クールキャットのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

クールキャットのここまでの走り

20/6/20 2歳新馬

東京 芝1400m 稍重

着順:1着(1.23.4・-0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は中団。

4角も中団7番手で直線に向き、直線は馬場の内目から残り400mで先頭に並びかけ、坂を上って残り200mではすでに後続を突き放して余裕のゴール。

稍重馬場ながら、前半は2歳OPクラス並のラップを刻んでいた。

しかしその分上りはかかったが、スタミナ、持久力の片りんを見せた。

【期待される能力】

  • スタミナ
  • SP持続力

20/10/31 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:5着(1.35.5・0.6差)

騎手:津村明秀(54キロ)

道中は中団。

4角も中団7番手で直線。

直線は馬群の中ほどから追い込んでくるが、伸びはイマイチ。

スローのキレ味勝負ではこんなものかも。

21/1/11 フェアリーS(G3)

中山 芝1600m 良

着順:10着(1.35.5・1.1差)

騎手:津村明秀(54キロ)

スタート直後は後方にいたが、スローの流れを嫌ってハナへ。

しかし直線では坂の上りで一杯。

この馬の脚質からして、スローの流れを嫌ったのは正解だろう。

しかし、ペース配分の緩急が少し雑に思えた。

2021年 フェアリーS(G3)のラップ分析&回顧

21/3/20 フラワーC(G3)

中山 芝1800m 良

着順:5着(1.49.5・0.3差)

騎手:横山典弘(54キロ)

スタート少し出遅れて、道中の位置取りは中団の後ろあたり。

4角は馬9頭分くらいの大外を回して直線。

直線も馬群の大外を追い込んでくるが0.3差の5着まで。

終いの脚はメンバー最速の35.0秒で追い込んではいる。

スタートが課題だが、ある程度のポジションが取れれば強そうなのだが。

2021年 フラワーカップG(G3)のラップ分析&回顧


クールキャットの脚質

締まった流れの持久戦で浮上してくるのではないか。

新馬戦は能力で勝ったとして、父や母父を見ても、距離は中距離以上では?


クールキャットの血統背景

父はスクリーンヒーロー(ロベルト系)。

母の父はダンスインザダーク(サンデー系)。

半兄にトリオンフ(小倉大賞典、小倉記念、中山金杯)。

クールキャットの次走

次走は4月25日(土)、東京競馬場、芝2000mで行われる「フローラS(G2)」。

スタートが鍵。

 

2021年 フローラS(G2)のラップ分析&回顧

 



関連記事(一部広告を含む)