2020年3月15日【金鯱賞】終了時点までのデータをもとに、サトノソルタスの好走パターンを分析。

サトノソルタスの距離適性

サトノソルタスはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-0-0)
  • 芝2000m(1-1-1-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

1800~2000mは問題なさそう。

2400mにしても大外枠からの0.6差の6着なので、まだ1走だけで適性を判断することはできない。

サトノソルタスの脚質

中団からの差し切りが現状では勝ちパターン。

長い直線を一杯に使って加速するタイプ。

サトノソルタスのコース適正

サトノソルタスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(2-1-1-1)
  • 中京(0-1-0-2)

現状では右回りは未経験。

ここまでまだ一度も試していないのは、何か問題があるのだろうか?

内回り、小回りも未経験。

脚質的に一瞬のキレには不安があるようなので、内回り、小回りでどう立ち回るかは注目。

サトノソルタスの持ち時計(ベストタイム)

サトノソルタスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.5 2着(1.0差・東京)
  • 芝2000m:1.59.0 1着(0.4差・東京)
  • 芝2400m:2.25.0 6着(0.4差・東京)

2000mの1.59.0は、3勝クラスとしてはそこそこの時計。

キャリアはまだ6走なので、これからの上積みに期待。

サトノソルタスの重馬場適正

サトノソルタスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 不良(1-0-1-0)

道悪はそこそこ走りそう。

サトノソルタスの鉄砲実績(休み明け)

サトノソルタスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-1-1)

問題なさそうなデータ。

サトノソルタスの近走診断

19/6/15 ジューンS(3勝クラス)

東京 芝2000m 不良 10頭立て

着順:3着(0.5差)騎手:津村明秀(57キロ)

約1年2ヵ月ぶりの休み明け。

4枠4番からフワッと出て中団の後ろから。

道中は内ピッタリに進路を取り、直線も他馬より内目をロスなく追い上げた。

勝ったジナンボーには0.5差離されたので、まだ「道悪巧者」とまでは言えないが、長期休み明けを考えれば上出来。道悪でもしっかり走る適正は示した。

スタミナの要る不良馬場ではロスのない競馬が最優先。

津村騎手の騎乗も良かった。

19/7/13 マレーシアカップ(3勝クラス)

中京 芝2000m 稍重 10頭立て

着順:7着(0.7差)騎手:M・デムーロ(57キロ)

5枠5番からのスタートで、中団のやや後ろからの競馬。

道中は3~4角中団から仕掛けて行って、直線では馬場の外目を追い上げる。

しかし直線ではいつもの脚が影をひそめて見せ場はなし。

前走とは一転、今回は道中や4角で外目を回るかなりの距離ロスがあった様子。

陣営は「長距離輸送」を敗因に挙げているが、確かに当日の馬体重は-8キロ。

実際はどうか?

19/11/2 ノベンバーS(3勝クラス)ハンデ戦

東京 芝2000m 8頭立て

着順:1着(クビ差)騎手:スミヨン(55キロ)

2枠2番からポジションは中団につける。

道中内ラチぴったりで4角も内を回って直線へ。

直線は追って追って残り200m付近で抜け出して、追いすがるレッドラフェスタをクビ差交わしてゴール前。

上り時計は33.2秒。

スミヨン騎手は、トップスピードに入るまで時間がかかったとコメント。

一瞬のキレには課題があるのかもしれない。

19/12/7 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良 16頭

着順:5着(1.59.6・0.4差)

騎手:秋山真一郎(54キロ)

五分のスタートで中団の前あたりを追走。

4角は5番手で直線に入るが、直線入口で包まれ気味で前が開かない。

追い出しをかなり待たされる感じで、まともに追えたのは残り200mを過ぎてから。

これではこの馬は加速できない。

まともなら際どかったか?

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良 12頭

着順:2着(2.01.9・0.3差)

騎手:藤岡康太(56キロ)

道中のラップに13秒台が2回もある超スローペース。

結果は瞬発力の権化サートゥルナーリアが快勝したが、サトノソルタスは道中3番手につけて直線もそのまま押し切った。

超スローの前残りで、あまり評価できるレースではない。

サトノソルタス次走

次走は阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「大阪杯(G1)」。

課題は初めての関西圏への長距離輸送、そして初めての右回り。

この二つをクリアしたとしても、阪神の内回りが向いているようには見えないが。