2019年12月7日【中日新聞杯】終了時点までのデータをもとに、カヴァルの好走パターンを分析。(※ダート競争は除く)

カヴァルの距離適性

カヴァルはこれまでに芝1800m~芝2400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-0-2)
  • 芝2000m(2-2-0-4)
  • 芝2400m(1-0-0-0)

芝2000mあたりで良績を上げているが、好走しているレースは全てかなりのスローペース。ペースが上がると対応できていない。

逆に、いきなりの距離延長をすんなり勝った2400mは強い競馬。時計も500万条件としては優秀だった。

まだキャリアが浅く判別し辛いが、2000mよりも2400m前後に適性があるような予感はする。

カヴァルの脚質

中団、または後方で脚を溜めて終いを生かす競馬がメイン。

スローペースで脚を溜めると、届きそうもないところからでも飛んでくる。

カヴァルのコース適正

カヴァルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-1-0-1)
  • 東京(2-2-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-2)

中山の1鞍を除いて全て左回りコース。

右回りは芝とダートでそれぞれ1鞍ずつ走っているが、芝は1.6差の13着。ダートは1.3差の5着。

おそらく右回りはからっきしダメなんだろう。

カヴァルの持ち時計(ベストタイム)

カヴァルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.3 1着(クビ差・新潟)
  • 芝2000m:1.58.4 11着(0.9差・新潟)
  • 芝2400m:2.25.9 1着(-0.2差・東京)

得意の芝2000mでは、速い時計になると対応できていない。

逆に芝2400mは500万条件での時計にしてはそこそこのタイム。

カヴァルの距離適性が芝2400m前後にあるのではないかという仮定は、こんなところからも読み取れる。

カヴァルの重馬場適正

カヴァルの道悪競馬での実績は、稍重まで含めると;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(0-1-0-1)

重馬場での6着は中1週での競馬。

基本的に苦にしないと見ていいか。

カヴァルの鉄砲実績(休み明け)

カヴァルの10週以上(中9週)の休み明けでの成績は次の通り;

  • 10週以上(2-2-0-1)

なかなか走る。

逆に、叩き2走目が;

  • 2戦目(0-0-0-3)

休み明けの方が走るというデータ。

カヴァルの近走診断

19/5/5 1000万条件 8頭立て

東京 芝2000m 良

着順:1着(-0.2差)騎手:ルメール(57キロ)

8頭立てのレースを後方から。

道中超スローのペースながら、終いの脚32.7秒で差し切った。

ドスローで脚が溜まれば、切れる脚は持っている。

19/7/13 マレーシアカップ(3勝クラス)10頭立て

中京 芝2000m 稍重

着順:1着(クビ差)騎手:福永祐一(57キロ)

稍重ながらかなり緩いペースを、中団の後ろから差し切った。

ペースや馬場的には前残りの展開だが、今走も良く差し届いている。

19/9/1 新潟記念(G3)ハンデ戦 18頭立て

新潟 芝2000m 良

着順:11着(0.9差)騎手:三浦皇成(54キロ)

5枠10番で後方からの競馬。

直線で少し前が狭くなる不利はあったが、それでも54キロのハンデがありながら、着順、上り時計(34.2秒)ともに物足りない内容。

序盤のペースがそこそこ流れていただけに、今までスローでしか良績のない同馬にとってはペースに戸惑った面があったのかも。

19/12/7 中日新聞杯(G3)ハンデ戦 16頭立て

中京 芝2000m 良

着順:12着(0.7差)騎手:丸山元気(54キロ)

後方から追い上げるも見せ場なし。

ペースはスローだが、これでもダメなら、オープンクラスでは少し時間がかかりそう。