2020年3月15日【金鯱賞】終了時点までのデータをもとに、ロードマイウェイの好走パターンを分析。

ロードマイウェイの距離適性

ロードマイウェイはこれまでに芝1400m~芝2000mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(2-0-0-0)
  • 芝1800m(3-1-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-2)

現状では1600m~2000mでは何ら問題はない。

ロードマイウェイの脚質

前につけてしぶとい競馬をする一方、脚を溜めても鋭い末脚を繰り出す自在型。

ロードマイウェイのコース適正

ロードマイウェイの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(2-0-0-0)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-1-0-1)
  • 阪神(2-0-0-1)

コースに関しては、今のところは特に得手不得手は感じない。

ロードマイウェイの持ち時計(ベストタイム)

ロードマイウェイの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.23.4 4着(0.5差・新潟)
  • 芝1600m:1.32.7 1着(アタマ差・阪神)
  • 芝1800m:1.45.9 1着(-0.2差・東京)
  • 芝2000m:1.59.1 1着(アタマ差・阪神)

まだキャリアが浅いので、突出した時計はないが、OP昇格後は芝1600mの時計を一気に1秒近くも縮めてきた。

これからまだまだ上積みはあるだろう。

ロードマイウェイの重馬場適正

ロードマイウェイの道悪競馬は、稍重馬場も合わせればこれまでに2鞍。

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(1-0-0-0)

ロードマイウェイの父は不良馬場の「安田記念」を制したジャスタウェイ。

血統的にも道悪をこなして不思議はない。

ロードマイウェイの鉄砲実績(休み明け)

ロードマイウェイの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

まだキャリアが浅いのでなんとも言えないが、休み明けは苦にしない感じ。

ロードマイウェイの近走診断

19/6/22 八ケ岳特別(2勝クラス)

東京 芝1800m 重

着順:1着(0.6差)騎手:ルメール(54キロ)

3枠3番から単騎の逃げ。

直線に入っても脚色鈍らず、残り300mからはさらに後続を引き離して圧勝のゴール。

1勝クラスに続いて2連勝。道悪でも強いところを見せた。

19/8/31 長岡S(3勝クラス)

新潟 芝1600m(外)良

着順:1着(0.2差)騎手:吉田隼人(54キロ)

7枠9番から好位の2~3番手。

直線では残り300mから抜け出して快勝。

昇級戦を距離短縮であっさり勝ち切ってオープン昇格。

1、2、3勝クラスを3連勝。

19/9/29 ポートアイランドS(L)

阪神 芝1600m 良

着順:1着(アタマ差)騎手:吉田隼人(54キロ)

1枠1番から、競り合う2頭を2~3馬身後ろの3番手で追走。

直線では残り200mで先頭に立ち、追いすがるサトノアーサーを頭差凌いでゴール。

1600mの持ち時計を前走から一気に0.9秒短縮。

前目につけて崩れない、王道の競馬で4連勝。

19/11/30 チャレンジカップ(G3)

阪神 芝2000m(内)良 12頭

着順:1着(1.59.1・アタマ差)

騎手:ルメール(54キロ)

スタートはフワッと出てダッシュがつかない。

無理せずに控えて後方から。

ペースは前半1000mが61.2秒のゆったりとしたペース。

ロードマイウェイは3角を過ぎて徐々に進出を開始。

4角は大外を回して直線へ。

直線では馬群の外目をグングンと加速して追い上げて行き、ゴール前計ったようにアタマ差先着。

自身の上りは33.8秒。

レースのレベル的にはさほどでもないが、後ろからの競馬でもしっかり結果を出して5連勝。

距離延長も問題にしなかった。

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良 12頭

着順:10着(2.02.8・1.2差)

騎手:川田将雅(56キロ)

スタート出遅れた上に、前をカットされて後方からの競馬になる。

道中のペースは13秒台のラップが2回刻まれるほどの超スロー。

前も止まらず、後ろからではレースに参加できなかった感じ。

大きく出遅れての大敗は過去「若駒S」でもあった。

敗けすぎではあるが、度外視しても良いとは思う。

ロードマイウェイの次走

次走は阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「大阪杯(G1)」。

実力馬が揃って相手関係はかなり強くなるが、1勝クラスからG3までの5連勝というのも力があってこそなので、そうそう出来るものではない。

前走の大敗で人気を落とすなら、少しは妙味があるかも。