2021年1月31日【節分S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、テルツェットの好走パターンを分析。

テルツェットの距離適性

テルツェットはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-0-0-0)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-0-1-0)

距離は現状ではマイル前後か?

テルツェットの脚質

中団あたりで脚を溜めて、終いを生かしてくる競馬。

終いの脚は強烈。

テルツェットのコース適正

テルツェットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(2-0-0-0)
  • 中山(1-0-1-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

まだ底を見せていないだけに、コースの巧拙は分からない。

テルツェットの持ち時計(ベストタイム)

テルツェットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.3 1着(東京)
  • 芝1800m:1.50.9 1着(中山)
  • 芝2000m:2.02.9 3着(中山)

時計的にはまだ特筆すべきものはない。

テルツェットの重馬場適正

テルツェットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだデータ不足。


テルツェットの鉄砲実績(休み明け)

テルツェットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

テルツェットの枠順適正

テルツェットの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-0)
  • 5~9番(1-0-1-0)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

テルツェットの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

テルツェットの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(2-0-1-0)

テルツェットの好走体重

3着以内の体重は;

  • 416~428キロ


テルツェットの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はデインヒルダンサー(ND系ダンチヒ)。

デインヒルダンサーは欧州で走り、2歳時に芝のG1を2勝。距離は芝の6~7F(約1200~1400m)。

母方5代前のPasadoble(パサドブル)から Miesque(ミエスク)のラインは欧州の名牝系。

キングカメハメハの父・キングマンボの母がミエスク。

日本でもリアルスティール(ドバイターフ、共同通信杯、毎日王冠)、ラヴズオンリーユー(オークス、京都記念)がこのファミリー。

テルツェットの評価

距離を1600mに変えて、1勝クラスから3連勝でオープン入り。

終いの脚は強烈だが、時計的にはさほどのものはまだない。

オープンクラスのタフな展開に揉まれてどうか?

テルツェットの次走

次走は4月3日(土)、中山競馬場 芝1600mで行われる「ダービー卿チャレンジT(G3・ハンデ)」。

いきなりはどうかとも思うが、ハンデの53キロは魅力。

末脚が生かせるような展開になれば。

 

その他、ダービー卿CT(G3)の出走馬を分析