2021年11月7日【京都大賞典】終了時点までのデータをもとに、ロードマイウェイの好走パターンを分析。

ロードマイウェイの距離適性

ロードマイウェイはこれまでに芝1400m~芝2500mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(2-1-0-3)
  • 芝1800m(3-1-0-4)
  • 芝2000m(1-0-0-4)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

2019年の「チャレンジC」での勝ちはあるものの、2000mは微妙に長い感じ。

ベストは1600mで、1800mまでがギリギリと言う線。

ロードマイウェイの脚質

前につけてしぶとい競馬、好位からの鋭い末脚を繰り出す競馬で1勝クラスから5連勝を飾ったが、5連勝した「チャレンジカップ(G3)」を境に、急にズブくなり、ポジションが取れなくなった。

それに伴い勝ち鞍からも見放されて、近走ではOP特別で掲示板に入るのがやっとと言う状態。

快進撃は3歳の11月までということで、これは早熟という見立てで良いのかも。

ロードマイウェイのコース適正

ロードマイウェイの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-3)
  • 東京(2-1-0-3)
  • 中京(0-0-0-3)
  • 京都(1-1-0-1)
  • 阪神(2-0-0-4)

ロードマイウェイの持ち時計(ベストタイム)

ロードマイウェイの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.23.4 4着(0.5差・新潟)
  • 芝1600m:1.32.7 1着(アタマ差・阪神)
  • 芝1800m:1.45.9 1着(-0.2差・東京)
  • 芝2000m:1.59.1 1着(アタマ差・阪神)
  • 芝2400m:2.24.8 5着(0.3差・阪神)
  • 芝2500m:2.33.7 13着(1.3差・東京)

2400m、2500m以外はすべて3歳までに計時した時計。

古馬になってこれを上回る時計は出せていない。


ロードマイウェイの重馬場適正

ロードマイウェイの道悪競馬は、稍重馬場も合わせればこれまでに2鞍。

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

ロードマイウェイの父は不良馬場の「安田記念」を制したジャスタウェイ。

血統的にも道悪をこなして不思議はない。

ロードマイウェイの鉄砲実績(休み明け)

ロードマイウェイの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-1-0-2)
  • 3戦目(2-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-3)

どちらかと言えば叩き良化型。

ロードマイウェイの枠順適正

ロードマイウェイの枠番別着度数は;

  • 1~4番(4-0-0-6)
  • 5~9番(2-1-0-2)
  • 10~14番(0-1-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-3)

データ的には外枠不利。

ロードマイウェイの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-4)
  • 3~5月(春):(0-1-0-5)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(3-1-0-4)

ロードマイウェイの斤量別着度数

  • 54キロ(5-0-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-2)
  • 56キロ(0-1-0-4)
  • 57キロ(0-1-0-6)
  • 59キロ(0-0-0-2)

「早熟」という見立て以外に、「斤量負けする馬」という見立ても出来るかもしれない。

ロードマイウェイの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~474キロ

ロードマイウェイの血統背景

父は2013年の「天皇賞(秋)」、2014年の「安田記念」他、G1を3勝しているジャスタウェイ

母の父はジャングルポケット(ナスルーラ系グレイソヴリン/日本ダービー、ジャパンカップ、春天2着)。

次走、ジャパンカップ(G1)に向けて

次走は11月28日(日)、東京競馬場 芝2400m で行われる「ジャパンカップ(G1)」。

ここは厳しい。

 

⇒その他、2021・ジャパンカップ(G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)