2021年1月5日【京都金杯】終了時点までのデータをもとに、ロードマイウェイの好走パターンを分析。

ロードマイウェイの距離適性

ロードマイウェイはこれまでに芝1400m~芝2000mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(2-1-0-2)
  • 芝1800m(3-1-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-3)

2019年の「チャレンジC]での勝ちはあるものの、2000mは微妙に長い感じ。

ベストは1600mで、1800mまでがギリギリと言う線。

ロードマイウェイの脚質

前につけてしぶとい競馬をする一方、脚を溜めても鋭い末脚を繰り出す自在型。

ロードマイウェイのコース適正

ロードマイウェイの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(2-1-0-0)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(1-1-0-1)
  • 阪神(2-0-0-2)

ロードマイウェイの持ち時計(ベストタイム)

ロードマイウェイの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.23.4 4着(0.5差・新潟)
  • 芝1600m:1.32.7 1着(アタマ差・阪神)
  • 芝1800m:1.45.9 1着(-0.2差・東京)
  • 芝2000m:1.59.1 1着(アタマ差・阪神)

突出した時計はないが、OP昇格後は芝1600mの時計を一気に1秒近くも縮めてきた。

この先まだ上積みはありそうだが・・・。

ロードマイウェイの重馬場適正

ロードマイウェイの道悪競馬は、稍重馬場も合わせればこれまでに2鞍。

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(1-0-0-0)

ロードマイウェイの父は不良馬場の「安田記念」を制したジャスタウェイ。

血統的にも道悪をこなして不思議はない。


ロードマイウェイの鉄砲実績(休み明け)

ロードマイウェイの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-1-0-1)
  • 3戦目(2-0-0-1)

どちらかと言えば叩き良化型か。

ロードマイウェイの枠順適正

ロードマイウェイの枠番別着度数は;

  • 1~4番(4-0-0-4)
  • 5~9番(2-1-0-0)
  • 10~14番(0-1-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-2)

データ的には外枠不利。

ロードマイウェイの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(0-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(3-1-0-2)

ロードマイウェイの斤量別着度数

  • 54キロ(5-0-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-2)
  • 56キロ(0-1-0-2)
  • 57キロ(0-1-0-2)
  • 59キロ(0-0-0-1)

ロードマイウェイの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~474キロ

ロードマイウェイの血統背景

父は2013年の「天皇賞(秋)」、2014年の「安田記念」他、G1を3勝しているジャスタウェイ

母の父はジャングルポケット(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

ロードマイウェイの近走

19/6/22 八ケ岳特別(2勝クラス)

東京 芝1800m 重

着順:1着(0.6差)騎手:ルメール(54キロ)

3枠3番から単騎の逃げ。

直線に入っても脚色鈍らず、残り300mからはさらに後続を引き離して圧勝のゴール。

1勝クラスに続いて2連勝。道悪でも強いところを見せた。

19/8/31 長岡S(3勝クラス)

新潟 芝1600m(外)良

着順:1着(0.2差)騎手:吉田隼人(54キロ)

7枠9番から好位の2~3番手。

直線では残り300mから抜け出して快勝。

昇級戦を距離短縮であっさり勝ち切ってオープン昇格。

1、2、3勝クラスを3連勝。

19/9/29 ポートアイランドS(L)

阪神 芝1600m 良

着順:1着(アタマ差)騎手:吉田隼人(54キロ)

1枠1番から、競り合う2頭を2~3馬身後ろの3番手で追走。

直線では残り200mで先頭に立ち、追いすがるサトノアーサーを頭差凌いでゴール。

1600mの持ち時計を前走から一気に0.9秒短縮。

前目につけて崩れない、王道の競馬で4連勝。

19/11/30 チャレンジカップ(G3)

阪神 芝2000m(内)良 12頭

着順:1着(1.59.1・アタマ差)

騎手:ルメール(54キロ)

スタートはフワッと出てダッシュがつかない。

無理せずに控えて後方から。

ペースは前半1000mが61.2秒のゆったりとしたペース。

ロードマイウェイは3角を過ぎて徐々に進出を開始。

4角は大外を回して直線へ。

直線では馬群の外目をグングンと加速して追い上げて行き、ゴール前計ったようにアタマ差先着。

自身の上りは33.8秒。

レースのレベル的にはさほどでもないが、後ろからの競馬でもしっかり結果を出して5連勝。

距離延長も問題にしなかった。

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良 12頭

着順:10着(2.02.8・1.2差)

騎手:川田将雅(56キロ)

スタート出遅れた上に、前をカットされて後方からの競馬になる。

道中のペースは13秒台のラップが2回刻まれるほどの超スロー。

前も止まらず、後ろからではレースに参加できなかった感じ。

大きく出遅れての大敗は過去「若駒S」でもあった。

敗けすぎではあるが、度外視しても良いとは思う。

2020年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

20/4/5 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m 良

着順:12着(2.00.3・1.9差)

騎手:武豊(57キロ)

スタートでかなり躓いてバランスを崩している。

それもあってか道中は最後方あたり。

3~4角で外を回して上がって行って、4角は大外の8番手から直線。

しかし直線では脚を出すどころか完全に失速。

最後は5馬身つけられての殿負け。

チグハグな競馬ではあったが、あまりにも無様な負け方。

5連勝していたころの見るかげもない。

前走あたりから、なにかおかしい。

2020年 大阪杯(G1)のラップ分析&回顧

20/10/4 ポートアイランドS(L)

中京 芝1600m 良

着順:8着(1.33.7・0.7差)

騎手:和田竜二(59キロ)

大外16馬から、スタートはしっかりと出て、道中は中団の後ろあたり。

4角は11番手で直線に向き、直線は馬場の外目から追い上げてくるが、59キロを背負っていては、末脚もさすがに伸びて来ない。

しかし、ゴール前は大きく離されることもなく、なんとか集団に食らいついてはいた。

復調していると見てもいいかも。

20/11/28 キャピタルS(L)

東京 芝1600m 良

着順:2着(1.33.0・0.2差)

騎手:三浦皇成(57キロ)

道中は後方12番手。

4角も13番手で、残り200mでもまだ後方。

しかし坂を上り切ったあたりからエンジン全開。

馬群の外目をもの凄い脚で追い込んだ。

締まった流れで、上りがかかったのも良かった。

状態は良いころに戻りつつある。

20/1/5 京都金杯(G3・ハンデ)

中京 芝1600m 良

着順:16着(1.34.4・1.3差)

騎手:松若風馬(57キロ)

スタートして後方13番手にポジションを取るが、向正面でスマートオーディンに寄られて順位を最後方まで下げる。

4角も最後方で直線に向き、直線は馬場の外目から追い上げにかかるが、大した脚も出せず殿負け。

スローの上り勝負だったので、後ろからではいずれにしてもノーチャンスだが、不利があったにせよ、それにしても負け方が不甲斐ない。

2021年 京都金杯(G3)のラップ分析&回顧

ロードマイウェイの次走

次走は2月7日(日)、東京競馬場 芝1600mで行われる「東京新聞杯(G3)」。

得意の東京コース(2-1-0-0)だが、近況を見る限り、積極的には狙えない。

 

その他、東京新聞杯(G3)の出走馬を分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)