2021年8月22日【北九州記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヨカヨカの好走パターンを分析。

ヨカヨカの距離適性

ヨカヨカはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-1-0-1)
  • 芝1400m(0-1-0-1)
  • 芝1600m(0-0-0-2)

ベストは1200mで間違いない。

ヨカヨカの脚質

逃げ、先行脚質。

前目にポジションを取って押し切る競馬。

締まった流れでもしぶとく脚を伸ばしてくる。

上り時計はそこそこかかってくれた方が戦いやすい。

ヨカヨカのコース適正

ヨカヨカの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(0-1-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-1-0-3)
  • 小倉(3-0-0-1)

小倉で2勝しているが、いずれも2歳戦でレースの上りは35秒以上かかっている。

ヨカヨカの持ち時計(ベストタイム)

ヨカヨカの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.06.4 5着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.5 5着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.5 5着(阪神)

速い時計にはそこそこ対応できそうだが、上りが極端に速くなってくるようだと苦戦。

ヨカヨカの重馬場適正

ヨカヨカの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだデータ不足。


ヨカヨカの鉄砲実績(休み明け)

ヨカヨカの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-0)

ヨカヨカのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-0)
  • 中3~5週(0-0-0-3)
  • 中6~8週(2-1-0-0)

ヨカヨカの枠順適正

ヨカヨカの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-0-1)
  • 5~9番(0-1-0-2)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(1-0-0-0)

枠は当然内目の枠が良いだろう。

ヨカヨカの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-2-0-1)
  • 6~8月(夏):(4-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

さすがは九州産馬、夏には強い。

ヨカヨカの斤量別着度数

  • 51キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(2-1-0-2)
  • 55キロ(0-1-0-1)
  • 57キロ(1-0-0-0)

「ひまわり賞」では、九州産馬限定とは言え、57キロを背負って勝ち切った。着差も3馬身半開けた。

パワーはありそう。


ヨカヨカの好走体重

3着以内の体重は;

  • 446~458キロ

ヨカヨカの血統背景

父はスクワートルスクワート(ミスプロ系)。

スクワートルスクワートは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの短距離、7F(約1400m)まで。

母の父はデインヒルダンサー(ND系デインヒル)。

デインヒルダンサーは欧州で走り、2歳時に芝のG1を2勝。距離は芝の6~7F(約1200~1400m)。

近親にファインモーション(秋華賞、エリザベス女王杯)。

遠い親戚にタムロチェリー(小倉2歳S、阪神JF)、ロックドゥカンブ(ラジオNIKKEI賞、セントライト記念)。

ヨカヨカの近走

21/3/14 フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m(内)良

着順:2着(1.20.8・0.1差)

騎手:幸英明(54キロ)

道中は先団4~5番手。

4角も4番手で直線に向き、直線は坂の上りで先頭に立つが、ゴール前クビ差交わされて2着。

昨年の5着に入った、同じく阪神芝1400mの「ファンタジーS」くらいは走っている。

「ファンタジーS」のレースの上りは34.8秒、そして今回は35.5秒。

上りがかかってくるとしぶとい。

2021年 フィリーズレビュー(G2)のラップ分析&回顧

21/4/11 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:17着(1.34.0・2.9差)

騎手:幸英明(55キロ)

6枠12番から道中は3~4番手。

4角も3番手の外で直線に向くが、直線入口ではすでに手応えが怪しくなり、ほどなくして失速。

外枠からの距離ロスもあるが、基本的に千六は長い。

2021年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

21/5/29 葵S(3歳・重賞)

中京 芝1200m 良

着順:2着(1.08.1・ハナ差)

騎手:幸英明(55キロ)

スタート出遅れて位置取りがいつもより後ろ、中団10番手あたり。

4角は7番手まで順位を上げるが馬群の中。

直線も馬群に包まれてなかなか進路が定まらなかったが、残り200mで外目に進路を取ると、そこから一気の追い上げを見せたが、前を行く人気薄のレイハリアにはハナ差届かずの2着。

出遅れ、馬群の中、斤量55キロ。

これらの不利を考えると勝ちに等しい内容。

スタートさえ修正できれば、千二なら強そう。

21/7/4 CBC賞(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 良

着順:5着(1.06.4・0.4差)

騎手:和田竜二(51キロ)

道中は中団前の5番手あたり。

4角は順位を上げて3番手で直線に向くが、直線は失速こそしていないが、明らかに切れ負け。

この馬にしてみれば時計が速すぎた。

2021年 CBC賞(G3)のラップ分析&回顧

21/8/22 北九州記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 稍重

着順:1着(1.08.2・-0.2差)

騎手:幸英明(51キロ)

外枠17番から道中は3番手。

道中は馬場の悪い内目を避けて、外目を通るポジショニング。

4角も3番手ながら内を大きく開けて回ってくると、直線も馬場のかなり外側から追い上げてきて、内ラチ沿いを走って逃げるモズスーパーフレアをゴール前で捉えきってゴール。

先行力に加えて道悪の上手さ、そして51キロの斤量がうまくかみ合った勝利。

2021年 北九州記念(G3)のラップ分析&回顧

引退

左第1指節種子骨々折で競走能力を喪失し、引退。

今後は繁殖入りする予定とのこと。



 

関連記事(一部広告を含む)