2020年1月5日【京都金杯】終了時点までのデータをもとに、ブレステイキングの好走パターンを分析。

ブレステイキングの距離適性

ブレステイキングはこれまでに、芝1800m~芝2200mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(1-0-0-2)
  • 芝2000m(3-1-3-0)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

2000m前後のこれらの距離が守備範囲と思われるが、ベストは芝2000mだろう。

1800mは新馬戦で負けているものの、未勝利戦では勝利。3勝クラスの「TVh賞」でもトップハンデを背負ってクビ-ハナ-ハナ差の4着に粘っている。

2200mは「セントライト記念(G2)」での0.4差の4着で、大きく負けているわけではない。

1800m、2200mは守備範囲。

ブレステイキングの脚質

基本的には前目の位置に取り付いてしぶとい競馬を見せる「先行策」。

長く良い脚を持続できるスピード持続型。

一方で後ろからでもキレのある末脚を繰り出せる瞬発力も併せ持つ(プリンシパルS)。

ブレステイキングのコース適正

ブレステイキングの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 東京(2-1-2-1)
  • 中山(2-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-1-0)

今のところコースによる得手不得手は確認できない。

ブレステイキングの持ち時計(ベストタイム)

  • 芝1800m:1.46.4 4着(クビ・ハナ・ハナ差・札幌)
  • 芝2000m:1.58.2 2着(アタマ差・東京)
  • 芝2200m:2.12.5 4着(0.4差・中山)

いずれも突出した時計は持っていないが、芝2200m以外、勝ててはいないが着差は0.0差。

キャリアがまだ浅いだけに、まだまだ上積みはあるだろう。

ブレステイキングの鉄砲実績(休み明け)

ブレステイキングの10週以上(中9週)の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-2-2)

微妙なデータ。

馬体重の増減+10キロで臨んだレースは;

  • セントライト記念 4着(0.4差)
  • アメジストS 3着(0.3差)

馬体重の大幅な増減がなかったレースは;

  • プリンシパルS 2着(アタマ差)
  • TVh杯 4着(クビ・ハナ・ハナ差)
  • チャレンジかック 3着(0.1差)

際どい競馬を見せている。

休み明けの馬体重には要注意といったところか。

ブレステイキングの近走診断

19/2/17 アメジストS(3勝クラス)ハンデ戦

東京 芝2000m 良

着順:3着(0.3差)騎手:M・デムーロ(56キロ)

休み明け+10キロで参戦。

道中は3~4番手を追走するが、直線では伸びそうで伸びずに最後は外からロシュフォールの強襲に遭い3着。

+10キロが響いたか?

19/7/27 TVh杯(3勝クラス)ハンデ戦

札幌 芝1800m 良

着順:4着(クビ・ハナ・ハナ差)騎手:ルメール(57キロ)

約5ヵ月の休み明け。

斤量はトップハンデの57キロ。

道中は先団の2~3番手を追走。

直線は内をついてジワジワ伸びてくるが抜けきることはできず。

1着馬が52キロ、2着馬が55キロ、3着馬は54キロ。

休み明けのトップハンデにしては良く走った方だろう。

19/9/14 レインボーS(3勝クラス)

中山 芝2000m 良

着順:1着(クビ差)騎手:ルメール(57キロ)

道中は比較的流れた展開を、先頭から少し離れた3~4番手を追走。

3~4コーナーでスパートを開始して先頭を捉えにかかる。

直線では逃げるタガノアスワドをジワジワ追い詰め坂の上で捉えると、そのまま押し切って後続をねじ伏せた。

今回のような、自ら早めに動いて後続をねじ伏せる競馬が、この馬には一番合っているような感じ。

仕掛けが遅れると、どうしても切れ味で優る追い込み勢の決め手に屈してしまう。

19/11/30 チャレンジカップ(G3)

阪神 芝2000m 良

着順:3着(0.1差)騎手:ムーア(56キロ)

1枠1番に入ったが、いつものような先手が取れず中団からの競馬。

決していつもよりテンが速かったわけではないので、これは休み明け、昇級初戦の影響があったかも。

展開も緩かっただけに、いつものように先手が取れていれば・・・という内容の競馬。

でもまだこれが昇級初戦。

ひと叩きした上積みは大きいだろう。

20/1/5 京都金杯(G3・ハンデ)

京都 芝1600m(外)良 18頭

着順:5着(1.34.8・0.8差)

騎手:藤岡祐介(56キロ)

初の1600m、外枠14番ゲートと言うこともあって、いつものように先手が取れず後方からになってしまった。

直線はしっかり伸びては来ているが、この位置取りからは5着が精一杯。

ブレステイキングの次走

次走は東京芝1800mで行われる「メイステークス(オープン・ハンデ)」。

前走は参考外にできるレース。

今回は得意コースに距離も守備範囲。

鞍上も心強く勝ち負けは必至。