レゾンドゥスリールのキャリアはまだ1戦だけなので、近走のみを振り返る。

レゾンドゥスリールのここまでの走り

20/11/21 2歳新馬

阪神 芝1600m(外)良

着順:1着(1.35.5・-0.2差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中ペースが極端に緩んで、一旦はハナに立つ場面もあったが、その後は流れに乗って、道中はおおむね3番手あたり。

4角も3番手で直線に向き、直線は馬群の外目から追い出して、坂下で先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

今開催は一貫して速い芝の阪神競馬場。時計的には目を瞠るものはない。

スローの流れではあったが、自身の上りは33.4秒。

新馬戦としてはまずまずのパフォーマンス。

【期待される能力】

  • 瞬発力

レゾンドゥスリールの脚質

いずれにしても終いを生かす競馬になるだろうが、新馬戦のスタートはいま一つだった。



レゾンドゥスリールの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母は2012年の「阪神JF(G1)」、2014年の「キーンランドカップ(G3)」を制したローブティサージュ

母の父はウォーエンブレム(ミスプロ系)。

ウォーエンブレムは米国で走り、「ケンタッキーダービー」他、ダートG1を3勝。主要距離はダートの中距離。種牡馬としてはローブティサージュの他、「秋華賞」のブラックエンブレム、「チューリップ賞」エアパスカルなど。

いわゆる良血馬。

レゾンドゥスリールの次走

次走は1月10日(日)、中京競馬場 芝1600mで行われる「シンザン記念(G3)」。

シンザン記念は過去10年、「新馬戦」からの出走馬は(1-2-1-11)と、そこそこ馬券にはなっている。

1戦1勝馬だが、良血だけに、期待は集まりそう。
 

その他、シンザン記念(G3)の出走馬を分析