャンスはある。

 

その他、桜花賞(G1)の出走馬を分析