カスティーリャのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

カスティーリャのここまでの走り

20/6/7 2歳新馬

阪神 芝1400m(内)良

着順:3着(1.22.4・0.4差)

騎手:西村淳也(54キロ)

道中は中団の内。

4角も7番手の内から直線。

直線も馬群の内目を伸びてくるが0.4差の3着まで。

緩い流れで前有利の展開。

一頭だけ中団から差し込んだ脚は評価できる。

20/6/27 2歳未勝利

阪神 芝1400m(内)

着順:2着(1.21.8・0.1差)

騎手:松山弘平(54キロ)

テンの脚はイマイチだが、加速をつけて上がって行って道中は先団。

4角3番手で直線に向くが、逃げるゴールドチャリスとは3~4馬身の差。

しかしそこからジワジワ追い上げて0.1差まで迫ったところがゴール。

そこそこ締まった流れの中で、長く良い脚を使っている。

テンでもう少しポジションを取れると面白い。

20/9/19 2歳未勝利

中京 芝1600m 良

着順:2着(1.33.7・0.6差)

騎手:松山弘平(54キロ)

スタートひと息で道中は中団。

4角手前でムチを入れ、マクリ気味に上がって行って4角は先団に取りついて直線。

直線では早々に先頭を射程圏に捉えるが、坂を上り切ったあと、レッドベルオーブに突きはなされた。

勝ったレッドベルオーブの走破時計は2歳レコード。

しかしカスティーリャも3着馬には3馬身半離しており、走破時計は優秀。

今走もハイペースの中、長く良い脚を使っている。

【期待される能力】

  • SP持続力

20/10/11 2歳未勝利

京都 芝1600m(内)稍重

着順:1着(1.36.4・-0.2差)

騎手:松山弘平(55キロ)

1枠1番からスタートはまずまずで道中は先団。

少しかかる素振りを見せながらも、なんとか収めて4角4番手で直線。

直線は残り200mで先頭に立ち、そこから後続を突き放してゴール。

稍重馬場のせいか、ペースは近2走と比べればだいぶと緩かった。

すんなり先団につけることができれば、この展開なら楽勝と言った感じ。


カスティーリャの脚質

キレッキレの脚はないが、長く良い脚を使うことができ、スタミナもそこそこありそう。

スタートさえ無難にこなせば、前々にポジションを取って、相手なりに堅実に走ってきそうなタイプ。



カスティーリャの血統背景

父はモーリス(ロベルト系)。

母の父はトライバルルール(ND系ストームキャット)。

トライバルルールの現役時代の詳細は良く分からないが、目立った成績は挙げていない様子。

しかし、ストームキャット系と言うこともあり、種牡馬としてはG1馬も排出している。

カスティーリャの次走

次走は1月10日(日)、中京競馬場 芝1600mで行われる「シンザン記念(G3)」。

内枠に入って、しっかり前目につけることができれば、そこそこやれて良い。

 

その他、シンザン記念(G3)の出走馬を分析