ルークズネストのキャリアはまだ5戦だけなので、近走のみを振り返る。

ルークズネストのここまでの走り

20/9/21 2歳新馬

中京 芝1600m 良

着順:2着(1.34.9・0.5差)

騎手:幸英明(54キロ)

大きく出遅れて5馬身くらいの不利。

序盤は最後方から追走していたが、残り800mあたりからスーッと上がって行って、4角では中団8番手あたりまで進出。

直線は馬群の外目から伸びてきて、先頭を走るナムラメーテルに3馬身差の2着まで詰め寄った。

新馬戦としてはペースもそこそこ流れて、上りも止まっているわけではない。

それを5馬身の出遅れからここまで盛り返してくるには、かなりの長く良い脚を使っていた証拠。

スタート五分なら興味深い一頭になる。

【期待される能力】

  • SP持続力

20/10/18 2歳未勝利

京都 芝1800m(外)重

着順:5着(1.50.6・1.0差)

騎手:幸英明(55キロ)

またしても出遅れるが、今回は軽傷。

二の脚で先団に取り付いて道中は3番手の外。

4角も3番手で大外を回して直線。

直線は馬群の外目を追い出してくるが、良い脚は使えずに5着まで。

考えられる敗因は、外枠から終始外目を回った距離ロス。

あるいは道悪馬場が合わなかったか?

20/11/15 2歳未勝利

阪神 芝1600m(外)

着順:1着(1.33.6・-0.1差)

騎手:幸英明(55キロ)

今回は五分のスタートで先団に取り付いて道中は3番手。

4角は抜群の手応えでほぼ先頭に並びかける。

直線は馬群の外目から伸びてきて、坂で後続を突き放し、食い下がるリッケンバッカーの追撃も振り切ってゴール。

新馬戦よりも緩い流れを、終い34.0秒でまとめて快勝。

スタート五分ならかなりやれそう。

21/1/10 シンザン記念(G3)

中京 芝1600m 良

着順:2着(1.33.5・0.2差)

騎手:幸英明(56キロ)

スタートは出遅れてはいないもののあまり良いスタートではなく、序盤は中団の後ろあたり。

序盤は少し行きたがっていたが、なだめてから、徐々に順位を上げて行って4角は7番手の外。

直線は馬群の外目からジワジワと追い上げたが0.2差の2着まで。

4角は外を回って、あまり伸びない外目から追い込んだ脚は評価できる。

スタートがもう少し速ければ、際どい勝負になったかも。

2021年 シンザン記念(G3)のラップ分析&回顧

21/3/20 ファルコンS(G3)

中京 芝1400m 良

着順:1着(1.20.1・頭)

騎手:幸英明(56キロ)

1枠1番から、スタート五分でハナを切る。

終始外からグレナディアガーズのプレッシャーを受けていたせいか、道中のラップはかなり締まった。

4角も先頭で直線に向き、直線は坂を上りきってグレナディアガーズに馬体を併されて追い比べ。

ゴール前、グレナディアガーズにわずかに交わされたかに見えたが、再度差し返してアタマ差の勝利。

スピード持続力に加えて、苦しいラスト1Fのゴール前でも抜かせない勝負根性もなかなかのもの。

2021年 ファルコンS(G3)のラップ分析&回顧


ルークズネストの脚質

出遅れさえなければ、テンのスピードもそこそこある。

前目の位置に取り付いて、そのまま押し切る競馬が理想だろう。

ペースに関わらず長く良い脚を出せるSP持続型。


ルークズネストの血統背景

父はモーリス(ロベルト系/安田記念、マイルCS、香港マイル、チャンピオンズマイル、天皇賞(秋)、香港カップ)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬3冠、宝塚記念、有馬記念、天皇賞(春)、ジャパンカップ)。

次走、NHKマイルC (G1)に向けて

次走は5月9日(日)、東京競馬場 芝1600mで行われる「NHKマイルC(G1)」。

前走は2歳チャンピョンに土をつけたが、斤量は1キロ軽かった。

今回は前に行きたい馬が多いだけに、戦略も見もの。

 

その他、NHKマイルカップ(G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)