2022年7月31日【クイーンS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、テルツェットの好走パターンを分析。

テルツェットの距離適性

テルツェットはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(4-0-0-2)
  • 芝1800m(3-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-1-0)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

1600~1800mは安定。

それ以上は少し長そう。

テルツェットの脚質

中団、後方あたりで脚を溜めて、終いを生かしてくる競馬。

ただ、スタートが遅い馬なので、位置取りは自然と後ろよりになる。

なので、オープンクラスで上りが速くなると、2021年の「ヴィクトリアマイル」のように勝負にならないケースも出て来る。

終いの脚はそこそこ良いものを持ってはいるが、どちらかと言えば小回り、内回り向きの末脚ではないか?

上りはかかった方がベター。

テルツェットのコース適正

テルツェットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(2-0-0-2)
  • 中山(2-0-1-1)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

関西圏への長距離輸送は一度だけ、「エリザベス女王杯」(0.9差の11着)。調教後よりも9キロ馬体を減らしていた。

テルツェットの持ち時計(ベストタイム)

テルツェットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.4 14着(東京)
  • 芝1800m:1.47.0 5着(中山)
  • 芝2000m:2.02.9 3着(中山)
  • 芝2200m:2.13.0 11着(阪神)

時計が速くなると、この馬の脚質では物理的に届かない。


テルツェットの重馬場適正

テルツェットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだデータ不足だが、タフな馬場となった2021年の「クイーンC」では勝利しており、力のある馬場はこなしてきそう。

テルツェットの鉄砲実績(休み明け)

テルツェットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(4-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

テルツェットの枠順適正

テルツェットの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-0)
  • 5~9番(3-0-1-3)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

テルツェットの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-1-3)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

テルツェットの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 53キロ(2-0-0-0)
  • 54キロ(2-0-1-0)
  • 55キロ(1-0-0-2)
  • 56キロ(1-0-0-1)
  • 56.5キロ(0-0-0-1)

テルツェットの好走体重

3着以内の体重は;

  • 416~436キロ

馬体は大きくない。

テルツェットの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はデインヒルダンサー(ND系ダンチヒ)。

デインヒルダンサーは欧州で走り、2歳時に芝のG1を2勝。距離は芝の6~7F(約1200~1400m)。

母方5代前のPasadoble(パサドブル)から Miesque(ミエスク)のラインは欧州の名門牝系。

キングカメハメハの父であるキングマンボの母がミエスク。

日本でもリアルスティール(ドバイターフ、共同通信杯、毎日王冠)、ラヴズオンリーユー(オークス、京都記念、BCF&Mターフ)がこのファミリー。

テルツェットの近走

21/4/3 ダービー卿CT(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.32.6・-0.2差)

騎手:M・デムーロ(53キロ)

道中は中団から少し離れた11番手、中団の後ろあたりにポジションを取り、残り800mを過ぎたあたりから馬群の外目を徐々に進出して行った。

4角は8番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目を上りメンバー3位の脚で追い込んでゴール。

前半がタフな前傾ラップ、この馬の末脚がしっかりと生かせる展開となった。

展開に恵まれた感は否めない。

2021年 ダービー卿CT(G3)のラップ分析&回顧

21/5/16 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良

着順:14着(1.32.4・1.4差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

道中は後方14番手。

4角も後方14番手の内で直線。

直線は内ラチ沿いをスルスルと伸びてきて、坂の上りでは先頭集団を捉えるかの勢いだったが、坂を上りきったあたりで脚色が怪しくなった。

まあ、この馬としては力は出し切っていると思う。

前走はあくまでもハンデ戦、定量戦での今の実力はこんなものなのだろう。

2021年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

21/8/1 クイーンC(G3)

函館 芝1800m 良

着順:1着(1.47.8・-0.1差)

騎手:ルメール(55キロ)

この日もスタートイマイチで、道中は後方で脚を溜めた。

4角も11番手の外で直線に向いたが、直線は馬群の中からグイグイと追い上げて、ゴール前先に抜け出していたマジックキャッスルをクビ差捉えてゴール。

明らかに展開が向いた感じ。

また、こう言う馬場も得意なのだろう。

2021年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧

21/11/14 エリザベス女王杯(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:11着(2.13.0・0.9差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

道中は後方11番手の内。

終始最内から競馬をすすめ、3角手前から動いて行って、3角は中団8番手の内まで押し上げて、4角は9番手の内で直線。

直線は馬場の内目から追い上げに入り、坂下あたりまでは先団に食らいついてはいたが、坂の上りで失速かげん。

終始内々で競馬をすすめるあたり、やはり距離に不安があったのではないか?

2021年 エリザベス女王杯(G1)のラップ分析&回顧

22/3/12 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 良

着順:5着(1.47.0・0.2差)

騎手:田辺裕信(56.5キロ)

道中は最後方近くの15番手の外。

4角は最後方から大外を回して直線。

直線も馬群の大外から脚を伸ばすが、最後はルビーカサブランカをハナ差交わすのが精一杯。

よく追い上げてはいるが、小柄な馬だけに、トップハンデの56.5キロは効いていたかも。

2022年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

22/5/15 ヴィクトリアM(G1)

東京 芝1600m 良

着順:13着(1.33.0・0.8差)

騎手:レーン(55キロ)

大外18番から出遅れて道中は最後方からの競馬。

4角は18番手の大外から直線に向いて末脚に賭けるが、この位置からでは、メンバー最速32.9秒の脚でも届かない。

まあ、この馬の競馬と言えばこの馬の競馬。

2022年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

22/7/31 クイーンS(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:1着(1.47.8・ハナ差)

騎手:池添謙一(56キロ)

【レース前寸評】

まあ、届くか届かないかだろう。

【結果】

1枠1番から、道中は6~7番手の最内。

4角も7番手の最内で直線に向くと、直線は馬場の最内、1頭分開いたスペースからしっかりと伸びてゴール。

久々にスタート五分、1角で他馬と接触する不利もあったが、前半はユルユルのペースだったので大けがには至らなかった。

こうなると道中最内の最短コースから、最後の直線も最内にしっかりとスペースができるという幸運。

格下馬のサトノセシルにハナ差迫られるのが余計なぐらいのレース内容だが、しっかり届いた。

2022年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧