2020年5月10日【新潟大賞典】終了時点までのデータをもとに、ブラックスピネルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ブラックスピネルの距離適性

ブラックスピネルはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-0-7)
  • 芝1800m(2-1-0-5)
  • 芝2000m(2-1-1-7)
  • 芝2200m(0-1-0-1)

芝1600m(1-1-0-7)

2017年の「京都金杯(G)」2着、「東京新聞杯(G3)」1着の実績はあるが、それ以降は良績もなく、最近は陣営もこの距離はあまり使わなくなっている。

古馬になって1600mのペースが忙しくなってきたことが原因ではないか。

芝1800m(2-1-0-5)

良績はすべて2~3歳でのもの。

古馬になってからは、惜しいレースはあるものの結果は出ていない。

芝2000m(2-1-1-7)

2019年「鳴尾記念(G3)」の2着、「白富士S(L)」の1着など。

芝2200m(0-1-0-1)

3歳時に2鞍のレースで使われただけ。

「京都新聞杯(G2)」で手綱を取ったルメール騎手からは少し長いというコメントも出ている。

ブラックスピネルの適距離

芝1800m、芝2000mが現段階ではベストの距離だろう。

ブラックスピネルの脚質

基本的には「逃げ」「先行」がベスト。

3~4歳時には鋭い末脚で「差す」競馬も見せてはいたが、5歳以降になると、そんな競馬は影をひそめる。

昨今では、好走するレースのほとんどは「逃げ」。

適正条件(後述)さえ嵌れば、しぶとく逃げて粘り込む。

ブラックスピネルのコース適正

ブラックスピネルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-2)
  • 新潟(0-0-0-3)
  • 東京(2-0-0-5)
  • 中山(0-0-0-3)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(2-1-1-2)
  • 阪神(0-3-0-4)
  • 小倉(0-0-0-1)

ローカル開催では、見事なほどに結果が出せていない(中京の勝ちは新馬戦)。

すなわち、小回りは良くない。

手綱を取ったジョッキーからも「小回り向きではない」というコメントがでるほど。

ブラックスピネルの持ち時計(ベストタイム)

ブラックスピネルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.4 4着(0.2差・京都)
  • 芝1800m:1.46.6 5着(1.0差・阪神)
  • 芝2000m:1.57.9 4着(0.4差・新潟)
  • 芝2200m:2.13.0 4着(0.4差・京都)

いずれも突出した時計ではない、にも関わらず着順もイマイチ。

ブラックスピネルの高速馬場、高速決着での競馬にはあまり期待しない方がいい。

ブラックスピネルの重馬場適正

ブラックスピネルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(0-0-0-1)

微妙な数字だが、重馬場で手綱を取ったジョッキーからは、馬場を気にしている様子はなかったということなので、道悪競馬でも、「走るときは走る」というスタンス。

ブラックスピネルの枠順適正

ブラックスピネルがこれまでに、2桁の馬番を引いたときの着度数は次の通り;

  • 馬番10~(0-0-0-11)

中には惜しい競馬もあるので、絶対にダメだと言うことではないが、前目のポジションで持ち味を発揮すブラックスピネルにとっては、外枠というのはやはりマイナス材料であることは間違いない。

ブラックスピネルの鉄砲実績(休み明け)

ブラックスピネルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-9)

これも極端なデータになっているが、もちろん中には惜しい競馬もある。

他の適正条件と見比べた上で取捨選択してもいいだろう。

ブラックスピネルの近走診断

19/6/1 鳴尾記念(G3)

阪神 芝2000m 良

着順:2着(0.2差)騎手:三浦皇成(56キロ)

8枠9番から逃げて2着。

大外枠だったが9頭立てということで、それほど不利にはならなかった様子。

競りかける馬もなく、気分よくマイペースで逃げることができたのがよかったのだろう。

ゴール前もよく踏ん張った。

自分の形になればまだまだ強い。

19/7/7 七夕賞(G3)ハンデ戦

福島 芝2000m 稍重

着順:14着(2.4差)騎手:石橋脩(57キロ)

7枠14番で5番手につけるのが精一杯。

直線残り200mで一杯。

ペースも速かった上、小回り、外枠と適正外の要素が多かったレース。

大負けも、さほどダメージはないだろう。

19/9/1 新潟記念(G3)ハンデ戦

新潟 芝2000m 良

着順:4着(0.4差)騎手:松若風馬(57キロ)

7枠15番から果敢に逃げた。

直線も残り200mまで先頭でねばり、そのあとも大崩れせず、3着のカデナとは0.1差の4着。

内枠なら3着はあったかも、という強い競馬。

調子は良いようだ。

19/11/30 チャレンジカップ(G3)

阪神 芝2000m 良

着順:6着(0.3差)騎手:スミヨン(56キロ)

5枠5番にも関わらず逃げることができなかった。

休み明けが響いたか?

久々にブリンカーを外してきたという変化も影響しているのかもしれない。

いずれにしても3~4番手からでは競馬にならない。

20/1/5 中山金杯(G3)

中山 芝2000m 良 17頭

着順:16着(2.00.9・1.4差)

騎手:津村明秀(57キロ)

1枠2番から迷いなくハナへ。

ペースは速くもなく遅くもなく。

4角も先頭で直線に向くが、坂下ではもう余力がなかった様子。

中山は元来あまり得意ではない。

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:8着(1.59.7・1.1差)

騎手:丸田恭介(57キロ)

大外16番から。

スタートは抜群だが、大外と言うこともあってハナは奪えず。

道中は2~3番手追走も、直線では粘り込めずに8着。

去勢手術、休み明けで14キロ減。

枠順も大外と条件が悪すぎた。

ブラックスピネルの次走

次走は阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「鳴尾記念(G3)」。

昨年2着したレース。

去勢手術明けからの叩き2走目。

内枠を引いてすんなりハナなら面白い。