ファインルージュのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ファインルージュのここまでの走り

20/8/23 2歳新馬

新潟 芝1200m(内)良

着順:2着(1.11.7・クビ差)

騎手:北村宏司(54キロ)

道中は先団の4~5番手。

4角もその位置で直線。

直線は一旦先頭に離されかけるが、ジワジワと追い詰めてクビ差の2着。

少し時計のかかる馬場状態。ラスト1Fが12.4秒かかったことで詰め寄れた。

時計は平凡。

20/10/24 2歳未勝利

東京 芝1400m 稍重

着順:1着(1.23.3・-0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は先団5番手あたり。

4角も5番手で直線に向き、直線は内を突いて追い上げて、残り200mで先頭を射程圏に収めると、そこから先頭を一気に抜き去ってゴール。

好位抜け出しの強い競馬。

時計は稍重なので、まあこんなもの。

ファインルージュの脚質

先団4~5番手から、直線で抜け出す好位差し。

ここ2走は馬場も緩く、そのキレ味がどれほどのものかはまだ未知数だが、パワーはありそう。

ファインルージュの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト)。

母の父はボストンハーバー(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

ボストンハーバーは米国で走り、ダートのG1「ブリーダーズカップジュヴェナイル(8.5F)」で勝利を挙げている。

ファインルージュの次走

次走は1月11日(月)、中山競馬場 芝1600mで行われる「フェアリーS(G3)」。

このレースは、前走が「未勝利戦」でも(2-2-3-25)とそこそこ馬券になっている。しかしその距離は1600mで(2-0-1-11)なのに対して、1400mは(0-0-1-5)。

前走1400mの「未勝利戦」はやや不利と言うデータ。

 

その他、フェアリーS(G3)の有力馬を分析