2021年9月12日【セントウルS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ピクシーナイトの好走パターンを分析。

ピクシーナイトの距離適性

ピクシーナイトはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-2-0-0)
  • 芝1400m(1-0-1-0)
  • 芝1600m(1-0-0-2)

どのあたりがベストなのかはまだ不明。

ピクシーナイトの脚質

前からでも控えても好走歴はある。

そこそこのスピード持続力もあり、終いのキレもまずまず。

大きく負けたのは、序盤大外からハイラップで逃げた「NHKマイルC」だけ。

「CBC賞」では1.06.0の大レコードに0.1差の2着。

まだまだ伸びしろはありそうな馬。

ピクシーナイトのコース適正

ピクシーナイトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(2-1-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-1-1)
  • 小倉(0-1-0-0)

ピクシーナイトの持ち時計(ベストタイム)

ピクシーナイトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.06.1 2着(小倉)
  • 芝1400m:1.21.7 3着(阪神)
  • 芝1600m:1.32.9 12着(東京)

千二の時計は速い。

ピクシーナイトの重馬場適正

ピクシーナイトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場の「アーリントンC」で0.4差の4着。

ただしこのレースは休み明けでもあり、道悪が苦手か否かはまだ分からない。


ピクシーナイトの鉄砲実績(休み明け)

ピクシーナイトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ピクシーナイトのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(1-1-1-0)

ピクシーナイトの枠順適正

ピクシーナイトの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-1-0)
  • 5~9番(1-0-0-1)
  • 10~14番(1-1-0-0)
  • 15~18番(0-1-0-1)

ピクシーナイトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-0)

ピクシーナイトの斤量別着度数

  • 53キロ(0-1-0-0)
  • 54キロ(1-1-0-0)
  • 55キロ(0-0-1-0)
  • 56キロ(1-0-0-1)
  • 57キロ(0-0-0-1)

ピクシーナイトの好走体重

3着以内の体重は;

  • 528~538キロ

かなりの大型馬。

ピクシーナイトの血統背景

父はモーリス(ロベルト系/安田記念、マイルCS、香港マイル、チャンピオンズマイル、天皇賞(秋)、香港カップ)。)。

母の父はキングヘイロー(ND系リファール/高松宮記念、皐月賞2着、マイルCS2着 他)。

近親に「クイーンカップ(G3・芝1600m)」、「キーンランドカップ(G3・芝1200m)」、「福島記念(G3・芝1800m)」を勝ったウキヨノカゼ

ピクシーナイトのここまでの走り

20/9/26 2歳新馬

中京 芝1400m 良

着順:1着(1.23.4・-0.1差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は中団の外。

4角5番手の外を回して直線に向き、直線は馬群の外目をジワジワと追い上げて、坂を上ったあたりで先頭を捉え、あとは押し切ってゴール。

この時期で528キロの大型馬。

時計は平凡だったが、太めが残った状態での勝ち上がり。

素質はありそう。

20/11/23 秋明菊賞(2歳1勝C)

阪神 芝1400m(内)良

着順:3着(1.21.7・0.4差)

騎手:福永祐一(55キロ)

大きく出遅れて2馬身ほどの不利。

しかし二の脚ですぐさま一団となった馬群に追いついて、4角では先頭を射程圏の捉えるくらいにまで接近。

直線では内から伸びて先頭を追うが、その差は詰まらず3着まで。

出遅れがすべてだが、ハイペースの流れの中で、この馬自身終始脚を使っていて、最終的に0.4差なら、出遅れがなければ・・・と言うレース。

21/1/10 シンザン記念(G3)

中京 芝1600m 良

着順:1着(1.33.3・-0.2差)

騎手:福永祐一(56キロ)

前走の出遅れから一転して、確固たる逃げ馬がいない中、7枠12番からハナを切った。

ペースも、溜めて逃げるかたちは取らず、そこそこ流して行ったこともこの馬には良かった。

2021年 シンザン記念(G3)のラップ分析&回顧

21/4/17 アーリントンC(G3)

阪神 芝1600m(外)重

着順:4着(1.34.6・0.4差)

騎手:福永祐一(56キロ)

6枠12番から、前走同様「逃げ」に出る。

4角もまずまずの手応えで先頭で直線。

直線は坂下でホウオウアマゾンに捉えられはしたが、その後は踏ん張って2着は死守するように思えたが、坂を上りきってから少し甘くなって2頭に差された。

3か月ぶりの競馬、道悪も良くないか?

2021年 アーリントンカップ(G3)のラップ分析&回顧

21/5/9 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:12着(1.32.9・1.3差)

騎手:福永祐一(57キロ)

大外18番からハナを切るが、道中のペースは少し速め。

4角も先頭で直線に向いて、直線も坂を上りきるあたりまでは何とか粘っていたが、そこからはズルズルと後退。

大外枠からハナへ、そしてペースも上がって、この馬にとっては自ら苦しい展開を作ってしまった。

2021年 NHKマイルカップ(G1)のラップ分析&回顧

21/7/4 CBC賞(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 良

着順:2着(1.06.1・0.1差)

騎手:福永祐一(53キロ)

道中は中団7番手あたり。

4角も中団6番手の内で直線に向くと、直線は内ラチ沿いをグングンと追い上げて、逃げるファストフォースに半馬身まで迫った。

千六からの距離短縮で、いきなりのこの高速決着に対応してくるあたり、この馬、かなりのスプリント適性がありそう。

2021年 CBC賞(G3)のラップ分析&回顧

21/9/12 セントウルS(G2)

中京 芝1200m 良

着順:2着(1.07.2・クビ差)

騎手:福永祐一(54キロ)

外枠15番から、道中は中団の前、6番手の外。

4角も6番手で直線に向くと、直線は馬群の外目から強烈な追い上げを見せるが、クビ差届かずの2着。

前走は大レコードに0.1差の2着。

今走はG1馬レシステンシアにクビ差まで迫った。

まだまだ3歳、伸び代は大いにありそう。

2021年 セントウルS(G2)のラップ分析&回顧

次走、スプリンターズS(G1)に向けて

次走は10月3日(日)、中山競馬場 芝1200mで行われる「スプリンターズS(G1)」。

千二に距離を短縮してからは安定した成績で内容も良い。

ここでも斤量差を生かして激走する可能性は大いにある。

 

⇒その他、2021・スプリンターズS(G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)