セラフィナイトのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

セラフィナイトのここまでの走り

20/10/10 2歳新馬

東京 芝1600m 不良

着順:7着(1.40.7・0.5差)

騎手:丸山元気(55キロ)

道中は中団。

直線に入っても失速はしないが格別の伸びもない。

「馬場が敗因」とは鞍上の談話。

ただ、大きく負けているわけではないので、道悪がダメと判断するのは早計。

20/11/23 2歳未勝利

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.34.5・-0.2差)

騎手:丸山元気(55キロ)

道中は中団。

ペースはこのクラスとしてはまずまずの流れ。

4角も中団10番手で直線に向き、直線では馬群の中から抜け出して来て、先に抜け出していたアップストリームとの追い比べを制してゴール。

自身の上りは33.7秒。

道中のペースを考えるとそこそこの末脚。

【期待される能力】

  • 瞬発力
  • 勝負根性

セラフィナイトの脚質

末脚はなかなか切れそうなので、中団あたりに控えて終いを伸ばす競馬が合ってそう。

セラフィナイトの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はディープインパクト(サンデー系)。

セラフィナイトの次走

次走は1月10日(日)、中京競馬場 芝1600mで行われる「シンザン記念(G3)」。

末脚が弾ければ勝負になる。

 

その他、シンザン記念(G3)の出走馬を分析