2020年9月27日【神戸新聞杯】終了時点までのデータをもとに、コントレイルの好走パターンを分析。

コントレイルの距離適性

コントレイルはこれまでに、芝1800~2400mの距離のレースに使われてきた。

  • 芝1800m(2-0-0-0)
  • 芝2000m(2-0-0-0)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(1-0-0-0)

6勝とも完勝で危なげなし。

だが逆に、どのあたりがベストなのかが分からない。

2000m近辺? 2400m近辺?

コントレイルの脚質

コントレイルの好走したレースでの脚質は主に、前目の位置取りからの差し切り勝ち。

俗に言う、好位抜け出しの王道パターン。

上り時計はほぼメンバー最速で快勝する。

桁外れの瞬発力を持ち合わせている馬。

ペースもスローのヨーイドン的な瞬発力勝負ではなく、そこそこ流れた展開でも鋭い脚を繰り出すあたり、スピード持続力にも優れた面を併せ持つ。

コントレイルのコース適正

コントレイルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(2-0-0-0)
  • 中山(2-0-0-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 阪神(1-0-0-0)

外回り、内回り、右回り、左回り、直線急坂、問題なし。

コントレイルの持ち時計(ベストタイム)

コントレイルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.44.5 1着(-0.8差・東京)
  • 芝2000m:2.00.7 1着(-0.1差・中山)
  • 芝2200m:2.12.5 1着(2.12.5・中京)
  • 芝2400m:2.24.1 1着(-0.5差・東京)

1800mは「東スポ杯2歳S(G1)」での時計でレコード結着。

速い時計の結着にも何ら不安要素はない。

コントレイル重馬場適正

コントレイルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重の「皐月賞」は勝っているが、本格的な道悪はまだ未経験。

つけ入る隙があるとするならここぐらいか。

コントレイルの鉄砲実績(休み明け)

コントレイルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-0)

問題ない。

コントレイルの枠順適正

コントレイルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-0)
  • 5~9番(3-0-0-0)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(未)

外枠からのレースはまだ経験がない。

コントレイルの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(2-0-0-0)
  • 56キロ(1-0-0-0)
  • 57キロ(2-0-0-0)

コントレイルの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はアンブライドルズソング(ミスプロ系ファピアノ)。

アンブライドルズソングは米国で走り、「フロリダダービー」などダートG1を2勝。主戦場はダートの中距離。

母の父としては「ジャパンカップ」「大阪杯」を制したスワーヴリチャード(父はハーツクライ)など多数。

コントレイルのここまでの走り

19/9/15 2歳新馬

阪神 芝1800m 良

着順:1着(-0.4差)騎手:福永祐一(54キロ)

スタート良く2~番手で競馬を進め、終いは33.5秒の脚で2着馬に2馬身半をつけて快勝。

19/11/16 東スポ杯2歳S(G3)

東京 芝1800m 良

着順:1着(-0.8差)騎手:ムーア(55キロ)

6枠6番から道中は5番手。

直線に入ると残り400mあたりから先頭。

あとは他馬をぶっちぎって上りは33.1秒。

走破時計は1.44.5で2歳レコード。

20/12/28 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良 13頭

着順:1着(2.01.4・-0.2差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は先頭から少し離れた4番手、中団の前あたりにポジションを取る。

残り600mを切って、先頭との差を詰めて行って、4角2番手で直線。

残り200mで先頭に立つと、そのまま抜け出して余裕のゴール。

ここでも完勝で3戦3勝。

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:1着(2.00.7・-0.1差)

騎手:福永祐一(57キロ)

スタートは五分も、控えるかたちで中団の後ろ、内を追走。

3~4角では外に出して進出開始、4角では7番手に順位を上げて大外を回って直線へ。

直線も馬場の外目から追い上げ開始。

坂下で先行していたサリオスに並びかけると、そこから激しい追い比べ。

結果はゴール前、半馬身抜け出たコントレイルに軍配が上がった。

テンは控えたのではなく、最内1番ゲートからのスタートで、内の悪い馬場で馬が進んで行かなかったとのこと。

大味な勝ち方となったが、まずは1冠。

2020年 皐月賞のラップ分析&回顧

20/5/31 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:1着(2.24.1・-0.5差)

騎手:福永祐一(57キロ)

道中は好位の3~4番手。

ペースも緩く、この馬の独壇場。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

もう少し、この馬を焦らせるような展開を期待したが、まあ、仕方ない。

20/9/27 神戸新聞杯(G2)

中京 芝2200m 良

着順:1着(2.12.5・-0.3差)

騎手:福永祐一(56キロ)

パンサラッサが引っ張って、そこそこペースは流れた。

コントレイルは中団前のインコース、先頭とは5馬身くらい。

4角は6番手で直線に向くと、残り200mで楽な手応えで先頭に立つと、そのまま持ったままでゴール板を駆け抜けた。

何か、ウォーミングアップで1周回ってきただけ、みたいな走り方。

次元が違う。

2020年 神戸新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

コントレイルの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

無敗の三冠がかかったレース。

かなりの確率で勝利するとは思うが、競馬に絶対はない。