2021年5月23日【優駿牝馬】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、クールキャットの好走パターンを分析。

クールキャットの距離適性

クールキャットはこれまでに芝1400m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

「オークス」の走りを見ると、距離は2000mまでか?

クールキャットの脚質

前からでも後ろからでも好走歴はあるが、キレる脚はなさそうなので、前々で押し切る競馬が合ってそう。

また現状では、好走しているのはいずれも道中は緩い流れ。

タフな展開になってどうか?

クールキャットのコース適正

クールキャットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(2-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

中山の敗戦はコース云々の問題ではない。

クールキャットの持ち時計(ベストタイム)

クールキャットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.23.4 1着(東京)
  • 芝1600m:1.35.5 5着(東京)
  • 芝1800m:1.49.5 5着(中山)
  • 芝2000m:1.59.4 1着(東京)
  • 芝2400m:2.26.2 14着(東京)

速い時計の決着となるとどうだろう?

クールキャットの重馬場適正

クールキャットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪はこなしてきそうな血統背景だが、まだ分からない。


クールキャットの鉄砲実績(休み明け)

クールキャットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

クールキャットのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-0-1)
  • 中6~8週(未)

クールキャットの枠順適正

クールキャットの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-1)
  • 5~9番(1-0-0-3)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(1-0-0-0)

クールキャットの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

クールキャットの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-3)
  • 55キロ(0-0-0-1)

クールキャットの好走体重

3着以内の体重は;

  • 504~506キロ

クールキャットの血統背景

父はスクリーンヒーロー(ロベルト系/ジャパンカップ、秋天2着)。

母の父はダンスインザダーク(サンデー系/菊花賞、日本ダービー2着)。

半兄にトリオンフ(小倉大賞典、小倉記念、中山金杯)。

クールキャットのここまでの走り

20/6/20 2歳新馬

東京 芝1400m 稍重

着順:1着(1.23.4・-0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は中団。

4角も中団7番手で直線に向き、直線は馬場の内目から残り400mで先頭に並びかけ、坂を上って残り200mではすでに後続を突き放して余裕のゴール。

稍重馬場ながら、前半は2歳OPクラス並のラップを刻んでいた。

しかしその分上りはかかったが、スタミナ、持久力の片りんを見せた。

20/10/31 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:5着(1.35.5・0.6差)

騎手:津村明秀(54キロ)

道中は中団。

4角も中団7番手で直線。

直線は馬群の中ほどから追い込んでくるが、伸びはイマイチ。

スローのキレ味勝負ではこんなものかも。

21/1/11 フェアリーS(G3)

中山 芝1600m 良

着順:10着(1.35.5・1.1差)

騎手:津村明秀(54キロ)

スタート直後は後方にいたが、スローの流れを嫌ってハナへ。

しかし直線では坂の上りで一杯。

この馬の脚質からして、スローの流れを嫌ったのは良かったが、ペース配分の緩急が少し雑に思えた。

2021年 フェアリーS(G3)のラップ分析&回顧

21/3/20 フラワーC(G3)

中山 芝1800m 良

着順:5着(1.49.5・0.3差)

騎手:横山典弘(54キロ)

スタート少し出遅れて、道中の位置取りは中団の後ろあたり。

4角は馬9頭分くらいの大外を回して直線。

直線も馬群の大外を追い込んでくるが0.3差の5着まで。

終いの脚はメンバー最速の脚で追い込んではいるが、この馬の脚だとここが精一杯。

ある程度のポジションが取れれば強そうなのだが。

2021年 フラワーカップG(G3)のラップ分析&回顧

21/4/25 フローラS(G2)

東京 芝2000m 良

着順:1着(1.59.4・-0.2差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中4番手、4角も4番手で直線に向き、直線は上り3位、33.4秒の脚で押し切った。

緩い流れだっただけに、今回はポジションを取れたのが良かった。

前目にポジションさえ取れれば、この流れなら押し切れるだけの力はある。

2021年 フローラS(G2)のラップ分析&回顧

21/5/23 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:14着(2.26.2・1.7差)

騎手:武豊(55キロ)

5枠9番からハナへ。

前半1000m通過が59.9秒で、まずまずの逃げ。

4角も先頭で直線に向き、直線入口では後続に2馬身ほどの差をつけて逃げ込みを計るが、坂の途中残り300mあたりでククナに交わされると、あとはズルズルと後退。

このペースの逃げでこの着差と言うことは、「逃げてこそ」の馬でもないので、単純に距離が長いと考えるのが妥当?

2021年 優駿牝馬(オークス・G1)のラップ分析&回顧

次走、ローズS(G2)に向けて

次走は9月19日(日)、中京競馬場 芝2000mで行われる「ローズS(G2)」。

距離、コースは問題ないだろうが、あとはペース次第。

印象としては、あまりアテにはできない馬。

 

⇒その他、2021・ローズS(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)