2022年9月4日【新潟記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、カラテの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

カラテの距離適性

カラテはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(5-1-1-6)
  • 芝1800m(0-1-0-5)
  • 芝2000m(2-0-0-8)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

ベストは1600mだが、近走では2000mの距離もこなしてきた。

カラテの脚質

比較的前目のポジションから、最後の直線を押し切る競馬。

または、中団に控えて直線で差し切る競馬。

どちらもOPクラスで好走歴はあるが、そんなに切れる脚はないと思うので、G1クラスで持ち味を生かすなら、前々からの競馬がいいと思う。

スピード持続型。

カラテのコース適正

カラテの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-0-2)
  • 新潟(1-1-0-2)
  • 東京(2-0-1-7)
  • 中山(3-1-0-4)
  • 中京(0-0-0-4)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(1-0-0-1)

中京、福島コースでの敗戦は、まだ本格化する前、未勝利、1勝クラスでのこと。

基本的にどのコースもそつなくこなすが、いいのは内回り、小回りコースではないか。

カラテの持ち時計(ベストタイム)

カラテの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.2 5着(中山)
  • 芝1800m:1.46.8 2着(中山)
  • 芝2000m:1.58.9 1着(新潟)
  • 芝2200m:2.15.5 7着(名古屋)

1600mの時計は開幕週の中山コースで切れ負けした感じ。

開幕週の速めの馬場ではちょっと後手を踏む印象。


カラテの重馬場適正

カラテの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-4)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(1-0-0-0)

馬券圏内を外しているレースは他に敗因がある。

基本的に道悪は得意、走る。

カラテの鉄砲実績(休み明け)

カラテの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-3)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-2)
  • 5戦目~(2-0-0-3)

カラテの枠順適正

カラテの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-6)
  • 5~9番(4-0-1-7)
  • 10~14番(2-2-0-6)
  • 15~18番(1-0-0-1)

カラテの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(5-1-1-4)
  • 3~5月(春):(0-0-0-7)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-4)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-5)

カラテの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-0-0-3)
  • 55キロ(0-0-0-3)
  • 56キロ(2-2-0-6)
  • 57キロ(2-0-1-5)
  • 57.5キロ(1-0-0-0)
  • 58キロ(1-0-0-2)

カラテの好走体重

3着以内の体重は;

  • 490~536キロ

カラテの血統背景

父は「日経賞」他、重賞5勝のトゥザグローリー(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。

フレンチデピュティは米国で走り、ダートの6~8F(約1200~1600m)で活躍。引退後は日本で多くのG1馬を輩出した。

母方のロイヤルサツシユから続くラインはいわゆる名牝系。

近親にはサッカーボーイ(マイルCS,阪神3歳S)、ステイゴールド(香港ヴァーズ)、ショウナンパンドラ(秋華賞、ジャパンカップ)、ドリームパスポート(きさらぎ賞、神戸新聞杯)、バランスオブゲーム(毎日王冠、中山記念、オールカマー、他)など多士済々。

カラテの近走

21/2/7 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.32.4・アタマ差)

騎手:菅原明良(56キロ)

道中は先団4~5番手。

4角は4番手で直線に向くと、直線では坂の途中で前が塞がりながらも、進路を変えてからも鋭い伸び脚。

速い東京の馬場ではイマイチだろうとノーマークの馬だったが、このペース、この時計でも勝ってきたところを見ると、1600mには相当の適性がありそう。

未勝利で7戦、1勝クラスで9戦を要した遅咲きの馬、今後の走りに注目したい。

2021年 東京新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

21/6/6 安田記念(G1)

東京 芝1600m 良

着順:13着(1.33.0・1.3差)

騎手:菅原明良(58キロ)

3枠4番からスタートするが、行き脚が悪く、いつものようなポジションは取れず。

道中後方で脚を溜めて、4角は12番手の内で直線に向くが、直線ではサッパリ。

2勝クラスから3連勝でG1に挑んだが、敢え無く跳ね返された格好。

爪の不安で順調さを欠き、在厩調整でなんとか格好はつけたが、中身が伴っていなかったのだろう。

体調万全でも、この速い時計に対応できたかどうかは分からないが、今回の走りは参考外で良いだろう。

2021年 安田記念(G1)のラップ分析&回顧

21/8/15 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m(外)良

着順:2着(1.32.9・0.2差)

騎手:菅原明良(56キロ)

道中は中団の外。

4角も7番手の外で直線に向くと、直線は馬群の外目からしっかりと追い込んで2着を確保。

ソングラインを見ながらのレースになったので、位置取りが少し後ろになったか?

切れる馬ではないので、あの位置からなら2着が精一杯と言うところだろう。

2021年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧

21/9/12 京成杯OH(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:5着(1.32.2・0.2差)

騎手:菅原明良(57キロ)

道中は中団8番手の外。

4角は7番手の大外で直線に向くと、直線は馬群の外から追い上げを見せるが、末脚比べでやや引けを取って0.2差の5着。

開幕週の野芝100%の速い馬場ではやや劣勢か?

2021年 京成杯オータムH(G3)のラップ分析&回顧

22/1/8 ニューイヤーS(L)

中山 芝1600m 稍重

着順:1着(1.33.4・クビ差)

騎手:菅原明良(58キロ)

道中は中団のやや後ろ、10番手の外。

4角も10番手の外を回して直線。

直線は馬群の外目から追い上げに入り、坂下ではまだ先頭とは5~6馬身は離されていたが、坂の上りでその差を一気に縮めてきて、ゴール前は計ったように先頭を差し切ってゴール。

最後の1Fが12.5秒を要したことにより、この馬の末脚でも届いたのだろう。

こういう競馬が重賞でも通用するかどうかは少し疑問。

やはり、前々から競馬を進めた方がいいと思うが。

22/2/6 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良

着順:3着(1.32.7・0.4差)

騎手:菅原明良(57キロ)

スタートで少し接触があったためか、道中は中団の後ろ10番手を追走。

4角は11番手で直線に向いて、直線は馬群の中ほどから追い上げにかかるが、3着までが精一杯。

やはりこの馬、キレ味勝負になると後手を踏む。

2022年 東京新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

22/2/27 中山記念(G2)

中山 芝1800m 良

着順:2着(1.46.8・0.4差)

騎手:菅原明良(56キロ)

道中は中団の後ろ、10番手あたりを追走。

4角は9番手で直線に向き、直線は馬群の外目から懸命に逃げるパンサラッサを追うが、ゴール前でアドマイヤハダルを交わすのが精一杯。

この馬の位置取りでも道中はそこそこ脚を使わされている。

その証拠に上り時計はメンバー最速だが36.0秒を要している。

しかしまあ、今回だけは勝った馬が強かったということ。

けれどこの馬にしてみれば、久々の1800mでも結果を残せたのは良かったのではないか。

2022年 中山記念(G2)のラップ分析&回顧

22/4/24 マイラーズC(G2)

阪神 芝1600m(外)稍重

着順:7着(1.34.1・0.8差)

騎手:菅原明良(56キロ)

道中は中団7番手の外。

4角は6番手の外で直線に向くが、直線では伸びを欠いて7着まで。

レース後鞍上のコメントによると落鉄があったとのこと。

にしても、ちょっと内容的に物足りない。

2022年 読売マイラーズカップ(G2)のラップ分析&回顧

22/8/5 安田記念(G1)

東京 芝1600m 良

着順:16着(1.33.2・0.9差)

騎手:菅原明良(58キロ)

【レース前寸評】

昨年も大敗しているように、東京1600mはちょっと適性が向かないと思う。

馬自体も、年初からの使い詰めで疲れてはいないか?

【結果】

道中は中団のやや後ろ、10番手の内を追走。

4角も10番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げを計るが、まったく伸びを欠いての16着。

栗東からの長距離輸送で、なおかつ馬体重が+10キロ。

調整過程に問題はなかったか?

2022年 安田記念(G1)のラップ分析&回顧

22/9/4 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:1着(1.58.9・-0.3差)

騎手:菅原明良(57.5キロ)

【レース前寸評】

2000mの距離と、トップハンデの57.5キロがやはり不安。

【結果】

道中は中団馬群の真ん中、7番手を追走。

4角も7番手で直線に向くと、直線は馬場の三分どころから追い上げに入り、徐々に位置取りを外へと動かしつつ、残り400mあたりで早くも先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

二千の距離と、トップハンデを不安視したが、いとも簡単に跳ね除けた。

メンバーレベル的に、これで中距離も前途洋々、というわけにはいかないが、この先、レースの選択肢は広がる勝利。

2022年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧